毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
客観的に思考すれば「間違いない」。
ただ、人は思考のみで動くのではない


 ある医者から、次のようなメールを頂きました。書いてあることは、ごもっ
ともで、ある意味、「医者の本音」。しかし、私には、割り切れないものが…。


【"妊婦転送拒否"について】

担当した産婦人科医を『医師の資格がない。』、『医師免許を剥奪せよ。』
との記事には、大いに問題があります。

32歳の妊婦が分娩中に脳内出血を起こす確率はどの程度か解りませんが、
非常に希と思います。私自身、30年以上、医者をしていますが、
聴いたことがありません。

内科医の助言に従って、頭部CT検査をするべきだったと思いますが、
子癇と診断したのはやむを得ないとも思います。

産婦人科医の臨床経験、勤務状態・状況など解らないことが多いので、
想像になりますが、彼は、翌日も朝から勤務があったし、
当直中に、別の分娩が入る可能性もありました。

言われる様に、事の重大さを認識しなかったことは確かです。

急速に意識を失った状態では、苦しむことはないと思います。
意識が無ければ苦しむことは、まず、ありません。

仮眠したことを許してもらえませんか。

脳内出血の状態・原因が解らないので、これも想像になりますが、
脳内出血を起こして、急速に意識を失っている状況から判断して、
すぐに、診断がついても、救命出来たかどうかは疑問です。

すぐに、診断が出来て、すぐに、対応可能な病院に搬送されても、
脳内出血の手術を受けるまでには、2時間はかかったと思います。
病院の場所、搬送時間、帝王切開時間などを考えて。

だから、この件で担当医師一人を主に責任追及の対象にしている
マスコミにも疑問を感じます。行政が一番問題と思います。

次に、県立医科大学附属病院が満床として受け入れを拒否したことも
問題と思います。大きな病院で一人も収容できないことはないと思います。

深夜のために、診療態勢が整ってなかったのが原因と思います。

この様な報道がなされると、この産婦人科医は病院を去る可能性が高いです。

そうすると、補充が困難なため、残った産婦人科医の過重労働が更に加速され、
残った医者も病院を去って、この地域ではお産が困難な状態に陥りかねません。


 ここで、貴方に、お尋ねします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆貴方は、"妊婦転送拒否"に対する
        「この医者のメール」をどう思いましたか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆分かる(よく、だいたい含めて)
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0017510A18e7a

◆分からない(全然、あまり含めて)
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0017510A24746

◆分かるが、同意したくない。
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0017510A33c88

◆分からないが、同意はする。
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0017510A482cc

◆興味がない
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0017510A55365

○結果を見る
http://clickenquete.com/a/r.php?Q0017510Ce571
○コメントボード
┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0017510P00Cb98b

締切:2006年10月28日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   *私の意見は、明日のメルマガに、掲載する予定です。


   **こういう事実もある・・・→ http://tinyurl.com/yflc4b

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.