毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
私も最近、度々遅れています支払いが…。
でも"国民皆保険制度"は必要だ!



 私が偉そうなことは言えないのですが…。「国民健康保険料」の"滞納"が、
過去最多を更新した模様。"誰でも安心して医療が受けられる"そんな理念が…。


【"資格証"の増加が示しているものとは?】

 貴方は、国民健康保険に、"資格証"なるものが、あるのを知っていますか?

 "資格証"とは・・・
───────────────────────────────────
 ●災害や病気など、特別な事情がないのに、「保険料を"1年以上滞納"」
  した場合、保険証を取り上げられ、代わりに、交付される証明書のこと。

  医療費自体は、後で、"払い戻し請求"出来るが、受診時は、もちろん、
 「全額負担」であり、"資格証"世帯というのは、言わば"無保険"状態に近い。
───────────────────────────────────
 厚労省によると・・・
───────────────────────────────────
 ●"資格証"世帯
───────────────────────────────────
  2001年 11万1191世帯 
    ↓
  2006年 35万1270世帯(約3.16倍〜過去最多を更新)
───────────────────────────────────
  *毎年、前年を上回る形で、急増中。2005年との比較でも1割増。
───────────────────────────────────
 ●滞納世帯に占める"資格証"世帯の割合
───────────────────────────────────
  2006年(前年比0.5%増) = 7.3%
───────────────────────────────────
  *過去5年間で、2.5倍に増えた。この背景には、厚労省が、2001
   年度から、"資格証"交付を、義務付けたことが、挙げられている。

  *最高は、三重県(19.1%)、最低は、沖縄県(0.8%)
───────────────────────────────────
 ●滞納世帯数
───────────────────────────────────
  2001年度(義務付け開始)以来、増え続け
    ↓
  2006年度 約480万世帯(過去最多を更新)
───────────────────────────────────

 上にも挙げたように・・・

 自治体によって、差があるのが、見て取れる。これには、病気や著しい収入
減など「特別な事情」があれば、交付しないとされているため、地域間で、こ
の"さじ加減"が若干異なり、「温情度」に、違いが出たものと、思われる。

 だが、こんな中で・・・

 "資格証"世帯では、病院での受診を控え、病状が悪化し、死亡するという
最悪のケースも、増えていると聞く。"誰でも安心して医療が受けられる"とい
う理念で始められた「国民皆保険制度」の根幹が、揺らぐ一端を示している。

 小泉前首相の時、「混合診療」や「病院の株式会社化」などが、討議され、
もう一歩で、成立というところまで、行ってしまった。日本は、困った時、
いつも、アメリカを頼ってきたが、医療問題だけは、"反面教師"にすべきだ。

 アメリカは・・・

 確かに、「先進医療」という意味では、日本よりも、進んでいる分野が多い。
しかし、末端の国民が受ける医療という意味では、どうだろう?ほとんどの国
民(9割近い)が、医療費が高過ぎて、まともな医療を受けられないのが現状だ。

 そのために、自分が自分の健康のことを、真剣に考えるようになり、今度は、
「サプリメント」に、頼りになっている。日本の安易な「医療頼り」も、困る
が、いざという時、高額な「医療費」がネックになり、受診出来ないアメリカ
の現状の方が、私は、酷いと判断する。

 だから・・・

 「国民皆保険制度」は、維持すべきだし、国民は、医療に関して、お互いに、
安心を共有して行くのが、良いと思う。その上で、難病で苦しんでいる患者を、
「混合診療」を用いて、救うのではなく、"新薬承認のスピード"を、アップす
ることにより、救って行くべきである(ただし、"ひもつき薬剤"はダメ)。

 そのためには・・・

 今は、苦しくても、「国民健康保険料」を、払っていただくしかない。この
制度が、多分に"互助会的要素"が、強いだけに、これ以上、滞納者が増えると、
維持して行くのは、困難になってしまうだろう。

 色々と弊害はあるが、私は「国民健康保険」あった方が、良いと思うが…。

 貴方は・・・
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆「国民健康保険」あった方が良いと思いますか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆あった方が良い
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0020278A15e25

◆なくても構わない
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0020278A2ab7e

◆今の制度には問題アリ
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0020278A3bd19

◆どちらでも良い
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0020278A430a7

◆分からない
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0020278A5ae36

◆他に方法があるのでは
http://clickenquete.com/a/a.php?M0001994Q0020278A66541

○結果を見る
http://clickenquete.com/a/r.php?Q0020278Ca089
○コメントボード
┗ http://clickenquete.com/a/cb.php?Q0020278P00C87f1

締切:2007年04月08日18時00分
協力:クリックアンケート http://clickenquete.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 **突き進んでいるのか・・・ http://www.1nego.com/file/ib245.html

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.