毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
むかしは高級品。いまは優等生。
その答えはな〜んだ!?コレステロールは



 貧乏な私にとって、いつも味方になってくれるのが「卵」。実に色々な料理
に応用出来る。しかも、30〜40年前から、値段がほとんど変わっていない。


【俺は「卵」ぶっかけ!】

 先頃、こんな"興味深い発表"が、行われた。
───────────────────────────────────
 コレステロールが多く含まれる「卵」の摂取頻度と、
 『心筋梗塞』になるリスクとの間には、"関連性が見られない"。
───────────────────────────────────

 これを発表したのは、厚生労働省研究班(主任研究者・津金昌一郎/国立がん
センター部長)。この研究班による"大規模疫学調査"で、判明し、英国の栄養学
専門誌に、掲載された。

 研究班は・・・
───────────────────────────────────
 1990(平成2)年〜93(平成5)年に、全国10地域の住民を対象に、
 食事内容などを、調査。

 「循環器疾患がない」(アレルギー関連)などの条件を満たした約9万人
               ↓
 「卵」を、「ほとんど食べない」「週1〜2日」「週3〜4日」「ほぼ毎日」
       の4グループに分け、10年間という長期間に渡り、追跡した。
───────────────────────────────────
 この間に・・・
───────────────────────────────────
 『心筋梗塞』になったのは →462人
───────────────────────────────────
 "発症リスク"は・・・
───────────────────────────────────
 「ほぼ毎日食べる人」を1とすると、他の3グループは、1.0〜1.1

 *「卵」を、食べる食べないで、"発症リスク"の差は、ほとんどナシ。
───────────────────────────────────
 一方・・・
───────────────────────────────────
 「血中総コレステロール値」と"発症リスク"との間には、明確な関連アリ。
───────────────────────────────────
 つまり・・・
───────────────────────────────────
 この調査からも、「血中総コレステロール値」の高い人は、
 「卵」の摂取を、控えている様子が、うかがえる。

 この傾向は、一般的に、「卵=コレステロール値が高い」という認識が、
 定着していることを、表すものであろう。

 ただ・・・

 気を付けるのは、大切だが、「卵=危険なモノ、不必要なモノ」という
 レッテルを貼ってしまうのは、いかがなものかと思う。

 特に、昨今の風潮では、「卵」や「牛乳」、いわゆる「乳製品」が、一部の
 研究家の手などによって、葬られようとしている事実すらある。実際、
 これらに、同調する人達も、多い。
───────────────────────────────────

 本来、食べ物を、リスクを考慮して、食べる食べないを、決めるのは、おか
しいことだと、私は考えている。だが、実際に、それらを摂取することによっ
て、重篤なアレルギー症状などを呈し、死亡するケースもあるのは、事実だ。

 だから、一方では、気を付ける必要もある。けれど、本当に危ない場合を除
いては、世の中の風潮に惑わされずに、"自分の体の声"を、聞いて欲しい。
貴方の体が、「欲しているモノ」を、食べるのである。

 あまり偏りすぎては、まずいとは思うが、それでも、"食事を美味しい"と思
わなければ、貴方の血となり、肉とは、ならないのではないか。不味いモノを、
栄養があるからとか、ビタミン豊富で摂るのは、悲しい食卓を、作ってしまう。

 そんなに・・・

 数値に囚われているのならば、ずっと「サプリメント」を摂取して、満足し
ていれば、済む話である。そういう食事は、想像するだけで、侘びしいものに
なるだろう。なのに、現代人は、それらを、子供にまで、強要してしまう。

 基本的に、「食事」や「食卓」は、楽しいものであって、もらいたい。

 そのために・・・

 生活が非常に厳しくなっても、「卵」を作り続けている生産農家。彼らの不
断の努力があってこそ、30年も40年も物価の優等生と言われ続ける「卵」
という食材が、存在しているのである。

 「ブロイラー(肉用鶏)」と違い、「レイヤー(採卵鶏)」は、「卵」というデ
リケートな食材を扱っているために、"抗菌剤(抗生物質含む)"や、他の薬剤も、
かなり規制されているため、ほとんど使用出来ない。

 もし、使用してしまったら、直ぐに、「卵」から検出されてしまい、出荷停
止になってしまうだろう。何故、直ぐ検出されるのかというと、親の血液成分
が、「卵」を、形成しているからです。

 出荷停止になってしまった農家は、おまんまの食い上げです。家族が路頭に
迷います。そうだからこそ、真面目に、真摯に、毎日、毎日、安全な「卵」を、
出荷しなければ、ならないのです(流通業は"安売りし過ぎ"だと思うが。

 こんなに・・・

 安全で、安くて、応用範囲も広くて、今では日持ちもし、生産者の真摯な顔
も見えてくる「卵」を、危険で、不必要な食材だと、言えるでしょうか。逆に、
こんなに、良い食材は、他には、なかなか見つかりませんよ!

 私は、これを書き終わったら、食事にします。

 今日のメニューは・・・

 「月見ササミフライ入り冷やしうどん」に、しようと思っています。

 この「うどん」は、食品加工業で日夜働く友人から、もらったものです。
 彼には、いつも「焼きそば用麺」や「そば」「米」その他にも、色々な食材
 をもらい、非常に、助かっています。なんせ、貧乏な者ですから(^^;)。

 そう言えば・・・

 「月見(卵)」と「ササミ(鶏)」って、親子ですね!! 
 
 まさに、命を頂かせていただき、有り難う御座います。

 さぁ〜って、お腹も減ってきたし、食事にしようっと。貴方も楽しい食事を。

               『いただきま〜す(^^)/』


 **日本人ならこれだねぇ・・・ http://www.1nego.com/file/ib264.html

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.