毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
ぜんそくと「ダニ」や「ちり」は関係がない?
常識を覆す研究があの"豪"で



 子供のぜんそくを何とか予防しようと、せっせと掃除をし、家の「ダニ」や
「ちり」をきれいに取り除く優しいお母さん。でも、それが効果ないとしたら。


【たまたま"この研究だけ"じゃないの?】

 この研究は、ワールドカップの初戦で、日本を完膚無きまでにたたきのめし
た"豪"(オーストラリア)で行われた。

 シドニーの医療研究所や、小児病院の研究者が、600人を対象に、新生児
から、ぜんそくになりやすい5歳までの追跡調査を実施した。

 それは・・・

 「ダニやちりのない環境で生活した家庭」と「そうでない家庭」で、子供の
"ぜんそくとの関連性"を、調べた。

 その結果・・・

 ダニをきちんと除去しても「ぜんそくやアトピーの発症率は低下しなかった」

 また・・・

 ぜんそくの発症を抑制すると見られている「魚」や「マーガリン」の摂取量
を増やしても、著しい効果は、見られなかったとのことである。

 豪州では、ぜんそくの子供は、全体の15%に上り、年々増加している。つ
まり、ぜんそくの予防は、国を上げて取り組む課題になりつつある。

 私は、この「結果」を・・・

 逆説的に、こう考えて見る。それじゃ、「ダニ」や「ちり」を放置すること
が、良い作用を示すと言えますか?どう考えても、良いはずがない。部屋を、
クリーンに保つのは、効果があるないという問題の前に、基本的に当然のこと。

 この調査は、一体、どんな前向きな考えに基づいて、やられたのだろうか?
私には、単なる「揚げ足取り」にしか見えない研究である。ただ、「ダニ」や
「ちり」を除去するだけでは、ダメだということも、ある程度、証明出来た。

 豪が本気で、"ぜんそく対策"に取り組むのなら・・・

 「ダニ」や「ちり」をクリーンに保つのは、当たり前だから、これは基本条
件として、特定の"食物"あたりから、試してみる方が、予防や、その後の治療
薬の開発に、繋がる可能性は高いと思う。


 **最終的にはコレを高めることか・・・→ http://tinyurl.com/n7puw

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.