毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「味覚障害」の陰に「辛味」ありってメカニズム


 寒くなってきましたねぇ〜、札幌も、雪が、チラホラ舞いだして来ました。

 気温が下がってくると、体にも変調が…。それも"一つのサイン"ですよ。

 貴方も、直ぐに、対処療法じゃなく、"サインの意味"も、考えて下さいね。

 ここで、唐突ですが・・・

 私が見つけた「芸能界の法則・その1」

 『"ラブラブ記者会見"をするカップルは、その後、"離婚"する』

 例を挙げると(ほんの少しですが)・・・

 松田聖子、三原順子、高岡早紀…。う〜ん、枚挙に暇がないですなぁ〜。

 理由はカンタン。「記者会見の時が最高潮で、後は、落ちる一方だから」

 でも、考えてみると・・・

 これは、芸能界だけじゃないかも。一般人でも、いますねぇ〜。

 結婚式で、羽目を外し過ぎている方々。あらぁ〜貴方もお気を付け遊ばせ。

 ここで、一息、コーヒー(お茶でも可)ブレイクに、しましょう。

 こんな人、貴方の周りに、いませんか・・・
───────────────────────────────────
 「未だに、"My七味"を、持ち歩いているヤツ」

 「ラーメン屋で、"コショー"を、1本使うヤツ(または大量に)」

 「カレー屋で、常に、その店で"一番の激辛"を、食うヤツ」

 「中華料理屋で、どんな料理にでも、"ラー油"を、大量にかけるヤツ」

 「パスタ屋で、どんなパスタにも、"タバスコ"を、大量にかけるヤツ」
───────────────────────────────────
                などなど、いますねぇ〜。こんなヤツら
───────────────────────────────────

 こんなヤツらは・・・

 職人が手間暇かけ作り上げた「料理の味」を、どう思っているのでしょう?

 「味」というのは・・・

 「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」の5つが醸し出すものです。

 この5つの味を、人間は、『味覚』で、感じることに、なります。

 『味覚』を、感じる器官が、舌にあるボツボツした突起物『味蕾』です。

 この『味蕾』が、味覚信号をキャッチし、脳に伝え、味を感じられます。

 この『味蕾』では、絶えず、「味覚細胞」が、作られています。

 ところが、ミネラルの一種である「亜鉛」が、不足すると・・・

 新陳代謝が滞り、新しい「味覚細胞」が、作られにくくなると言われてます。

 これが、「味覚障害」の一因であると。けど、コレだけじゃないでしょう。

 そこで、"冒頭"に戻るのです・・・

 貴方は、もう気付きましたか? 5つの味の中に、ない"何か"を??

 そう! 5つの味の中にないものとは、「辛味」ですね。

 それでは、何故、「辛味」が、この中に、入っていないのでしょう???

 その理由とは・・・

 『味覚』を感じる器官『味蕾』が、「辛味」に対して、全く反応しないから。

 貴方もご存じの通り・・・

 「辛味」の代表と言えば、トウガラシに含まれている「カプサイシン」です。
───────────────────────────────────
 「カプサイシン」= "痛覚神経"(痛いと感じる神経)を、刺激する。
                ↓
           つまり、口の中の粘膜にある"痛覚神経"を軽く刺激
                    ↓
              「辛味」を感じることが、出来る
                ↓
      ゆえに、激辛料理を、食べ過ぎる = 「辛味」を感じるより、
                         口の中が、痛くなる。
                             ↓
      それだけじゃなく、痛みの刺激により→ 血管が開いてしまう。
                             ↓
          充血が起こり、その熱さから、水を欲するようになる。
───────────────────────────────────
*「カプサイシン」以外の「辛味」成分でも、メカニズムは、変わりません。
───────────────────────────────────

 鶏が先か卵が先か(適度な「辛味」は料理の良いスパイスですが)・・・

 私には、分かりませんが、「味覚障害」の一因は、この「辛味」です。

 何故なら、上記のメカニズムから、判明したように、

 「辛味」は、『味蕾』と関係のないところで、感じられています。

 だから、「味覚障害」になった人は、「辛味」に助けを、求めるのです。

 一方、「辛味」を求め過ぎたから、「味覚障害」になったとも、言えます。

 結果・・・

 貴方の周りの"こんなヤツら"は、「味覚障害」が、大いに疑われるのです。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.