毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
農薬とパーキンソン病の関係とは?
米ハーバード大学研究チームによる調査



 未だに、どんなメカニズムで発症するか、ハッキリしないパーキンソン病。
今回の調査が、解明の一助になるかは現時点では分からない。尚一層の研究が。


【"農薬"が影響を与える?】

 先ずは「パーキンソン病」について・・・
───────────────────────────────────
 パーキンソン病(Parkinson's Disease)
───────────────────────────────────
 1817年英・Dr.James Parkinsonが報告。

 神経伝達物質のドーパミンを作る神経細胞が変性・死滅する為に発病。間脳
 性の症候群で運動機能が衰え、手足の震えや筋肉の硬化が起き、寝たきりに
 なる患者が多い。顔に特徴的な症状が出る。

 能面様、顔面の筋肉が硬直、意識は明瞭であるのに表情が無い(仮面様顔貌
 [mask-like face])。皮膚の皮脂腺の分泌が多いため、脂ぎった光沢を帯び
 る(膏顔[salve face])などがある。

 日本での患者数は推定12万人。
───────────────────────────────────
 {原因タンパク質}   "パエル受容体(タンパク質)"の過剰な蓄積
                     ↓
                   神経細胞死
                     ↓
                 ドーパミン神経の欠落
                     ↓
                 パーキンソン病の発症
───────────────────────────────────

 この「パーキンソン病」に対して・・・

 "農薬"に、長期間、さらされる環境にいた人は、それ以外の人に比べて、
「発症率が高い」との大規模な調査結果を、米ハーバード大の研究チームが、
先頃、神経学の専門誌に、発表した。

 この研究は・・・

 米国の約14万3千人という大人数を対象に行われ、この内、長期間、低濃
度の農薬に、さらされる環境にいたと、答えた約7800人(約5.5%)を、
調べたところ、

 その他の人に比べ、「パーキンソン病」の発症率が、"70%"高かった。

 職業別に見ると・・・

 7800人のほとんどが、農業や牧畜業などに、従事していた。

 それ以外の人は、家庭のガーデニングなどで、農薬を使っていた様子。

 ただし・・・

 具体的に、どんな農薬の、どの成分が、影響を与えるかについては、
「さらなる研究」が、必要であるとの事だ。今回の7800人を、再び、詳細
について、調べることが、肝要である。それには、時間が掛かるだろう。

 少し気になるのは・・・

 プロである農業従事者以外に、「ガーデニング」などの素人が、少数だが、
交じっていたことである。ここには、プロはもちろんのことだが、素人でも、
"農薬"の扱いには、充分に、注意すべきことが、示唆されている。


    **なるべく使わない・・・→ http://tinyurl.com/s29nt

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.