毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
サハリン2プロジェクト〜やはり「茶番」!
真実を語る人々に、耳を傾けよ


 まさに、真実を語る人の代表、北海道ラプター(猛禽類のこと)リサーチ代表
でもある齊藤慶輔獣医師より、メールを頂きました。サハリンの真実がここに


【"わたしたちの見た"サハリン2】

 今夏、日本の商社が参入するロシア・サハリン2石油天然ガス開発に対し、
 ロシア政府が事業承認の取り消しを決定しました。

 理由は環境法規違反でした。

 承認の取り消しはいまだ発効されていないものの、ロシア政府による環境影
 響の調査は現在も続いています。

 開発は、ロイヤルダッチシェルのほか、三井物産、三菱商事などが出資する
 サハリンエナジー社(SEIC)によって進められています。

  この2兆円規模の巨大開発を中止に追い込むほどの「環境問題」とはどの
 ようなものなのでしょうか。

 この度、サハリン2石油天然ガス開発の環境問題を10年来訴え続けている、

 ロシアNGO「サハリン環境ウォッチ」の代表ディミトリ・リシツィン氏が
 来日します。同氏は、サハリン東部にザカズニク(鳥獣保護区に相当)指定
 を実現した実績も持っています。

 現地の生の話を聞き、日本が直面している問題を考えたいと思います。

 11月25日(土)は札幌、11月29日(水)は東京で、

 以下の集会を開催します。皆様ぜひお誘い合わせの上、ご参加ください!

───────────────────────────────────
 《 札 幌 開 催 》11月25日(土) 申しこみ不要
───────────────────────────────────
 「わたしたちの見たサハリン2〜開発現地からの最新レポート〜」

 ◆日 時 :11月25日(土)13:30〜17:20 

 ◆場 所 :札幌学院大学社会連携センター  
    
       札幌市中央区大通西6丁目(南大通)

       札幌学院大学社会連携センタービル
      (地図:http://www2.sgu.ac.jp/act/about.htm

 ◆主 催 :北海道ラプターリサーチ、国際環境NGO FoE Japan

  後 援 :札幌学院大学社会連携センター、日本野鳥の会オホーツク支部、
       猛禽類医学研究所

 ◇参加費 :無料。 ◇申しこみ:不要です。

 ◇お問い合わせ:北海道ラプターリサーチ 渡辺まで      
         電 話:0154-56-3465  ファックス:0154-56-3465      
         メール:yukiko-w@io.ocn.ne.jp      
───────────────────────────────────
 ■当日のプログラム(予定):
───────────────────────────────────
  1.サハリン石油・天然ガス開発とその経緯 (13:40-)

    ・村上 正子(国際環境NGO FoE Japan)

  2.サハリン2の環境問題・ロシア政府の指摘・サハリンの現状(14:00-)

    <露日 逐語通訳あり>     
   ・ディミトリ・リシツィン(サハリン環境ウォッチ代表)《休憩15分》

  3.日本とサハリンをつなぐ渡り鳥 (15:30-)

   ・渡辺 義昭(日本野鳥の会オホーツク支部)

  4.サハリン自然とSEIC環境アセスメントの検証 (15:55-)  

   ・渡辺 有希子(トドワーキンググループ、ラプターリサーチ事務局長)

  5.2006年夏 サハリン2現地査察報告 (16:20-)

   ・齊藤 慶輔(北海道ラプターリサーチ代表)

  6.総合討論*リシツィン氏の発表には逐次通訳がつきます。

   *各発表には質疑応答の時間を確保します。


   この催しは、WWF・日興グリーンインベスターズ基金の助成を受けて
   開催されます。

───────────────────────────────────  
《 東 京 開 催 》11月29日(木) 要申しこみ   
───────────────────────────────────
 「サハリン2開発の環境問題に日本はどう応えるべきか」

 ◆日 時 :11月29日(水)18:30〜20:45(21時まで延長可) 

 ◆場 所 :豊島区立勤労福祉会館 6階 大会議室
       東京都豊島区西池袋2-37-4
      (地図:http://www.toshima-mirai.jp/center/e_kinrou/

 ◆主 催 :国際環境NGO FoE Japan

 ◆協 賛 :北海道ラプターリサーチ

 ◇参加費 :無料 ◇申しこみ:必要です。
   
 ◇お申し込み・お問い合わせ         

  国際環境NGO FoE Japan 村上まで       
  電 話:(03)6907-7217 ファックス:(03)6907-7219       
  メール:sakhalin@foejapan.org     
───────────────────────────────────
 ■当日のプログラム(予定):
            司会・進行 村上 正子(国際環境NGO FoEJapan)
───────────────────────────────────  
 1.石油天然ガス開発からサハリンの自然を守るために(18:40-)   
   〜サハリン2の環境問題を事例に <露日 逐語通訳あり>

  ・ディミトリ・リシツィン(サハリン環境ウォッチ代表)
                
 2.日本からみたオホーツク海をとりまく自然環境と開発によるリスク
   (19:40-)〜サハリン・北方四島での調査報告等      

  ・小林 万里(北の海の動物センター事務局長、東京農業大学生物産業学
   部アクアバイオ学科講師)

 3.サハリンに見える日本の問題(20:05-)
     
   ・佐尾 邦久(海洋工学研究所社長)

 4.総合討論(20:30-)  

   *リシツィン氏の発表には逐次通訳がつきます。

    この催しは、自然保護助成基金 並びに WWF・日興グリーンイン
    ベスターズ基金の助成を受けて開催されます。
───────────────────────────────────

 個人情報の問題もあり、掲載をためらいましたが、問題が問題だけに、多く
 の方々に、「危機意識」を持っていただきたいと、あえて、掲載させていた
 だきました。齋藤先生、御協力、誠に、有り難う御座います!!
                                


  **サハリンの真実がココに・・・→ http://tinyurl.com/yauwo7

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.