毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
カラス知能=サルと一緒?
世界初「脳地図」によって語られるカラスの賢さ



 最近、勤務先で「カラス」に悩まされています。追い払っても、追い払って
も、いつの間にか、やって来ています。やっぱりそうなんですね、知能が高い


【鳥類では"ズバ抜けた"存在】

 都市部で良く見かける「ハシブトガラス」の大脳で、知的活動を司る領域は、
哺乳類のニホンザル並みに大きいことが、分かった。

 *「ハシブトガラス」の詳細は↓
  http://homepage3.nifty.com/shibalabo/crow/buto/zukai/buto.htm

 この事実は・・・

 慶応大の渡辺茂教授や伊沢一准教授らが、カラスの「脳地図」を、世界で初
めて、作成し、分析した成果で、「脳地図」は、本日から、インターネットで、
公開される。→ http://www.cirm.keio.ac.jp/db/bird_brain/

 鳥類の大脳には、哺乳類の大脳皮質に相当する部分がなく、哺乳類とは、
構造が異なる。だが、脳の体重に占める比率「脳化指数」(ヒト10.0)は、
カラスは2.1で、サルの2.0を、上回ることが、知られている。

 研究チームは・・・
───────────────────────────────────
 「ハシブトガラス」の脳を凍結し、前後方向と左右方向に、それぞれ
 1ミリずつ間隔を置いて、薄く輪切りにして、標本を作製。
               ↓
   「写真撮影」と「神経細胞の構造の線画」を描く作業を行った。
───────────────────────────────────
               ↓ その結果
───────────────────────────────────
 思考や学習、感情を司る大脳表層の「巣外套(そうがいとう)」と
 「高外套(こうがいとう)」と呼ばれる領域が、大きく発達している事が判明。
               ↓
 これらの領域の機能は、哺乳類の大脳皮質で、視覚や聴覚などの情報を、
 統合処理する「連合野」に相当、複雑な情報処理を、可能にしていると、
 推察されるという。
───────────────────────────────────

 ゴミステーションから、いくら、策を弄して、追い払っても、平気な顔をし
て、再び現れるカラス達。私が、守衛所を飛び出し、芝生の上から、追い払っ
ても、何食わぬ顔をして、又やって来るカラスの次郎。

 カラスと、ヒトのいたちごっこは、一体、いつまで続くのだろう?

 もしかして、その内に、カラスの「脳化指数」が、ヒトを超え、今度は、
ヒトが、カラスに追い払われる日が、やって来るのか。今のろくでもないヒト
を見ていると、何時かは、そういう日が、来るかも知れない…。


**徹底的にやってます!・・・ http://www.1nego.com/file/ib251.html

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.