毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
貴方の骨は充分"重量"ありますか?
これには「ある酵素」が絡んでいたのだ



 現代人より、昔の人間の方が「骨が硬い」感じがする。あくまでも、想像の
域を出ないのだが…。食生活が問題なのか、この酵素が問題なのか判明せずだ。


【"恐ろしい名前"の酵素】

 体内で、骨を分解する「破骨細胞」が作られるのに、重要な役割を果たす
酵素を、高柳広東京医科歯科大教授(骨免疫学)らが発見し、発表した。

 骨の内部では・・・

 骨を作る細胞と「破骨細胞」がバランス良く働いて、新陳代謝を促している。
バランスが崩れて、「破骨細胞」が増えると、骨の量が減ったり、骨が壊れる
病気に、つながる。

 今回の研究チームは・・・
───────────────────────────────────
 ●「破骨細胞」が出来る際に、細胞内で、
  『カルモジュリンキナーゼ』という酵素が働くことを、発見。
         ↓
  マウスで、この酵素の遺伝子を働かなくすると、
  「破骨細胞」が減り、"骨量が2倍"になった。

 ●人の骨粗しょう症と似た症状のマウスを、2群に分け、
          ↓
  片方に、酵素の働きを抑える薬を投与すると、
          ↓
  投与しなかった群では、骨量が2割減ったのに、

  薬を与えた群では、"全く減らなかった"。
          ↓
  「関節リウマチ」に似た症状のマウスでも、
  骨が壊れなくなる効果が、認められた。
───────────────────────────────────
 けれど、高柳教授は、次のようにも、説明している・・・
───────────────────────────────────
 「この酵素は、脳の神経伝達にも、関与してしまうため、実用化には、
  "破骨細胞だけに効く薬"を作る必要がある」
───────────────────────────────────

 これが、もし、困難を克服し、実用化に漕ぎ着けたならば、「骨粗しょう症」
や「関節リウマチ」などの治療に、つながる可能性があるだろう。これから、
ますます骨が弱くなり、こういう疾病が、増加することは、充分考えられる。

 それにしても・・・

 「破骨細胞」とは、何と恐ろしい名前だろう。「骨を破壊してしまう細胞」
なのである。私がこれから、このチームに期待することは、現代食と体に良い
と言われている昭和30年代の食事によって、「破壊細胞」の量がどう変化す
るかということを、解明して行って、欲しい。

 何れにしても、骨というのは、人間の根幹をなすものである。これが、弱体
化するということは、人間自身が弱体化することに、等しい。だから、最近は、
「骨のある人間」という言葉が、聞かれなくなったのである。


 **ブロックポイントを取るには・・・→ http://tinyurl.com/slahs

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.