毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「フッ素」というと歯磨き粉や焦げ付き防止…。
日本では認識が甘いのだ!



 「フッ素」=環境汚染。日本で、この結び付きが頭にある人は少ないと思う。
しかし、欧米では常識らしい。まさに日本の常識が世界と乖離する一端を示す。


【濃縮は"大型哺乳・鳥類"を襲う】

 愛媛大学沿岸環境科学研究センターと米ニューヨーク州立大の共同研究グル
ープは、次のような重大な事実を、突き止めた。

 それは・・・

 動物実験によって、発達への悪影響や免疫毒性などが指摘されている
「フッ素」を含む一部の有機化合物により、南極のゾウアザラシやトウゾクカ
モメの一種、南太平洋などのアホウドリ類に汚染が拡がっているという事実だ。

 グループが調べたのは・・・
───────────────────────────────────
 パーフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)や
 パーフルオロオクタン酸(PFOA)などの「フッ素化合物」
───────────────────────────────────
 これらは・・・
───────────────────────────────────
 主に、衣類などの撥水剤として使われた他、食器の表面加工など工業用に
 使われた「フッ素化合物」の製造過程などから、"環境中に出た"と考えられ
 ている。
───────────────────────────────────
 グループは・・・
───────────────────────────────────
 愛媛大の"生物試料バンク"に保存されていた南極の「アザラシ」や「カモメ」
 「ペンギン」の他、南太平洋から、インド洋、大西洋まで、
 南半球の「アホウドリ」類などの"生物の体内濃度"を、調査。
             ↓
───────────────────────────────────
 パーフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)については・・・
───────────────────────────────────
 ●ゾウアザラシの血液1ml中に、最大0.53ナノグラムを検出。
                 (1ナノグラムは10億分の1グラム)

 ●オオトウゾクカモメの血液や卵からは、最大3.12ナノグラムを検出。
───────────────────────────────────
 *北半球の生物に比べて、数分の1と、まだ濃度は低いが、複数種の
  アホウドリの肝臓や血液にも、PFOSやPFOAが、広く存在。
───────────────────────────────────

 PFOSやPFOSなどは・・・

 環境中で、極めて分解されにくい。これらの物質は、先進工業国(もちろん
日本も)を中心に、人や野生生物の体内、河川や海の水、大気中などに、広く
存在することが、確認されている。

 そのため、欧州連合(EU)や米国では、使用規制も、検討されているとの事。

 「有機フッ素汚染」についての経緯は・・・

 フッ素を含む有機加工物であるパーフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)
は、7年ほど前まで、線維や紙の表面加工、消化剤などに、良く使われていた。

 それが、2000(平成12)年、米国の大手メーカーが、生産を中止。だが、
その後も、広範囲の環境汚染が、問題化している(日本では、あまり取り上げら
れてはいなかったが…)。

 構造や毒性の似た物質が、パーフルオロオクタン酸(PFOA)で、調理器具
などの表面が焦げ付かないように、"フッ素加工"する過程などで使われている。

 パーフルオロオクタン酸(PFOA)は・・・

 動物実験で、「発がんとの関連」や「生殖毒性」、「甲状腺への影響」
などが、指摘されている。

 おそらく・・・

 現代人が、「便利」で「快適」な生活を、これからも送り続けて行くなら、
「海洋汚染」や「大気汚染」が、0(ゼロ)に、なることはないだろう。だから、
"オール・オア・ナッシング"という問題には、なり得ない。

 ただ、PFOSやPFOAが、「海洋汚染」を一層推し進める有害物質とい
うのであれば、人類の英知において、全面使用中止か、減量して行くことは、
充分に、可能なことである。

 そのためには、PFOSやPFOAに代わる物質(有害性の少ないモノ)を、
、フロンのように、探し出す必要が、あるだろう。人類が生存する限り、地球
に負担がかかることは、避けられない。だから、少しでも、軽減して行く必要
が、あるのだ。

 
 *もっと酷い「海洋汚染」の実態
  http://www.unlimit517.co.jp/ana35.htm


 **このままで良いのか・・・ http://www.1nego.com/file/ib253.html

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.