毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
アイデア最高、質は最低の医薬品とは?


 いやぁ〜、札幌も、今日は、冷え込みましたよ(>_<)。

 近くにある大型の温度計が、「−10.1」を、表示していました。

 いつもは、気温より低いはずの路温(路面温度)が、「−8.9」。

 完全に、今日は、逆転していました。でも、不思議なもんですよね。

 冬に入り立ての頃は、マイナスになっただけで、寒く感じていました。

 それが・・・

 1月ともなると、体が、段々、順応してくるんですねぇ〜。

 「人類の体の適応力」というものは、大したもんです、いや、本当に。

 だから・・・

 地球上の動物で、一番、「広範囲」で、暮らして行けるんですね。

 そんな愛おしい体を、いたわってやりたくなった今日この頃です。

 でも、やっぱりそんな体でも、ある程度の"変調"は、ございます。

 寒さに耐えるためには、やはり、無理するところが、出てくるはずです。

 例えば・・・

 手などに出来る「ひび・あかぎれ」の類も、その一つと言えるでしょう。

 本当であれば、それは、"何かのサイン"であるから、

 それらをきちんと読み取らなければ、「真の解決」には、繋がらないのです。

 しかし・・・

 目の前にある痛みやかゆさに、屈して、"対処療法"に、走ってしまいます。

 それは、決して、私とて、例外では、ありません。

 私の場合、ほとんど「ひび・あかぎれ」は、右手親指の付け根に、出来ます。

 右手は、利き手なので、何をするにも、主に、活用されます。

 貴方も同じだと思うのですが、特に、水仕事の時は、つらいですよねぇ〜。

 私は、独り暮らしなので、どうしても、水仕事からは、解放されません。

 今までの"対処療法"としては・・・

 絆創膏を貼ったり、ハンドクリームを塗ったりという感じでした。

 まぁ、誠に、ごく一般的な"対処療法"だと、思います。

 でも、絆創膏は直ぐに剥がれるし、ハンドクリームも、即効性はない。

 こんな状態の中、ついこの前、テレビのスイッチを、ひねった時です。

 その画面に出ていたのは、「ハケで塗る ばんそうこう」。

 名称は『サカ○ケア』。小○製薬は、いつもユニークなネーミングをします。

 まさに、私の求めていたのは、コレだ!と、思わず、膝を打ちました。

 放映後、数日は、放っておきましたが、たまたま、ドラッグストアに、

 寄る機会が、訪れました。私の目は、ついつい『サカ○ケア』を探しに。

 けれど・・・

 液体が、たった10gしか入っていないのに、800円超ですよぉー!!

 安価が売り物のドラッグストアで、この価格ですから、他のところでは…。

 しばしの間、私は、迷いましたが、ついに、意を決して、買うことに。

 早速、自宅に戻り、この「液体ばんそうこう」を、試してみました。

 うぅっ…。フタを開けた途端、充満するこの"ニオイ"は???

 ?マーク、3つなど必要ありません。直ぐに、この"ニオイ"の正体は判明。

 しかして、"ニオイ"の正体は・・・

 まさしく「セメダイン」や「ボンド」の類で、あります。

 添付されている説明書には、こう記されています(+私の説明)。
───────────────────────────────────
 〔成分・分量〕(100g中)→でも、製品は10gだぞ!
───────────────────────────────────
 ●ピロキシリン 12g 皮膜を作り、患部をおおう
───────────────────────────────────
  (+私の説明)
───────────────────────────────────
  別名を、ニトロセルロースと呼ぶ。下記の溶剤を混ぜることにより、
  粘り気のある液体になり、傷口などに塗ると、"耐水性の被膜"を作る。
───────────────────────────────────
 〔添加物として〕
───────────────────────────────────
  ・トコフェロール酢酸エステル
───────────────────────────────────
   合成ビタミンEのこと。皮膚に対して、末梢血管拡張作用で、血行を
   促進することにより、肌荒れを防止する。つまり、肌荒れ防止成分。
───────────────────────────────────
  ・パルミチン酸イソプロピル
  ・酢酸エチル
  ・エタノール
───────────────────────────────────
   上記の3物質は、「セメダイン」を作るための溶剤
───────────────────────────────────

 かろうじて・・・

 「医薬品」の呈をなしているのは、"トコフェロール酢酸エステル"くらい。

 あとは、「医薬品」というよりは、「工業製品」ですな、全く。

 それならば・・・

 "液体セメダイン"と、"トコフェロール酢酸エステル"を、買ってきて、

 自分で、混合すれば、もっともっと安価に、作れるのでは?と思った次第。

 確かに・・・

 絆創膏を貼らなくても良いが、それほど、効果が長続きする訳ではない。

 まして、"トコフェロール酢酸エステル"が、雀の涙ほど入っているところで、

 そんなものが、肌の改善になど、役立たないことは、明白である。

 しかも・・・

 何と言っても、「セメダイン」だから、1日くらい経つと、

 ポロポロポロポロと、皮膜が、剥がれ出して、汚く見える。

 男性の無骨な手ならば良いが、女性の手には、オススメ出来ない。

 上記のような結果から、コストパフォーマンスは、決して、高くない。

 もし、興味のある貴方は、自分で、調合した方が、良いかも知れない。

 昔から(私がMRの頃も=20年以上前)・・・

 小○製薬さんは、"アイデアは良いけど、質がイマイチ"と、言われていた。

 未だに、その"伝統"を引き継いでいるのだなぁ〜と、再認識しました。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.