毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
CTによる検診って、本当に有効なの?
「肺がん」の早期発見に極めて有効


 コンピューター断層撮影装置、略称CT。これらによる検診は、かなり一般
的になってきた。けれど、本当に、その検診は有効なのだろうか?証明の1つ


【"肺がん"を早期発見する】

 この調査結果は、米コーネル大のニューヨーク・プレスビテリアン病院の
ヘンスキー医学博士が率いる研究チームが、このほど「年1回のコンピュータ
ー断層撮影装置(CT)による検診が"肺がん"の早期発見に極めて有効」として、
ある米医学誌の最新号に、掲載された。

 *ある米医学誌=「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」

 "肺がん"は、自覚症状が出にくく、気付いてからでは、手遅れになることが
多いため、「早期発見策」の有効なものの1つとして、注目を集めそうである。

 同研究チームは・・・
───────────────────────────────────
 ●1993年〜2005年にかけ、40歳以上で、喫煙習慣などから、
  "肺がん"に罹る可能性の高い31567人に「年1回のCT検診」を実施

  ・484人(約1.5%)で、"肺がん"が、発見される。
       ↓
   412人(約85%)については・・・
           「ステージ1」と呼ばれる初期段階で、発見出来た。
              ↓
      これら患者のその後の治療による生存率 = 88%に達した。
───────────────────────────────────

 さらに・・・

 「年1回のCT検診」によって、治癒可能な"肺がん"の早期発見が、出来る。
費用も、200ドル(約2万3千円)未満で、費用対効果は高いと、そのメリッ
トの大きさを、強調している。

 日本では、「CT検診」について、様々な方法やコースなどがありますので、
詳細は、ご自身が信頼を置けると思う病院に、直接、お聞きになってみては、
いかがでしょうか?

 決して・・・

 現在では、「がん=不治の病」ではなく、早期発見すれば、100%とは、
言えませんが、上記のように、かなり高い確率の生存率が、示されています。

 リスク(この場合、がん)を、自分で、マネージメント(調整)するのが、現代
の生き方です。ゆえに"肺がん"で死亡するリスクを少なくする「年1回のCT
検診」も、重要なマネージメントの1つと、言えるのではないでしょうか。


 **どこがどう違うのか分からない・・・→ http://tinyurl.com/ylb645

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.