毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
我らが北大から「世界初・新解明」だ!
「ピロリ菌」のメカニズムの全容を



 「ピロリ菌」という言葉、最近はすっかり定着している感がある。だが、名
前だけが、先行して、詳細については、良く分かっていなかった。ところが…。


【効能は"胃ガン"だけにあらず】

 胃炎、胃潰瘍、胃ガンの原因となる「ヘリコバクター・ピロリ菌」が、胃の
粘膜を破壊して、炎症、潰瘍、ガンを引き起こすメカニズムの全容を、
───────────────────────────────────
 『北大遺伝子病制御研究所の畠山昌則教授(分子腫瘍学)』らの

  研究グループが、「世界で初めて」突き止めた。
───────────────────────────────────
 *「ヘリコバクター・ピロリ菌」とは?
───────────────────────────────────  
  今から、25年前の1982(昭和57)年に、発見された。ヘリコ(らせ
ん状)バクター(細菌)。ヒトの粘膜、特に、胃の出口付近の幽門部(ピロリ)に、
生息。

 長さ2.5〜5マイクロメートル(1マイクロメートルは千分の1ミリ)で、
数本のべん毛を、持っている。

 感染すると・・・

 8割が、「萎縮性胃炎」になる。全感染者の2〜3%程度が、「潰瘍」に、
 なるが、抗生物質による"除菌治療"がある(初回で7〜8割の人に効果アリ。
 2回目までは、健康保険適用)。
───────────────────────────────────
 今回、研究グループは・・・
───────────────────────────────────
 「ヒトの胃の細胞」を用いて、実験。
     ↓
  胃に入ったピロリ菌は、
  自ら作り出した「発ガン性タンパク質Cag(キャグ)A」を、
  "胃の上皮細胞"に、注入。
     ↓
  その後、CagAが、細胞内にある「タンパク質PAR1(パー・ワン)」
  と結合することを、発見した。
     ↓
  さらに、CagAと結合したPAR1は、正常な働きを抑えられ、
  "上皮細胞"にある細胞同士をつなぐ「密着結合」と呼ばれる装置が、
  壊されるのを、突き止めた。
───────────────────────────────────
 畠山教授らは、2001(平成13)年にも・・・
───────────────────────────────────
  ピロリ菌感染が、胃ガンに至るメカニズムの一部を、明らかにしている。
     ↓
  ピロリ菌によって、"胃の上皮細胞"に注入された同じCagAが、
  細胞増殖を促す別の「タンパク質SHP2」と結合し、異常増殖を起こす
  信号を発し、ガンを、発症させる。という事を、解明。
───────────────────────────────────
 今回と2001年の研究成果から・・・
───────────────────────────────────
  同グループは、"全容"を解明。

  CagAが、最初に、PAR1と結び付くことで、"上皮細胞"は、
  正常な胃粘膜組織を、保てず、個々の細胞が、バラバラになる。
     ↓
  その結果、"上皮細胞"間への胃液の侵入などで、炎症や潰瘍が起き、
  "ガンになりやすい環境"になる。
     ↓
  さらに、PAR1と結合したCagAが、
  SHP2と結び付くことで、"異常な細胞"が増殖
     ↓
  『ガン発症に至る』
───────────────────────────────────
 
 こういう報告もある・・・

 75歳までに、「ピロリ菌・陽性者」の10人に1人は、"胃ガン"になる。
"胃ガン"による死亡者は、年間5万人で、"肺ガン"に、次いで、多い。

 畠山教授は、次のように、期待している。
───────────────────────────────────
 「例えば、CagAとPAR1の結合を遮断する薬が、開発されれば、
  ガンを含めたピロリ菌感染症の新しい予防や治療法に、なるだろう」
───────────────────────────────────

 その効能は・・・

 さらに、ピロリ菌の出すCagAが、標的としている細胞内のシステムは、
"他の多くのガン(上皮ガン)"でも、共通するメカニズムである可能性が高い。

 すなわち・・・

 今回の解明は、胃ガンのみならず、他のガンの予防や治療法にも、良い影響
を与えると、推測される。

 こういう地道な解明の一つ一つが、医療の発展に寄与し、人類の健康に役立
つ。そのためには、新しい技術や薬を、充分に生かせる医療環境を作り、医師
達に、能力の限りを、患者に尽くして欲しいと、切に願う。
 

 **6000万人を蝕む・・・ http://www.1nego.com/file/ib254.html

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.