毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「MRSAの市中型」って、ナンダ?
死亡例が確認されたのはこれが初めて



 「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌」というのがMRSAの正体である。良く
知られているのが、"院内感染"によるものだ。今回は少し様子が違うようだ…。


【"拡大"の懸念はないのか?】

 今回、「MRSA・市中強毒型」が、見つかった経緯は・・・
───────────────────────────────────
 昨年、北里大学病院(神奈川県相模原市)に運ばれた1歳男児
───────────────────────────────────
              ↓最初は・・・
───────────────────────────────────
 発熱や咳などの症状で、別の総合病院を受診。「肺炎」と診断される。
───────────────────────────────────
              ↓その後・・・
───────────────────────────────────
 北里大病院に入院し、抗生物質の投与などの治療を受けたが、容体が悪化。
─────────────────────────────────── 
              ↓
───────────────────────────────────
 入院から、約10日後に死亡。血液などから、「MRSA」が検出される。
───────────────────────────────────
              ↓
─────────────────────────────────── 
 男児には、それまで入院の経験はなく、菌の遺伝子構造も、病院外で、
 感染を拡げる「市中型」と一致。さらに、白血球を壊す毒素を作る
 「強毒菌」であることも、判明。
───────────────────────────────────
              ↓
─────────────────────────────────── 
      だが、具体的な感染経路は、不明であった。          
───────────────────────────────────

 そもそも「MRSA」とは?・・・

 和訳「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌」。メチシリンやセフェム系などの
抗生物質に、耐性を持つようになった黄色ブドウ球菌。最初に確認されたのは、
1961(昭和36)年のことである。

 従来、手術後など、抵抗力の弱い患者が、感染すると、死亡することもあり、
"院内感染"の代表菌とされてきた。「MRSA」にはこの他、「市中・強毒型」
「市中・弱毒型」の全部で3種類あり、遺伝子のタイプが、それぞれ異なる。

 この内・・・

 世界的に、大きな問題になっているのは、「市中・強毒型」である。これが、
問題化したのは、1990年代以降。米国で、入院経験のない健康な子供4人
の死亡例が、報告されたのが、きっかけである。

 日本で見つかるのは、ほとんど「市中・弱毒型」であり、通常は、重症化す
ることなく、肺炎などを起こしても、抗生物質で、充分対応出来る。今回のよ
うな「市中・強毒型」は、まれで、死亡例が確認されたのは初めての事である。

 「市中型」の中でも、白血球を壊す毒素を作る「強毒菌」に感染し、肺炎な
どを引き起こすと、今回の事例でも分かるように、治療が非常に困難となるケ
ースが、多くなってしまう。

 *もっと知りたい! → http://www.unlimit517.co.jp/ana119.htm

 しかし、現在の医療現場では・・・

 「市中型MRSA」に、充分な注意が払われておらず、「強毒菌」の存在も、
あまり知られていない。このため、皮膚疾患を診察した医師が、「MRSA」
の検査をすることは、ほとんどなく、充分な監視が出来ていないのが、実情。

 対策としては・・・
───────────────────────────────────
 ●先ず、医療現場において、「市中型MRSA」の存在を認識する。

 ●"院内感染"も含め「薬剤耐性」の状況など、実態把握を進める。

 ●いたちごっこである「抗生物質」の存在意義を、もう一度、考える。

 ●具体的な「感染経路」の解明に、努める。

 ●欧米での「対策方法」を検討し、現状に照らして、導入も考える。
───────────────────────────────────

 何れにしても・・・

 今後も、「抗生物質」至上主義を続けると、「MRSA」よりはるかに強力
な菌の出現は、容易に、推測出来る。「抗生物質」が、これまで、人類にもた
らした功績が、非常に大きいのは、分かる。

 ただ・・・

 「このままで良いのか?」というのが、いつも、頭をもたげてくる。おそら
く、人類の英知で「MRSA」は対策出来ても、現在の考え方を変えない限り、
敵は、無限に立ちはだかってくるだろう。でも、先ずは"目の前"からか…。


**いたちごっこが続くのか・・・ http://www.1nego.com/file/ib248.html

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.