毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
こういう風に、思っていた方も多いのでは?
実は"便秘"とは無関係だった…



 何となく感覚的に"便秘"と"コレ"は関係がありそうだと思っても不思議はな
い。だが、厚労省は、先頃、これが「無関係」だという結論を出した。本当?


【でも"便秘"自体は良くない】

 便通が、2〜3日に1回と"便秘がち"でも、"コレ"=「大腸ガン」になる
危険性は、特に、高まらないとの調査を、厚生労働省研究班(主任研究者・
津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)が、先頃、発表した。

 この背景には・・・

 "便秘"だと、「大腸内に、有害物質が溜まり、ガンになりやすいのでは?」
との通念が、あるためだ。今回の発表は、この心配が、否定された形になる。
結果としては、便通が、1日に2回以上と多くても、危険度は、変わらない。

 前出の研究班は・・・
───────────────────────────────────
 全国6府県で、40〜69歳の男女約6万人を、
 1993年から、平均約7年追跡調査を、行った。

 その間に・・・

 479人が、「大腸ガン」になった。
         ↓
 便通の回数や状態と、ガンの発症に、関係があるかを調べたところ
         ↓
 週に2〜3回の人も、日に2回以上の人も、
 毎日1回の規則的な人と比べて → ガンの"発症の危険度"に差はなかった
───────────────────────────────────
 ただし・・・

 研究班の1人である大谷哲也群馬大助手は、
───────────────────────────────────
 「便通が、週に1回しかないような重い便秘や、ずっと下痢が続く場合は、
  ガンだけではなく、別の病気の可能性もある」
                 として、医療機関の受診を勧めている。
───────────────────────────────────

 まあ、大谷氏の意見は、当然であり、「便秘」や「下痢」が、貴方の身体に
とって、危険な兆候であり、それらを知らせるサインであるということは、
間違いないだろう。

 私は、比較的幼い頃から、「下痢体質」であり、腹を下すことが、良くあっ
た。学校に行く前、今でも、仕事に行く前には、どうも腹の具合が悪くなる傾
向がある。大腸というのは、実に、デリケートな臓器だというのを、感じる。

 私が思うに・・・

 「下痢体質」の人も、「便秘体質」の人も、一番関連しているのは"食生活"
のような気がする。確かに、環境や遺伝的なものもあるだろうが、後天的な
"食生活"によって、左右されるところが、多いのだろうと、推測される。

 今回は、「便通」と「大腸ガン」は、特に、関係がないとの結論が出たが、
それで、決して、安心という訳ではないだろう。「便通」が、正常である方が、
病気に罹る確率は、低いだろうし、「便通」を正常にするような"食生活"を、
送っていくことも、不可欠なことであろう。

 研究結果は、非常に大切なものではあるが、「人間の感覚的な通念」という
ものは、時には、本質を示していることもあるので、軽んじられないように。


   **一体どっちなんだろう・・・ http://tinyurl.com/2hwtl3

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.