毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
新しい命を産む分娩中なのに治療を受けられない。
"転送拒否"で死亡に至る


 産科婦人科の医師が、少ないことは、以前から指摘されていた。特に、地方
においては、深刻な問題となっている。それに加えて、「搬送の問題」が露呈。


【"妊婦を死に"至らせた背景】

 奈良県大淀町の町立大淀病院で、分娩中に、意識不明となった同県五条市の
妊婦(32)が、19病院から、次々と、受け入れを拒否されていたことが、
判明した。

 この拒否により・・・

 妊婦は、大阪府内の医療施設で、漸く、6時間後に、手術を受けたが、
約1週間後に、死亡した。

 厚労省が・・・

 来年度中の整備を求めている「総合周産期母子医療センター」は、奈良県で
は、病床数の不足から、未整備だった。今回の件で、県などの産科医療体制へ
の姿勢が、疑われる結果となった。

 県医務課などによると・・・
───────────────────────────────────
 8月7日(月)
───────────────────────────────────
 妊婦は、出産のために、大淀病院に、入院。
───────────────────────────────────  ↓
 8月8日(火) 午前0時ごろ
───────────────────────────────────
 意識不明に陥ったため、担当医が、県立医科大附属病院(橿原市)に、
 受け入れを、打診したところ、「母体治療」のベッドが満床として、
 断られた。

 医大病院から、県立奈良病院(奈良市)に、要請したが、同病院も、
 「新生児集中治療室」が、満床として、受け入れられなかった。

 医大病院は、その後も、大阪府など17病院に打診したが、応じてもらえず
───────────────────────────────────
 午前4時30分ごろ
───────────────────────────────────
 漸く、国立循環器病センター(大阪府吹田市)に、決まった。
───────────────────────────────────
 午前6時ごろ
───────────────────────────────────
 同センターに、救急車で、搬送され、同時刻に到着。
            ↓
 「脳内出血」と、診断され、緊急手術と帝王切開を受け、男児を出産。
───────────────────────────────────
 8月16日(土)
───────────────────────────────────
 妊婦は、死亡に、至ってしまう。
───────────────────────────────────
 記者会見で、遺族らは次のように、強く訴えた・・・
───────────────────────────────────
 ●今後、同じことが起きないよう"妊婦の搬送システム"を改善して欲しい。

 ●今、妊娠している方も、こういう病院の態勢だと、不安に感じると思う。
  安心して、子供を産める病院になって欲しい。

 ●病院が、一生懸命、手を尽くしてくれれば、こちらも得心したはず。
  裁判に訴えるつもりはなく、医療にとって、問題提起になれば良い。

 ●9月21日(木)に、病院側から、説明を受けた際に、提出された
  「妊婦の看護書類」を公開しながら、分娩時の様子について、
  担当医師が、次のように、記していることが、判明した。

  「意識突然消失する。"単なる失神"でしょうとのこと。様子観察する」
───────────────────────────────────

 信じられないのは・・・

 上のように記した担当医師は、事の重大さを、全く認識せずに、この後、
「仮眠」を、取りに入ったとのことだった。目の前に、苦しむ患者(妊婦)を、
放っておいて、寝られる神経が、人間として、医師として、考えられない。

 確かに、背景には・・・

 「産科婦人科の医師不足」という問題があるが、今回の搬送の件は、それら
を色濃く含みつつも、無責任な「医師の質」も、きちんと問われなければなら
ない。

 その後に、「搬送」するにしても、自分の目の前に、痛み苦しんでいる患者
がいれば、医師として、最善を尽くすのが、使命じゃないでしょうか。

 その患者を放っておいて、寝てしまう。これだけで、「医師の資格がない」
ことは、既に、明白である。これは、人間として、根源的な問題なので、教育
で治ることは、ないと思う。

 「医師免許」というものは、かなり大きな問題が起こしても、なかなか剥奪
されないようだ。だが、社会的に、大きな責任を持っているからこそ、逆に、
こういう問題よって、医師不適格が、明らかになった場合、倫理委員会により、
「医師免許剥奪」の決定を、速やかに、行って欲しい。


 **根本はココから始まっている・・・→ http://tinyurl.com/yjl4xj

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.