毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
げに怖ろしきは行政の手抜き体質〜保健所編


 少し遅くなりましたが、あけまして、おめでとうございます。

 ただ・・・

 最近は、「正月」と言えども、季節感が、無くなってきた気がする。

 一言でいうと「始まりも、締まりも、ない」のである。

 何となく、1年が始まり、1年が終わってしまう。そんな現代日本だ。

 こんなダラダラした雰囲気が、人々の生活に、悪影響を及ぼさない訳がない。

 しかも、「正月」から・・・

 強欲な商業主義の犠牲になって、働かされているのは、パートの人達が主だ。

 こういった弱者にしわ寄せが行っている上で、成り立っているのが今の有様。

 日本は・・・

 一部の特権階級だけが、富を得て、楽をする国に、成り下がってしまった。

 しかも、庶民から、生活の糧である季節感も、奪い取ってしまっている。

 経済を最優先させ、粋の集大成である文化を、蔑ろにする国が、現代日本。

 だから、現代日本は、どこの国からも尊敬されず、蔑まれているのだ。

 どうも「正月」早々、怒りが爆発してしまい、ごめんなさい(^^;)。

 それはそうと、「医療関連」で、気になったニュースが・・・

 全国的に多いそうだが、北海道内でも、現在、「インフルエンザ」と、

 「ノロウィルス」が原因の感染性胃腸炎の流行が、続いている。

 例年に比べて、多い少ないが、何故、分かるか? それは・・・
───────────────────────────────────
 国立感染症研究所感染症情報センター(IDSC/東京)
 http://idsc.nih.go.jp/index-j.html

 において、全国の"定点医療機関"の情報を基に「14の感染症」について、
───────────────────────────────────
 ●大流行が疑われる場合 = 警報レベル

 ▲4週間以内に大流行がある場合 = 注意報レベル
───────────────────────────────────
             ↓
 ●▲それぞれのレベルに達していることを、「保健所」に、情報提供
                       ↓
                     警報や注意報を、発令する。
                       ↓
       ただし、警報や注意報などの発令を、住民に、どう伝えるかは、
       各保健所の判断に、委ねられている。
               ↓
    だから、どうしても、対応が、バラバラに、なってしまいがち。
               ↓
───────────────────────────────────
 今回も・・・
───────────────────────────────────
 道立26保健所は、「インフルエンザ」の警報や注意報は、報道機関を通じ、
 住民に知らせているが、「感染性胃腸炎」については、各保健所のHPに、
 掲載しただけで、住民には、知らせていなかった。
             ↓
    住民としては、どちらも、知らせて欲しかったという声も、多い。
───────────────────────────────────
 "言い分"としては・・・
───────────────────────────────────
 ■定点医療機関からの報告数が、増えているからと言って、その地域に、
  蔓延しているとは、限らない。
───────────────────────────────────
 (拓コメント)でも、蔓延している可能性も、あるんですよね。
───────────────────────────────────
 ■流行期前に、注意を、喚起している。
───────────────────────────────────
 (拓コメント)人間というのは、直ぐに、忘れる動物ですからねぇ〜。    
───────────────────────────────────
 *上記「14の感染症」とは?
───────────────────────────────────
  01.腸管出血性大腸菌感染症(O−157)

  02.オウム病

  03.つつが虫病

  04.高病原性鳥インフルエンザ

  05.咽頭結膜炎(プール熱)

  06.感染性胃腸炎(腸炎ビブリオ、サルモネラ、病原大腸菌、
           カンピロバクター、ロタウィルス、ノロウィルス)

  07.手足口病

  08.伝染性紅斑(リンゴ病)

  09.突発性発疹

  10.風疹(三日はしか)

  11.ヘルパンギーナ

  12.麻疹(はしか)

  13.流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)

  14.インフルエンザ
───────────────────────────────────

 "言い分"が"言い分"に、なっていないことは、確かだ。

 おそらく、行政としては・・・

 「インフルエンザ」と「感染性胃腸炎」を、比較して、

 より影響力のある「インフルエンザ」を、優先したのでしょう。

 行政というものは、面倒くさいことを、"端折る性質"が、ありますから。

 "何かが出た"時点で、対策を取っても、遅くないと、判断したのでしょう。

 誠に、怖ろしい体質ですが、これが、"現状"と見て、間違いはありません。

 だから・・・

 行政など、当てにせず、自分から、積極的に、情報を、得る必要があります。

 特に、老人が多い施設で、働いておられる方は、尚更、この姿勢が肝要です。

 日本人は・・・

 御上(行政)のお達しを、待ち過ぎです。どれだけ、痛い目を、見ました?

 もうそろそろ、覚るべき時に、来ているのでは、ないでしょうか。

 ゆえに・・・

 ネットなどを、充分に活用し、「自分のための情報収集」に、励んで下さい。

 それから・・・

 行政も偉そうにしている場合では、ありません。貴方達は、"公僕"です。

 その意味を、充分に、理解して、せめて、給料分だけでも、働いて下さい。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.