毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
男性には絶対分からない苦しみ。
「月経」は仕事の効率に影響を与える。



 男性が絶対に経験出来ないこと=「月経」。女性は「自分が女性」であるこ
とをこの「月経」によって、確認させられる。働く女性にとっての影響とは?


【"強い痛み"を半数が感じている】

 「月経」と聞くと、私が、2年くらい前まで行っていたスナックの女性を、
思い出す。決して、変な意味ではなく、彼女はいざこれが始まると、いつも、
「つらい、つらい」と、こぼしていた。

 それほど、症状が重かったようだ。特に、彼女のような水商売の女性は、ど
うしても、昼夜逆転してしまい、ホルモンの分泌バランスも悪くなってしまう。
"職業病"のようなものと言ってしまえば、簡単だが、本人は相当つらい。

 これを証明するような"データ"がある・・・

 この"データ"は、日本産婦人科学会、日本産婦人科医会、P&Gウィスパー
ハッピーサイクル研究所(生理用品対象)の共同調査によるものだ。

 2005年12月に、首都圏に在住している20〜30代の働く女性131
人を対象に、郵送による調査が行われた。

 それによると・・・

 働く女性の内、月経痛が「非常に強い」「強い」と回答したのは43%に上
り、49%が、月経前半に、『仕事の効率が低下する』と答えている。

 月経痛の「程度」と「労働」、通勤、睡眠時間などとの相関関係はなかった。

 ただ、1000人以上の大企業に勤務している女性に「月経痛が強い」とい
う割合が高いというデータが出た。

 月経痛以外の心身の不調として、「気分がマイナス志向になる」「むくみや
便秘」「肌の状態が悪くなる」という回答が、多かった。

 痛みの強い人の内・・・
───────────────────────────────────
  ●「市販薬の服用」をしている人 = 64%

  ■「月経痛を鎮痛剤などで抑えることは体に良くない」= 48%
───────────────────────────────────
   *このデータからは"痛みをじっとこらえている女性の姿"が見て取れる。
───────────────────────────────────

 けれど・・・

 自業自得の部分もある。それは、月経痛の強い人の生活習慣の部分で、「体
を冷やさない」という基本的な習慣を実践しなかった場合に、月経痛が強くな
る傾向があるとのことだった。

 私の知り合いの産婦人科医は・・・
───────────────────────────────────
 「働く女性にとって、月経は、確かに、身体や精神面で障害になっているか
  もしれない。でも、月経は避けられないことだから、そのコントロールが
  重要な課題である」

 「それから、一方で、"鎮痛剤"の使い方や知識に、誤解がある場合が多々見
  受けられる。また、日常の生活習慣に、基本的なケアが、不十分であると
  いう傾向があるので、基本的な習慣は必ず守ること」
───────────────────────────────────

 「月経の問題」というのは、とても個人的で、シークレットな部分です。
しかも、男性の上司では、判断や想像が出来ません。だから、酷い人になると、
仕事をさぼっているとか、ずる休みと決め付ける事例も、あるそうです。

 先ずは、月経が重い傾向にある人は「体を冷やさない」ことを忠実に…。


   **聞けないことがある・・・→ http://tinyurl.com/jay38

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.