毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
個人を責めるだけでは問題は解決しない。
医師の過労実態〜現役医師の場合



 前回、「医師の過労実態」を取り上げたところ、いつもご意見を頂いている
Dr.I氏からまたまた貴重なコメントが届きました。実態はまだまだ酷かった…

  前回の内容はコチラ → http://www.unlimit517.co.jp/ana204.htm


【"こんなもの"じゃなかった…】

2/21の田畑さんのメルマガで、
医師の労働時間について書かれたものが、ありましたが。

田畑さんもおっしゃる通り、あれはあくまで平均の値です。
アンケートでは、医師の一ヶ月の平均時間外労働時間は、
63.2時間となっていましたが。

これには、勤務医でも、院長、副院長クラス等、
診療をほとんど行っていない医師。
部長、科長クラスで、当番をやってはいるが、少ない医師。

午前9時から午後5時までの労働を守らせなさい、って事を
厚労省に厳しく言われている研修医。
そして、開業医も入っていますから。
それで、平均63時間な訳ですから。

若手医師や、小児科医であれば、
一ヶ月の時間外労働時間が100時間というのは、
さほど珍しい事ではありません。

2/23の私のブログ内で、北海道のある小児科医の先生が、
過労死して、医者にしては珍しく労災が認定されましたが。

この医師も「時間外労働と認定」された時間が
月100時間以上だった、というだけです。

本当は、もっともっと働いているでしょう。

私のブログでも書きましたが、↓

 ▼ブログ 「健康、病気なし、医者いらず」
  http://kenkoubyoukinashi.blog36.fc2.com/

宿直勤務明けも連続して、勤務する医師=96%

ですが、私は今までに1000人以上の医師を見ていますが、
当直明けに勤務が休みの医者は1人もいませんでしたし。

これまでの最長連続勤務時間、平均32.3時間
ってのも、かなり少ないなって印象しかありません。

あくまで、開業医や研修医、管理職に近い医師も含めた医師の
平均だからです。

ばりばり現役で働いている勤務医の労働環境は、もっともっと
悪い、という事を知って頂ければありがたいです。

───────────────────────────────────
【Dr.I氏に対する拓コメント】
───────────────────────────────────
> これには、勤務医でも、院長、副院長クラス等、
> 診療をほとんど行っていない医師。
> 部長、科長クラスで、当番をやってはいるが、少ない医師。

なるほど、確かに、考えてみれば、そうですよね。

> 若手医師や、小児科医であれば、
> 一ヶ月の時間外労働時間が100時間というのは、
> さほど珍しい事ではありません。

研修医や若手医師、小児科、産婦人科医の過酷さについては、
私も、元の同僚や医療関係者などから、色々と聞いております。

> 2/23の私のブログ内で、北海道のある小児科医の先生が、過労
> 死して、医者にしては珍しく労災が認定されましたが。
> この医師も「時間外労働と認定」された時間が月100時間以
> 上だった、というだけです。
> 本当は、もっともっと働いているでしょう。

それは、間違いないでしょうね。
それ以外のほとんどが「サービス残業」だと、思われます。

> 宿直勤務明けも連続して、勤務する医師=96%
> ですが、私は今までに1000人以上の医師を見ていますが、
> 当直明けに勤務が休みの医者は1人もいませんでしたし。

ほぼ「100%」に近いと、言うことですね。

> これまでの最長連続勤務時間、平均32.3時間
> ってのも、かなり少ないなって印象しかありません。

そんな長時間勤務の中で、「適切な医療を施す」のは、
とても困難なことだし、まず、無理でしょう。

> あくまで、開業医や研修医、管理職に近い医師も含めた医師の
> 平均だからです。

勤務医の年代別の数字も、出したら、大変な事になるでしょうね。

> ばりばり現役で働いている勤務医の労働環境は、もっともっと
> 悪い、という事を知って頂ければありがたいです。

私が、考えていた以上に、過酷な労働環境だということを、
肝に銘じて、心に刻み込んでおきたいと、思います。

 
 **貴方の目で確かめて・・・ http://www.1nego.com/file/ib238.html

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.