毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「医師不足」も非常に深刻だが…。
「看護師確保」に右往左往する病院事情



 医師も激務であるが、同様に看護師も激務である。だから、出来るだけ、条
件の良いところで、働きたい。これは、至極当然の欲求のような気がするが…。


【集中し"6割"確保出来ず】

 全国にある病院の6割近くが、今春、採用を予定していた「看護師数」を、
実際には、確保出来ていなかった。この事が、日本看護協会(東京)の調査で、
判明した。

 この背景には・・・

 昨春の"診療報酬改定"で、診療報酬の点数が高い「患者7人あたり看護師
1人」が、新設され、病院間の「看護師」獲得競争が、激化したという。

 また・・・

 前出の日本看護協会では、「給与や労働条件が良い一部の病院に、看護師が
集まる傾向が強まっている」と、見ている。

 上記、調査は・・・
───────────────────────────────────
 2007年4月に、全国の3000病院を、無作為に選んで、
 アンケート用紙を送り、1479病院(約49.3%)から、回答を得た。
───────────────────────────────────
 ●今春に、採用予定数を確保出来なかった病院(全国) 864ヵ所(58%)

 ●確保出来なかった病院で、採用予定数に対して、
  実際に、確保出来た人数             平均 49%
───────────────────────────────────
 ●確保出来なかった理由(複数回答)
───────────────────────────────────
  「給与」 46%

  「病院の知名度」 38%

  「立地」 31%      など
───────────────────────────────────
 ●確保出来た理由(複数回答)
───────────────────────────────────
  「教育研修の充実」 38%

  「夜勤や人員配置など勤務体制の工夫」 38%

  「看護職員の確保対策の工夫」 32%
───────────────────────────────────

 これらの結果を踏まえ・・・

 日本看護協会は、次のように、コメントしている。
───────────────────────────────────
 「看護師の勤務条件を整える病院の努力も必要だが、
  必要な看護師を、病院が確保出来るよう、国も対策を講じるべきだ」
───────────────────────────────────

 上記のコメントの必要性や重要性は、分かる。だが、勤務条件が過酷な病院
へ、国が強制的に、看護師を押し込んでも、個人に負担を強いるだけに、なっ
てしまうのではないだろうか?

 もし、国が「看護師の確保」に、乗り出すとしたら、ある程度、国としての
勤務条件を決めた上で、「看護師」にも納得してもらい、採用すべきである。

 いくら、「看護師」が、採用人数に足りないからと言って、国がごり押しを
して、過酷勤務の「看護師」を、これ以上、増やすことは、許されない。

 特効薬としては、前記のような国の対策(トップダウン)も、必要だろう。ま
た、それと同時に、「看護師」のなり手を増やす(ボトムアップ)対策も、肝要
なことだと、考えます。

 私が見ている限り、「看護師」に関しては、賃金に比較して、それ以上に、
働いている方々が、ほとんどです。だから、「看護師」の勤務条件や地位は、
もっともっと改善されて、しかるべきです。

 そうでなければ、病で、一番最初に倒れてしまうのが「看護師」などという
非常に、矛盾した状態を、作ります。いや、既に、そうなっています。だから
こそ、勤務条件の改善によって、もっと受け入れやすい病院を、作って下さい。

 私の勝手な考えとしては・・・

 現役を引退してしまった「看護師」や、休業中の「看護師」、その他、色々
な事情があり、「看護師免許」は、持っているのだが、働けない人々にも、こ
の際、声を掛けて見たら、どうでしょうか?

 "悠々自適な老後生活"も良いが、先頃のアンケートでは、定年しても、働き
たがっている老人が、多いとの結果も出ている。それだけ、社会との繋がりを、
切りたくないという前向きの方々も、大勢いるということです。

 長年人生を歩んできた老人が、生き甲斐を感じる瞬間。

 それは・・・

 『自分が認められて、人に頼りにされる時』ではないかと、思います。


**こうなって行くのかなぁ・・・ http://www.1nego.com/file/ib261.html

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.