毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
あと24年で、先進国の寿命は100歳に!?
俺は68かぁ〜。何とかなる


 100歳までなら、まだ、半分以上ある。それは、人類にとって、大いなる
希望と言えるのだろうか?それでも、少しでも長く生きたいと思うのが、性。


【命の"南北格差"は拡大か】

 ガン治療などの医療や老化防止研究が、現在のペースで、進み、普及すれば、
人間の平均寿命が、2030年までに、「100歳前後になる可能性が高い」
との予測を、米スタンフォード大のシュリパド・トゥルジャパーカー教授(生
物学)が、まとめた。

 ただし・・・

 恩恵は、高価な先端医療を受けられる先進国に限られ、"命の南北格差"は、
拡大する見通しである。

 同大広報部が、明らかにした教授の研究によると・・・
───────────────────────────────────
 ●世界各地の人口増加率や経済レベルのデータに、医療や老化防止の進歩と
  普及の予測を、当てはめると、

  現在80歳前後の先進国の寿命は、「10〜30年」にかけて、
  飛躍的に延び、100歳前後に達すると、推測出来るという。
───────────────────────────────────

 しかし・・・

 進歩がめざましいガン治療や老化防止研究による医療を受けられるのは、
今後も、豊かな国々の人に、限られる見通しとなっている。

 トゥルジャパーカー教授は・・・

 アフリカで、エイズ問題が、深刻化しながら、高価な治療薬は、先進国に、
偏在する現実を指摘している。

 その上で・・・
───────────────────────────────────
「こうした現状を変えなければ、貧しい国は、(貧困の)悪循環に陥る」とする。
───────────────────────────────────

 こういう現状を鑑みても、日本が世界に大きく貢献出来るのは、「医療」の
分野だと思っている。イラクに、自衛隊を出すより、大規模な「医療隊」を、
組織し、送り込む方が、ずっと役立つと、思われる。

 今、国連常任理事国に、しがみつくより、日本の「医療隊」による地道な活
動を、続けて行く方が、世界への貢献度は、ずっと高くなる。また、軍隊によ
って、統治しようとする米国とも、違う方向を、示すことが、出来る。

 引いては・・・

 上記にあるような"命の南北格差"を、減らすことが、可能なのではないだろ
うか?日本の生きる道は、決して、これからも、米国に追随することではない。

 むしろ・・・

 日本が、世界平和に貢献出来る独自の道を模索し、貫くのが肝要である。


   **秘訣なんてあるの?・・・→ http://tinyurl.com/z495b

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.