毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
6000の内、5500が死んでしまった…。
只でさえ、数が減ってるのに



 貴方なら「エボラウィルス」とか「エボラ出血熱」という言葉を聞いたこと
があると思う。感染すると、致死率は90%を超える。人類だけじゃなく…。


【"ウィルス"と"人類"双方から】

 アフリカ中部にあるコンゴ共和国の自然保護区では、「エボラウィルス」の
流行が、繰り返し、起こっているという。

 2002年〜2005年の間に、生息するゴリラ約5500頭が、
「エボラ感染」で、大量死したとの推計を、隣国ガボンと欧州の研究グループ
が、米科学誌サイエンスに、先頃、発表した。

 「エボラウィルス」は、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)においても、
根絶するのに、最高難度の"レベル4"に、指定されている。それらを表すかの
ように、このウィスルに関しては、「感染経路」や「宿主・媒介対象」など、
今のところ、ハッキリしたことは、分かっていない。

 今回の研究グループによると・・・

 ガボンやコンゴでは、人間の「エボラ感染」が、頻繁に、発生。流行地付近
の森では、ゴリラやチンパンジーの死体が、多く確認されているとの事だ。

 グループは・・・
───────────────────────────────────
 ガボン国境に近いロッシ自然保護区で「群れ」や「ねぐら」の数などを調査

 ●この地区では、人の感染が、確認された直後の2002年から、2005
  年にかけて、ゴリラが、大量死する地域が、急速に、拡大。
         ↓
  保護区西側の約2700平方キロの調査区では、「ねぐら」の発見率が、
  影響の少ない東側より、"96%も低い"ことを、突き止めた。
                ↓
  これらの結果から・・・

  調査区内に、生息していた6000頭の内、少なくとも、約5500頭が、
  死んだと、推測した。チンパンジーの減少率も、約83%にも達した。
                ↓
  「エボラウィルス」が、ゴリラやチンパンジー生存の脅威となったのは、
   もちろんのこと、人類による密猟や内戦などの影響も大きいという。
                 ↓
         他の地域でも、これらの影響で、ゴリラやチンパンジー
         などの大型類人猿は、個体数が、大幅に、減少している。
───────────────────────────────────

 これらを受け、国連環境計画(UNEP)などが、各国に、「保護対策強化」
を、求めている。人類が、真っ先に出来ることは、「密猟」を止めること。
これなどは、間髪入れずに、出来る策であろう。

 それから、「内戦」の停止、「エボラウィルス」の更なる研究ということに、
なるだろう。極めて、人類に近い大型類人猿の命運を、まさに、我々が、握っ
ていると言えよう。

 その内に・・・
───────────────────────────────────
 アナウンサー実況
───────────────────────────────────
 「旭山動物園に残っているゴリラが、最後になってしまいました…。
  このゴリラが、死んでしまうと、地球上から、絶滅となってしまいます。
  我々、人類は、これまで、多くの警告を出してきましたが、無駄だったの
  でしょうか?無くなってからでは遅すぎます。それにしても酷い・・・」
───────────────────────────────────

 こんな放送は、私達も聞きたくないし、子孫にも聞かせたくない。絶対に!


*くれぐれも、避けなければ… http://www.unlimit517.co.jp/ana137.htm

 
**まさに"ホット・ゾーン"・・・ http://www.1nego.com/file/ib243.html

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.