毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。


Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
その『肩こり』ちょっと待った!!


《肩こり》

   理由はたくさんありますが、解消のためのアドバイス。

 ☆  肩こりだとたたく、もむなど人にしてもらいますが、チョッと待ってください。
   たたいたり、もむと一時的には良くなった感じはしますが、場合によると30分
   〜1時間後や翌日更に悪化したり、痛くなっていませんか?

    強くたたく、もむは禁です。

    優しく、なでたり、さするだけで楽になります。
    

    強くたたくと体が防御のため、筋肉が硬くなったり、力が入り、衝撃が大きく、
   打撲傷と同じになるのです。

    こっているときは、肩だけではなく、目、首、うで、背中、肩すべてが関係しています。
   部位で言いますと「コメカミ」や「首」(特に肩と頭の上下付け根付近)、「腕」
   (肩に近い所を重点的に)、「肩甲骨」(絶対もんだり、たたいたりしない様に)
   などが微妙に絡んでいます。

     ↑こんな場合・・・

    ぬるめの湯につかるか、シャワーなどで少し長めにあて、暖めて、筋肉を
   ほぐしてから(10〜20分くらいが理想)。湯につかっている時も、ゆっくり
   肩や腕、首を動かし、目の付近を優しくマッサージする。

     ↓その後・・・

    優しくなでたり、さすったり、動かしたりのマッサージを受けた方が短時間で回復、  
   筋肉痛は、冷やした方が良いですが、炎症が抑えられたら暖めるのが基本です。


もっと知りたい方はこちら










トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.