毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
以前は、時間が掛かり過ぎるとされていた
「医療訴訟」。5年続け審理最短



 「医療訴訟」の審理が短くなったのは、本当に歓迎すべき事なのだろうか?
裏を返すと、「医療訴訟」が増えたから、審理も短くせざろう得ないって事?


【それでも"努力"の跡が…】

 従来は、"時間が掛かり過ぎる"と指摘され続けた「医療関連訴訟」の審理時
間が、短くなっているらしい。昨年の平均審理期間(一審)は、約2年2ヶ月で、
統計を取り始めた1990年より、約1年3ヶ月も短縮。過去最短だった。

 「医療関連訴訟」の特徴としては・・・

 医療過誤や、医師のインフォームド・コンセント(十分な説明と同意による
納得診療)をめぐる損害賠償請求などの訴訟。

 審理に、医学的な専門知識や、経験が必要で、「争点整理に時間がかかる事」
や「中立的な鑑定人の確保の困難さ」などから、長期化が指摘されてきた。

 先記の最高裁が、統計を取り始めた1990年の平均審理期間は、約3年半
(42.5ヶ月)。この長さに懸念を示した政府の司法制度改革審議会は、2001
年6月の意見書の中で、次のような提言をしていた。
───────────────────────────────────
 1.医師ら専門委員制度の創設

 2.鑑定制度の改善

 3.法律家の専門性強化
───────────────────────────────────

 こういう背景もあり、最高裁は、今回の件を、「ノウハウの蓄積や医療専門
家の協力が功を奏している」と分析している。しかし、それでも、審理時間は、
民事訴訟全体の平均より、"約3倍長い"という事実が存在する。

 今回の集計をまとめてみると・・・
───────────────────────────────────
●昨年1年間に集結した「医療関連訴訟」の1審=1047件(前年比4%増)
───────────────────────────────────
  ・判決 392件(37%)

  ・和解 523件(50%)
───────────────────────────────────
●平均審理期間 26.8ヶ月(前年より0.5ヶ月短く、5年連続記録更新)
───────────────────────────────────
●判決で「損害賠償」などの請求が一部でも認められた 37.8%
 (しかし、民事訴訟全体の83.4%を大きく下回っている)
───────────────────────────────────
●昨年の提訴 990件(10年ぶりに前年より減った)
───────────────────────────────────
 《診療科別》

  ・内科 265件(26.8%)

  ・外科 257件(26.0%)

  ・産婦人科 118件(11.9%)
───────────────────────────────────

 「医療関連訴訟」をめぐっては、"審理迅速化"に向け、2001年4月に、
「医療集中部」が、東京、大阪両地裁に新設され、その後、千葉、名古屋、
福岡、札幌、さいたま、横浜の各地裁に、拡がっている。

 最高裁は・・・

 2001年7月に、 医師や法律家で作る「医事関係訴訟委員会」が、裁判
所の要請に応えて、"鑑定人を推薦する制度"を、創設。

 2004年4月には、医師らが訴訟の争点整理などに関与する「専門委員会
制度」も、導入した。

 確かに・・・

 「医療関連訴訟」における審理時間を短縮しようとする"努力"は認める。だ
が、私の印象では、審理時間の短縮と比例するように、病院側や医師側の逃げ
方が、巧妙に、なったような気がする。

 そして、過重労働による疲れが原因か、技術不足や勉強不足が原因かは、
定かではないが、単純な「ケアレスミス」によって、患者を重篤な症状に陥ら
せ、最悪の場合は、死亡に至らせるという事例が、増えている。

 訴える側にとっても、審理時間が短くなるのは、良いことだが、それによっ
て、肝心な「事実」が隠蔽されてしまうのでは、元も子もない。時間短縮より
も、大切なのは、「何が原因で、患者がそんな状態になってしまったか?」と
いうこと。

 だから・・・

 "時短"だけに囚われることなく、「事実の究明」に時間を割いて欲しい。

 くれぐれも、病院や医師の「逃げ徳」を、許してはならない。


   **医師のウソを見抜く・・・→ http://tinyurl.com/esde8

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.