毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
私は人より遅かった…。
2006年「おたふくかぜ」が猛威を振るっていた



 私がコレに罹ったのは確か高校時代。でも、あまり記憶にはない。昨年コレ
が猛威を振るっていたらしい。流行性耳下腺炎、通称おたふくかぜというヤツ。


【ワクチン後に"周期"が戻る?】

 医療機関から、報告された「流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)」の患者数が、
昨年は、9月末までに、16万3678人に達し、同期としては、前年の
約13万5千人を、大きく上回り、2002年以降で、最多になったことが、
国立感染症研究所のまとめで、分かった。

 「流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)」とは?・・・
───────────────────────────────────
 「ムンプスウィルス」に感染すると、2〜3週間の潜伏期を経て、発症し、
 唾液腺の腫れ(耳の後ろを触れば分かる)や痛み、発熱などの症状が出る。

 通常は、1〜2週間で、症状は治まるが、髄膜炎や難聴、睾丸(こうがん)炎
 などの合併症を引き起こすこともある。

 患者の7割は、2〜7歳児で、1回罹れば、2度と罹らないとされている。
 (稀に、2度罹るケースも、確認されています)
───────────────────────────────────

 上記にもあるように・・・

 「流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)」は、患者のくしゃみやせきのしぶきに、
含まれる「ムンプスウィルス」が、原因で起き、"数年周期"で、大きな流行を、
繰り返している。

 国立感染症研究所は、次のように、注意を喚起している。
───────────────────────────────────
 「感染している人には、近付かず、罹った場合は、小学校や幼稚園には、
  行かないこと。手洗いを励行し、タオルの共用も、避けること」
───────────────────────────────────
 患者数は・・・
───────────────────────────────────
 「定点(めやす)」となっている全国約3千の医療機関からの報告

 最近で多かったのは・・・

 2001(平成13)年 = 約25万5千人

 2002(平成14)年 = 約18万1千人

 2003(平成15)年 = 約 8万5千人

 2004(平成16)年 = 約12万8千人

 2005(平成17)年 = 約18万8千人

 2006(平成18)年 = 約16万4千人(1〜9月)
───────────────────────────────────
 *例年、1〜3月や10月以降、患者数は、ごく少なくなる傾向が、
  あるそうです。けれど、昨年は、年間を通して、患者数が多かったとの事。
───────────────────────────────────

 流行は・・・

 1980年代には、「3〜4年周期」で、増減していたそうだ。ところが、
1989(平成元年)に、『流行耳下腺炎、麻疹(はしか)、風疹』の新3種混合
(MMR)ワクチンが導入されたのを、きっかけに、患者が減り、周期も延びた。

 しかし、一方で・・・

 ワクチン接種後に、「無菌性髄膜炎」の報告が相次ぎ、1993(平成5)年
に、ワクチンが中止された後は、"元の周期(3〜4年)"に戻る傾向が、見られ
るとの事。確かに、上記の患者数の変化を見ても、それは証明されている。

 患者の7割を占める2〜7歳児(当然その親御さん)が、注意を払うのは、
当然ですが、「免疫を獲得していない大人」も、もっと注意を払うべきです。
大人が、この病気に罹ると、一般的には、症状が重くなる傾向があります。

*自分が、「流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)」に罹ったかどうか?
 "確認する必要アリ"です(意外に、意識していない場合が多いから)。

 特に・・・

 妊婦の方や、子供を切望しているご夫婦の方などは、尚一層、ご注意下さい。

 
   **トラウマになることも・・・ http://tinyurl.com/36f8zm

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.