毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
"セクシャルハラスメント"が病気を引き起こす。
それほど辛いことが分かる


 "セクハラ"が長年に渡って及ぼす影響とは?今回は女性だが、これは何も、
女性だけに限ったことではない。女性による男性に対するセクハラも、ある。


【"セクハラ"は労災である】

 北海道内では、これで"2例目"だそうです。

 何の"2例目"?・・・

 札幌市内の民間企業で働いていた20代(当時)の女性が、職場で、上司から
受けた「セクシャルハラスメント(性的いやがらせ)」が原因で、重い精神疾患
になったとして、労働基準監督署に、"労災申請"を、行った。

 "1例目"は、今年1月の函館労働基準監督署によるもので、既に、道内初の
"労災認定"が、なされている。

 先記の女性は・・・
───────────────────────────────────
 1998(平成10)年頃から、約3年間にわたり、上司から、"セクハラ"を
 受け、「精神疾患」を、発病。
           ↓
 症状が重くなり、5年前(2001年)に、退職を、余儀なくされた。
                    ↓
 医師から、"セクハラ"などが、発病の原因と、診断されたため、
 "労災申請"に、踏み切った。
   ↓
 2006(平成18)年、現在、通院しながら、自宅療養を続けている。
───────────────────────────────────

 "セクハラ"による「精神疾患」は、1999(平成11)年から、労災の対象
に、盛り込まれてはいた。しかし、各現場には、徹底されていなかった。

 このため・・・

 昨年12月、厚生労働省が、労災の対象に、加えるよう通知を出した。その
流れを受けたのが、函館労働基準局の"労災認定"ということである。

 ただ・・・

 「労災の認定基準」が、高すぎるため、申請には、支援団体によるサポート
が不可欠だとの事である。そのため、基準を見直すべきだとの声もある。

 確かに、職場という閉鎖された環境で、"セクハラ"を長期間に渡って受けて
いたら、我慢出来ないというのは、当然のことである。だが、直ぐに、基準を
見直すのは、問題があるかも知れない。

 何故なら・・・

 それを逆手にとって、"セクハラ"をでっち上げ、"労災認定"を勝ち取ろうと
する輩が、増える可能性が、充分に、考えられるからだ。先ずは、"セクハラ"
の定義を、キッチリとすべきであると、私は思う。

 また、労災に絡む「精神疾患」の認定に関しては、非常に、デリケートな問
題が含まれているので、医師免許とは別に、「認定のための免許」を創設した
方が、良い。

 私が考えるに、"セクハラ"側の主張を全て受け入れるのは、危ない側面があ
るということを、認識しておくべきである。それは、"痴漢"による犯罪と、
性格が似ているかも知れない。

 何れにしても・・・

 "セクハラ"は、「大人版いじめ」であることは、間違いない。


   **繰り返される理由とは・・・→ http://tinyurl.com/yau42y

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.