毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
野鳥の死骸は"緊急シグナル"
〜オオハクチョウからH5N1



 「食べ残しを使い回す」というのは、どう考えても、"女の人"の発想。

 そう考えると、実際に指示したのが誰で、犯人が誰かも分かるだろうにね。

 嗚呼、それなのにそれなのに・・・

 折角の再出発にあたって、店名と真逆な「元凶」を、残してしまった。

 あの"ささやき"を、排除しなければ、店の再生は、あり得ないよ。

 それにしても、女性は、権力を握ると、どうして「怪獣顔」に変身(^^)。

 サッチーしかり、セッチーしかり、"ささやき"も、ご多分に洩れないよね。

「怪獣」じゃないけど・・・

 出てしまったよねぇ〜。オオハクチョウから「鳥インフルエンザ」がね。

 最初は、秋田県小坂町十和田湖畔から、二番目は、別海町の野付半島から。

 二番目は、我が北海道から、初めての"野鳥"感染例の報告だという。

 しかも、その後の検査(両方とも死骸)で・・・

 この2件とも、「高病原性(強毒性)H5N1」で、あることが、判明した。
              ↓
 H5N1の意味とは? http://www.unlimit517.co.jp/medi67.htm
───────────────────────────────────
 チョッと可哀想なのは・・・
───────────────────────────────────
 「高病原性(強毒性)」だと判定される過程で、
───────────────────────────────────
 オオハクチョウから検出したウィルス → 鶏8羽に接種
                       ↓
       「高病原性(強毒性)」=10日以内に6羽以上死亡
───────────────────────────────────
 *今回の秋田の例では、1日目にして、7羽が死亡したとのことである。
───────────────────────────────────
 でも、何れにしても、鶏が犠牲になる…。幾ら「鳥インフルエンザ」の解明
 のためとは言え、チョッと、ブルーになってしまうよなぁ〜、本当に。 
───────────────────────────────────

 高病原性(強毒性)ウィルスだけあって、H5N1型に、鶏などが感染すると、

 全身出血などの激しい症状を呈した後に、100%近い致死率である。

 2003年以降は・・・

 中国、ベトナム、インドネシアなどを中心に、アジアの家禽に、まん延。

 現在では、世界の61ヵ国で、「高病原性(強毒性)H5N1」を確認。

 散発的ではあるが、「人にも感染」。既に、12ヵ国で240人が犠牲に。

 今回の日本での"野鳥"感染例は・・・

 昨年の3月、熊本県で見つかった野生の"クマタカ"以来であるとのこと。

 こんな状況にも関わらず、専門家は、早々に、「人間には感染しない」と、

 マスコミに対して、コメントしている。本当に、大丈夫だと、言い切れる?

 現に、「高病原性(強毒性)H5N1」で、240人が犠牲になっています。

 どうも、"国民の心配"というよりは・・・

 養鶏業者や観光業者など鶏に関係する職業に、より配慮したものだと感じる。

 まぁ、「風評被害」を食い止めたいという気持ちは、理解出来るが、

 それにしても、厚労省共々、安易に「安全宣言」を、出して欲しくはない。

 それらも踏まえて、私が今回一番気になったのは・・・

 秋田のオオハクチョウから、H5N1が検出されたのは、偶然だったのか?

 それとも、普段から、野鳥の死骸などを、きちんと検査していたのか??

 そのどちらだったのかということが、今現在も、とても気になっています。

 こんな例があったそうです・・・

 別海町で、「鳥インフルエンザ」の陽性反応が出たオオハクチョウの死骸。

 実は、そのまま、検査されずに、焼却処分される寸前だったそうです。

 たまたま、燃えるゴミの収集日に出し忘れて、残っていたとのことでした。

 もう一つの例として、これまで・・・

 H5N1は、京都、大阪、宮崎など、西日本で、検出されていました。

 感染源は、「朝鮮半島や中国からの渡り鳥」と、見られていたそうです。

 そのため、2004年度から、環境省で行っていたある調査、

 「渡り鳥などのウィルス保有」に関するものも、近畿以西が、中心だった。

 しかし、今回のオオハクチョウは・・・

 秋に、シベリアから越冬で、日本に渡り、翌春、シベリアに戻る飛来ルート。

 初めて、秋田、北海道などの北日本で、H5N1が、確認されました。

 ある専門家によると、次のように見ている・・・

 シベリアや中国東北部から、飛来したカモなどが、ウィルスを保有し、

 北へ戻る途中に、同じ池や湖で、休んだハクチョウに、感染したのでは?と

 何故なら・・・

 ハクチョウは、カモより、ウィルスへの感染力が、弱いために、もし、

 日本に来る前に、感染したのなら、もっと早く死んでいるからだそうです。

 感染しなかったオオハクチョウ達は、既に、シベリアに戻っています。

 コレらから推測されることは・・・

 特に何の疑いもない野鳥の死骸は、そのまま、焼却処分されるということ。

 だったら、秋田の件も、偶然だった可能性が、高いのでは?と思われます。

 そうであれば、普段は、野鳥を野放しにしていたという事実に、至ります。

 生きている野鳥は、それで良いとしても、死骸を蔑ろにしては、いけません。

 だから・・・
───────────────────────────────────
 ●全羽は、無理にしても、野鳥の死骸を、サンプリングして、
  「検査」することは、可能だったのではないでしょうか?

 ●死骸だけじゃなく、糞なども、サンプリングして「検査」する必要がある。
───────────────────────────────────

 たまたま見つかったから、良かったけど、もっとまん延してから、

 見つかったら、どうするんですか? 行政の怠慢は、免れませんよ。

 日本では、昔からの悪い伝統で、「何事か起こってから動きます」よね。

 そこには、「予防」だとか、「再発防止」の意識が薄いのを、感じます。

 だから、今回の件でも露呈したように、行き当たりばったりの対応です。

 こと「鳥インフルエンザ」に関しては・・・

 日本だけの問題ではない。世界の重要課題。もっと真剣に取り組むべきです。

 ゆえに、今回の件をきっかけに、●の対策を、実行しなければなりません。

 私達が出来る対策としては・・・
───────────────────────────────────
 ■野鳥やその糞、死骸などに、直接触れない(子供に注意を忘れずに)。
  もし、触れた場合は、直ぐに、手を洗う。

 ■野鳥の死骸を見つけた場合は、役所の自然環境課などに、連絡する。
  自分で処理しなければならない時は、絶対に、素手で触らずに、
  ビニール袋などを用意し、それで包み込むようにし、中に入れる。
  その死骸は、燃えるゴミと一緒に出し、焼却処分してもらう。

 ■専門家の意見を全て鵜呑みにせず、自分でも、情報収集を、行う。
───────────────────────────────────

 何れにしても、パニックにならず、冷静に、判断行動して下さいますよう。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.