毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「化学調味料」に隠された都市伝説とは!?


 ついに、ささやかな「幸福」が、私にも、やって参りました(^^)。

 本当に、"ささやかな"ので、書くのも、おこがましいのですが、

 TVCMにて、小泉孝太郎とベッキーが、飛び跳ねている脳天気なヤツ…。

 そう!カルビーのキャンペーンで、「トートバッグ」が、当たりました!!

 まぁ、10万人という大人数なので、当たる確率は、高かったのですが…。

 それにしても・・・

 嬉しいもんですねぇ〜。図柄も、一番カルビーらしい「エビ」のヤツです。

 丁度、MYBAGもくたびれたので、今後「エビ」を連れて、買い物に行けます。

 こういう"ささやかな"「幸福」が、明日への原動力ですねぇ〜(大げさか)。

 ところで、いささか腹が減ってきましたねぇ〜・・・

 私の住んでいるサッポロと言えば、「ラーメン」ですよね。

 郷土食とも言えるその「ラーメン」の悪口は、書きたくないのですが、

 今回は、少し、その"暗部"に、焦点を、当ててみたいと、思います。

 その「ラーメン」と言えば、真っ先に浮かぶのが、「ラーメン横町」。

 貴方も、ご存じの通り・・・

 この「ラーメン横町」は、ススキノという東京以北最大の歓楽街にあります。

 ゆえに、「ラーメン横町」のお客さんは、酔客が、90%以上を、占めます。

 昔は、ほとんど、道内出身の店主でしたが、最近は、道外者もいるようです。

 今は・・・

 札幌駅前にある「ラーメン共和国」に、少々人気をさらわれましたが、

 それでも、未だに、観光客には、絶大の人気を、誇っております。

 現在では、日本のみならず、台湾や韓国からも、多く訪れる様になりました。

 この「ラーメン横町」から少し離れたススキノで・・・

 ある「ラーメン屋」が、開業しました。その店の売りは「無添加」。

 何を「無添加」かというと、「化学調味料」を「無添加」ということ。

 中華料理の影響もあり・・・

 「化学調味料」を、最近では、「うま味調味料」と言うところも増えました。

 しかし、どちらにしても、中身は、「グルタミン酸ナトリウム」です。

 一般的には、「味の素」などが、有名ですね。貴方も、使っていますか?

 そう! 今から、40年以上も前・・・

 「味の素」が、一般家庭に普及し出すと、今で言う"都市伝説"のごとくに、

 「味の素(グルタミン酸ナトリウム)を摂ると、"頭が良くなる"」なんて事が、

 至る所で、まことしやかに、囁かれていた(もちろん、私の母も言っていた)。

 今、考えると、"副作用こそアレ"、そんな事、あり得ないことなのにねぇ〜。

 何故、「化学調味料」が、普及したかというと・・・

 手間や時間をかけずに、手軽に、「ダシをとったような濃い味」が、出せる。

 この特徴が、一般家庭のみならず、飲食店などでも広く普及した理由だろう。

 飲食店、特に、「ラーメン屋」などでは、"時間との戦い"を、強いられる。

 「化学調味料」を使えば、時間を節約出来る上、"均一の味"も、出せる。

 まさに・・・

 「ラーメン屋」にとって、「化学調味料」は"打ち出の小槌"だったのである。

 しかも・・・
───────────────────────────────────
 "均一の味"を出せるということに、着目すると、
     ↓
 もし、"チェーン展開"させようと思ったら、
 そのチェーン独自の「化学調味料」を、作り、使用する。
            ↓
 その上、ラーメンや材料なども、フリーズドライなどを利用し、
 均一のものを、提供出来れば、全国どこでも、「同じ味」が提供可能。
 (実際は、同じものを使っても、作り方で、変わってくるのだが…)
            ↓
 システムさえ確立出来れば、全国に、"チェーン展開化"が、容易になる。
            ↓
 余禄(余分の所得)として、有名チェーンになると・・・
            ↓
 最近、流行の「コンビニ・カップ麺化」が、実現する。
───────────────────────────────────
 よって、次のような"図式"が成り立つ。
───────────────────────────────────
 「全国チェーンのラーメン」=「カップ麺」= "均一の味"を目指している
───────────────────────────────────

 貴方も、おそらく、"上記の図式"には、異論がないと、思う。

 チョッと、話は飛んでしまったが・・・

 くだんの「ラーメン店主」、当初は、勢い込んで、「無添加ラーメン」を、

 毎日、作っていました。それなりに、客も、入っていたようです。

 ところが・・・

 ある日、噂を聞きつけ、「ラーメン○行」なる評論家が、現れました。

 この男は、「ラーメンの評価」を、生業にしている男であり、

 札幌を中心として、道内では、知らない人がいないほどの有名人である。

 しかし・・・

 評価を巡っては、裏で、金銭などが動いているという噂も、耳に入るが…。

 そうとは知らない・・・

 くだんの「ラーメン店主」は、この時とばかりに、一生懸命張り切りました。

 だが、この「ラーメン○行」が、最終的に、下した裁定は、

 「味が薄過ぎて話にならない。修業をやり直した方が良い」との非情なもの。

 この裁定が、地元誌に掲載されたことにより、客は、激減しました。

 当然、この店主は、悩みます。一度は、店をたたもうとも、思いました。

 けれど・・・

 彼は、もう一度だけ、「ラーメン○行」に、挑戦状を、叩き付けました。

 破れかぶれになった店主が行ったのは、自分の主義「無添加」を捨てること。

 今度は・・・

 山盛りになった「化学調味料」を、これでもかという程に、

 自分の命とも言える「ラーメンスープ」の中に、ぶち込みました。

 しかして、今回の「ラーメン○行」裁定は、如何に・・・

 「前回とは大きく異なり、味にコクが出て、最高の味わいである」

 と、予想に反して、"極上の評価"を、勝ち取ったのでありました。

 当然、店は賑わっていますが、今でも、店主の顔は、浮かないものです。

 実は、この店だけじゃなく、ススキノのほとんどの「ラーメン屋」は、

 「化学調味料」を、これでもかという程、ゴッテリ使っています。

 何故なら・・・

 前出のように、ススキノでは、90%以上が"酔客"という事情が絡むのです。

 大体の酔客が、"締めの一品"として、「ラーメン」を選択することでしょう。

 私も、当然、"のんべい"ですから、"アルコール"をたらふく飲んでから、

 「ラーメン屋」に、行くことになります。この"アルコール"が、問題です。

 "アルコール"によって・・・

 麻痺させられた舌は、「淡い味」を、感じられなくなってしまいます。

 必然的に、味覚は、「濃い味」を、求めることに、なってしまいます。

 おそらく、自分が普段求めているより、ずっと「濃い味」を。

 よって・・・

 酔客相手のススキノでは、「濃い味」しか、受け入れられないのです。

 結果・・・

 「濃い味」=「化学調味料」が、店の浮沈を、握っているのです。

 試しに、今度・・・

 ススキノや他の「ラーメン屋」でも、作っている後ろの棚を、ご注目下さい。

 これ見よがしに、"一斗缶"が、並べられているところが、あるでしょう。

 その缶を、良く見ると、「協○醗酵・グルタミン酸ナトリウム」などと、

 表記されています。これらは、全て「化学調味料」の残骸達です。

 "一斗缶"が多ければ、多いほど・・・

 その「ラーメン屋」は、より多くの「化学調味料」を使っている証拠です。

 おそらく・・・

 一般の客は、分からないと思って、"一斗缶"を、置いてあるのでしょう。

 今度それらを見つけたら、「バカにするなよ!」と言ってあげましょう(^^)。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.