毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
"うつ状態"は7〜8時間が最少。
しかし、問題は、時間だけではないと思う



 睡眠時間が極端に短い人や長い人は"うつ状態"になりやすい。必ずしも時間
だけが関係しているとは思わないが、こういうデータがある。それと寝酒にも


【"寝酒"はエヴリデイだなぁ〜】

 旧厚生省時代の2000(平成12)年、保健福祉動向調査のデータを、分析
した人がいる。その人は日大医学部社会医学講座の兼板佳孝講師(公衆衛生学)
である。

 同調査は・・・

 全国20歳以上の24,686人が、「1日の睡眠時間」「不眠症状」
「うつ状態を調べる指標」の設問などに、答えたものである。

 兼坂講師の分析によると・・・
───────────────────────────────────
 睡眠時間とうつ状態を調べる指標の得点(60点満点、16点以上が「うつ
状態」に該当)との関係を見ると『睡眠7〜8時間の平均得点が最も低かった』

 7時間より、短ければ短いほど、8時間より、長ければ長いほど、平均得点
は、高くなる「U字形」の関連が、見られ、うつ状態との関連が深かった。
この傾向は、「20代から、70代まで、どの年代にも共通していた」

 「睡眠が充分か、不足か」というような"自覚的睡眠充足度"とうつとの関係
では、不足感が、高くなるほど、うつ状態に該当する確立が、高くなる傾向。

 不眠とうつ状態の間には、「互いに、原因にも、結果にも、なりえる密接な
関係がある」。例えば、今回の調査分析においても、不眠の一症状の寝付けな
いという「入眠障害」がある人は、ない人に比べ、1.5倍以上のリスク。

 その他にも・・・

 夜中に目が覚める「夜間覚醒」や朝早く目が覚める「早朝覚醒」、昼間に、
眠ってしまう「日中の過眠」でも、それぞれ、うつとの間に、同様の関連性が、
認められた。

 一方、"眠りの現状"については・・・

 1日の睡眠時間は、6時間未満のいわゆる「短時間睡眠」が男性の13.2
%、女性の14.5%に、上った。短時間睡眠の割合は、30代、女性の40
代が、最多。また、男女とも、高齢になるほど、睡眠時間が長くなる傾向。

 "不眠の症状"では・・・
───────────────────────────────────
 「入眠障害」 男性14.5% 女性20.2%

 「夜間覚醒」 男性17.8% 女性23.4%

 「早朝覚醒」 男性26.2% 女性19.7%

 「日中の過眠」男性 3.1% 女性 2.4%

 *「夜間覚醒」と「早朝覚醒」は、年齢が高くなるほど、増えた。
───────────────────────────────────
 不眠の対処法については・・・
───────────────────────────────────
 1週間に1回以上の「寝酒」をする習慣 男性48.3% 女性18.3%

 1週間に1回以上の「睡眠薬」使用   男性4.3%  女性 5.9%

 *「寝酒」の割合は、男性が50代後半、女性は40代前半が、ピーク。
  その後は、減少して行く。それに代わるように、高齢になればなるほど
  「睡眠薬」の使用者が、男女とも、増えている。
───────────────────────────────────

 「寝酒」と"不眠の症状"との関係では、分析の結果、「夜間覚醒」との間に、
 関連性が、認められたとのことである。

 「寝酒」習慣がある人は、ない人に比べ、「夜間覚醒」のリスクが1.2倍
高く、「寝酒」は夜中に目を覚まさせて、不眠を誘発する可能性があるという。
───────────────────────────────────
 兼坂講師は、総評として・・・
───────────────────────────────────
 「精神衛生の観点から、睡眠は短くても、長くても、好ましくないことが、
  示唆された。寝酒と不眠との関係は、生理学的データから、指摘されてい
  たが、疫学調査(集団を対象とした調査)で、明らかになったのは初めて」
                             と話している。
───────────────────────────────────

 う〜ん、「寝酒」は、毎日、やっているからなぁ〜。でも、眠りが浅いとは、
感じたことはないなぁ〜。「寝酒」をしなくても、「夜間覚醒」する時は、
してしまうしなぁ〜。ションベンがしたくなって、「早朝覚醒」も。

 確かに、兼坂講師のデータ分析は、なるほどと思うのだが、睡眠に関しては、
"個人差"も、かなりあるのではないかと、私は考えている。

 分析は、否定しないが、「分眠(分けて寝る)」も含めて、時間に余り囚われ
ず、その人その人にあった睡眠法を、構築して行けば良いのではないかと思う。

 どうも、「睡眠」というと、"7〜8時間"などという時間に囚われ過ぎてい
る気がする。私は、今回のデータ分析の結果は結果として捉え、自分の睡眠を、
もう一度、考え直し、それに合った睡眠の仕方を、自分で作り上げるのが、
ひいては、健康に繋がっていくと、強く思っている。

 だから、私には、ほどほどの「寝酒」が、"自分の睡眠法"である。


  **貴方は気付いていますか?・・・→ http://tinyurl.com/y2sqlm

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.