毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
不可欠と見られる新たな変異〜鳥インフルエンザ


 昨夜、「32年間、片思いだった女性」に、逢いに行きました。

 外は、どしゃ降りの雨…。でも、私の心は、大きくときめいていました。

 だから、彼女が、ステージに、上がった瞬間、思わず、目から一涙…。

 彼女は、私の両親が亡くなった時、愛犬を失ってしまった時、そして、

 私が、失意のどん底にいる時に、いつも、傍にいてくれました。

 また・・・

 私の学生時代は、彼女の歌声とは、程遠いDJでの脳天気さによって、

 次の朝は、毎度毎度、眠たさを堪えて、学校に通ったのを、思い出します。

 まさに、走馬燈のように、想いが駆け巡る中、ステージを、注視しました。

 結果、32年間経っても・・・

 彼女は、というより、私の"ねえさん"は、ちっとも変わっていなかった。

 その変化のなさが、とても嬉しく、心がホッとした出逢いの時間でした。

 「"ねえさん"、同じ時代に生きてくれて、本当に、有り難う!!」
  http://www.1nego.com/file/im331.html

 思いの丈をぶちまけたので、閑話休題・・・

 以前は、このメルマガでも、良く取り上げていた「鳥インフル」の話。

 最近は、あまり取り上げてませんねぇ〜と、思ったら、こんな記事が…。
───────────────────────────────────
 「鳥インフルエンザ(H5N1)」が、
  http://www.unlimit517.co.jp/medi67.htm

  人間に、感染しやすい性質を、獲得する際に、
    
  「不可欠と見られる新たな変異」を、

  河岡義裕・東京大教授を中心とする日本とベトナムの国際チームが、
  先頃、特定し、米専門誌に、発表した。
───────────────────────────────────

 何故、ベトナムか? というと、中国と並んで、今現在も、

 ベトナムでは、「トリからヒト」への感染が、確認されているからだ。

 今までの大流行では、トリから、直接ではなく、ブタを、介してはいるが、

 今後、何らかの変異によって、トリから直接ということも、充分あり得る。

 特に・・・

 H5N1という高病原性ウィルスの性質を、掴み切れていないから尚更だ。

 その上・・・

 上記の国際チームが、特定した変異やそれ以外の変異が、重なってしまうと、

 人間の世界で、爆発的に流行する「新型インフル」の出現に繋がる懸念アリ。

 こういう事を踏まえて、国際チームは・・・
───────────────────────────────────
 2004(平成16)年
───────────────────────────────────
 ベトナムの1人の患者の喉と肺から「2種類のH5N1ウィルス」を採取

                   ↓比較して見ると
───────────────────────────────────
 ●喉のウィルス=表面のタンパク質のアミノ酸が、1ヵ所、グルタミン酸
         から、リシンに、変わっていて、マウスに、感染させると
         喉や鼻など気道上部の様々な細胞で増殖しやすく、哺乳類
         の一般的な体温(約37度)より低い、33度でも、増える
         ことが、分かった。
───────────────────────────────────
              ↓
 ウィルスが、「咳やくしゃみで拡がりやすい性質」を、獲得したことを示す
                  ↓
   人間での「大流行」に向けた"重要なステップ"になると、考えられる 
───────────────────────────────────

 2006(平成18)年にも・・・

 河岡教授らは、人間への定着に、「重要な別の変異」も、見つけている。

 これらの「変異」を、今後も、監視して行くことで、「新型出現の危機」が、

 "どれだけ差し迫っているかの判断"に、役立つものと、期待されるとの事。

 さらに、河岡教授は・・・
───────────────────────────────────
 「大流行に至るには、更に、別の変異も、必要だと見られるが、
  人間への感染が、繰り返されるほど、変異の危険は、高まる。
  ウィルスを、慎重に、監視して行く必要がある」
───────────────────────────────────
                      とのコメントを残している。

 以前なら、「早期判断の実現」を、諸手を挙げて、賛美したことだろう。

 ただ、最近、私は、思っていることがある・・・

 地震情報などでも、「早く知らせる」ことが、果たして良いことなのか?

 その判断が、100%正しければ、確かに、非常に有益な情報である。

 だが・・・

 確度が低く、あまり"信用性のないもの"なら、どうなのだろう?

 そんな情報に、振り回されることにより、人々は、心配に陥り、

 パニックを起こしてしまい、余計な心労を、負うことになってしまう。

 「オオカミ少年」を例に出すまでもなく、それなら「知らぬが仏」を選ぶ。

 医療の世界も、もちろん例外ではない・・・

 「がんの余命宣告」。いつから、こんな"占い"みたいなことされているの。

 当てにならない"占い"によって、患者を含めて、どれだけの人が苦しむのか。

 実際、医者は、どのくらいの確率で、当てられるのかね。聞いてみたいよ。

 まさに・・・

 患者を1人の人間じゃなく、材料として見ないと、出てこないよこんな発想。

 仏でも、神でもないのに、人間の命を、予知しちゃうんだからね、傲慢だよ。

 こんな当てにならない「余命宣告」によって・・・

 患者は、「抗がん剤治療」「放射線治療」など、"この世の地獄"を、味わう。

 「闘病」と言えば格好良いが、ただ単に、医者が、材料を調理しているだけ。

 治療方法を、"レシピ"に、置き換えれば、分かりやすいと、思う。

 患者は"この世の地獄"から、生還出来れば良いが、その保証は、何もない。

 まるで・・・

 医者の「余命宣告」と、患者の「命」を、引き換えにしたようなものだ。

 だから、材料が、腐ったり、消費期限切れになれば、医者は、捨てるだけ。

 もし、「余命宣告」を、聞かされなかったら・・・

 患者は、自分の思い通り、もっと楽しく、暮らせたかも知れないのに。

 早期発見された「がん細胞」にしても、"自然消滅"の可能性だってある。

 昔だったら、見つからない物が見つかり、却って、生きにくくなっている。

 皮肉なものである。「医学の進歩」が、人を、生きにくくさせている現実。

 少し本題とは、ずれてしまいましたが・・・

 何でもかんでも「早期判断」の傾向に、一言、物申したくて、書きました。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.