毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
野球でストライクはOKだが…。
環境問題の陰に"バード・ストライク"



 「風力発電所」…それは、環境に非常に優しいエネルギー源として、最近、
急増している。しかし、それと同時に"バード・ストライク"も増えている…。


【"バード・ストライク"とは?】

 "バード・ストライク"とは・・・
───────────────────────────────────
 鳥が、構造物に衝突する事故のこと。一番ポピュラーなのが、航空機と鳥が
 衝突する事例。その他に、前記の風力発電所、鉄道、自動車、送電線、送電
 鉄塔、ビル、灯台などにおいても、起きている。
───────────────────────────────────

 ついこの前も、千歳空港にて、北海道国際航空(エァ・ドゥ)の欠航原因とな
ったのが、この"バード・ストライク"であった。

 今年の4月13日には、北海道の留萌管内苫前町にある風力発電所「苫前グ
リーンヒルウィンドパーク」内で、風車への衝突死"バード・ストライク"と見
られる『オジロワシ』が見つかった。

 『オジロワシ』の事故死は、過去2年間で、国内5例目。


 ▽『オジロワシ』
  http://www.gt-works.com/yachoo/zukan/tori/taka/ojirowasi.htm


 この風力発電所は、町とユーラスエナジージャパン社(東京)がそれぞれ運営
している。実は、ここでは、2004年にも『オジロワシ』の死骸2羽が確認
されている。

 環境省の診断では「風車の羽にぶつかった内臓破裂による失血死」としたが、
同社では「専門家に調査を依頼したが、原因は特定出来ていない」と言う。

 北海道では、苫前のこの施設以外で、石狩市と根室市にある風力発電所でも、
『オジロワシ』各1羽の死骸が、発見されている。

 "バード・ストライク"の原因には次のようなものがある。
───────────────────────────────────
 1.霧や吹雪などによる"視界不良"

 2.風車が起こす"乱気流"

 3."エサ"に気を取られた
───────────────────────────────────
 *この他に、北海道特有の原因として、サハリンからの渡り鳥の中継地とな
  っている上、風力発電所も多く、長旅で疲れ、風車を避けきれなかった、
  とも考えられる。
───────────────────────────────────

 事業者側も、決して、手をこまねいて傍観しているわけではない。

 「羽を塗装する」などして、何とか、鳥に認知してもらおうとしている。

 上記、ユーラス社においても・・・

 今年3〜5月、稚内市宗谷岬にある風力発電所で、一部を「夜間照明」にす
るという実験を行った。しかし、逆に、「鳥が光に集まる可能性」もあり、現
在も、実験を継続して、効果を測っている。

 北海道内には、3月末現在で・・・
───────────────────────────────────
 風力用の風力発電所 263基(小規模施設を除く)
───────────────────────────────────
 *5年前は、99基だったので、約2.6倍も増えている。
───────────────────────────────────

 ただ、設置などの制限は・・・

 国立公園などに定められているだけ。鳥も含めた周辺の環境評価を行うかど
うかは、風力発電などを行う「事業者」の判断次第とされている。

 環境省も昨年12月に策定した「オオワシとオジロワシの保護増殖事業計画」
の中で、風車など工作物への衝突防止策を盛り込んだ程度、専門分科会も出来
たばかりと、完全に、後手に回っている。

 分科会の委員であり、このメルマガの読者でもある
 猛禽類医学研究所(釧路市)の齋藤慶輔獣医師は、次のように強く主張。
───────────────────────────────────
 "バード・ストライク"の根絶はあり得ず、野鳥の生活圏に立つ風車は、運転
 を止めるなど、ルールを作って、緩和させるしかない。環境省も率先して、
 国内法に、基準を明記すべき時期に来ている。
───────────────────────────────────

 風車の危険性は、次の数字にも表れている。
───────────────────────────────────
 1000キロワット(一般的) = 羽根の中心までの高さ
                 羽根が円を描いた時の直径
                     ↓
                 ともに、約60メートル

 羽根の先端での回転速度 = 時速300キロ
───────────────────────────────────

 まさに、これでは「凶器」である。これにやられたら、ひとたまりもない。

 そして、他にも考慮すべきは・・・
 
 『オジロワシ』やその他の希少種では、この"バード・ストライク"が話題に
なっているが、その他の野鳥ではどうなのだろう?その他の種の方が、圧倒的
に、被害が多いことは、明らかだということ。

 そういう大きな視野からも・・・

 「国は、"バード・ストライク"に対する法整備を、急がなければならない」


   **でんじろうの地球版?・・・→ http://tinyurl.com/p6asc

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.