毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「心筋梗塞」を誘発する新遺伝子発見!!
生活習慣以外にも、こんな原因が


 日々、医学は進歩している。こういう発見は、我々に、希望を与えると同時
に、科学者達のたゆまぬ努力を感じさせる。我々も、毎日の健康には留意する。


【"塩基配列"が1つ違うだけ】

 "塩基配列が一つ違うだけ"で、「心筋梗塞」が、約1.5倍発症しやすくな
る遺伝子を、理化学研究所の田中敏博チームリーダーらが、発見した。

 田中さんらは・・・

 これまで、「心筋梗塞」に関連する遺伝子を2つ見つけており、今回で3つ
目である。3つ全てが、危険性を高める方である場合には、約3.5倍も、
発症しやすくなるということだ。

 同じ遺伝子でも、人によって、その塩基配列が、わずかに違う「多型」と、
呼ばれる部分がある。田中さんらは、「心筋梗塞」に、血管の炎症が関与して
いることに、注目。

 炎症に関わる「プロテアソーム」というタンパク質を作る遺伝子の「多型」
を、調べた。

 研究は、大阪大病院の協力で・・・
───────────────────────────────────
 ●「心筋梗塞」の患者約2600人と健常者約2900人を比べると、
───────────────────────────────────
  「プロテアソーム」の一部をなすタンパク質を作る「PSMA6」という
  遺伝子で、特定の塩基配列が違う人が、

  ・患者には、約12%

  ・健常者には、約9%

  *発症比率を計算すると、

   この「多型」を持つ人は、約1.5倍危険性が高いとの結果が出た。
───────────────────────────────────

 配列が違うと、「PSMA6」の作るタンパク質が増え、それが引き金にな
って、炎症を促進する物質も増加、「心筋梗塞」が、発症しやすくなると、
見られている。

 田中さんを、この発見から・・・
───────────────────────────────────
 「遺伝子診断で、"危険型"と分かれば、生活習慣を見直して、
  病気の予防に、つなげることが出来る」と、希望を持ち、話している。
───────────────────────────────────

 「心筋梗塞」というのは、生活習慣に加えて、仕事や人間関係などの「スト
レス」が、引き金になるとも、言われている。

 それでは・・・

「ストレス」が増えることによって、危険因子「PSMA6」は増えるのか?

 田中チームリーダーらには、この辺の相関関係も、調べて欲しい。


  **三大死亡原因である理由は・・・→ http://tinyurl.com/j2s3b

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.