毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
死んだ時にも「Ai」が必要だ!


 相変わらず、マスコミは、「バカな比較」を、しているねぇ〜ホント。

 未だに、「動物などを対象」に、地震予知をしている中国に対して、

 日本は、「最新の緊急地震速報システム」を、科学の粋を集めて、稼働。

 その「自慢のシステム」って・・・

 この前、起きた地震の時、きちんと作動しなかったのじゃなかったっけ?

 意味ないじゃない、いくら、科学の粋を集めたって、実際、動かないのじゃ。

 それよりも・・・
───────────────────────────────────
 ●数十万匹のヒキガエルが、一斉に、移動した。

 ●クジャクが、羽を広げて、飛んだ。

 ●じっとしていたカメが、活発に、動き出した。

 ●ヘビが、冬眠から、目覚めた。

 ●馬の異常ないななきが、聞こえた。

 ●ニワトリが、飛んだ。

 ●ブタが、塀を、よじ登った。

 ●大量のネズミが、発生した。
───────────────────────────────────

 以上のような人間よりも、地震の関して、ずっと敏感な動物の情報を、

 集める方が、ずっと確実な予知に、なるんじゃないの?実際にはさぁ。

 いつも言うように、科学の全ては、否定しないけど、どうなんだろう、

 科学の進歩って、本当に、人類を、幸福にしてきたのだろうか?

 最近、とみに思うよ。特に、マスコミの「科学万能」の報を、聞く度にね。

 そう言えば、昨日・・・

 今、これもマスコミで話題になっている「相棒〜劇場版」を、見てきました。

 内容については、詳しく書けませんが、大きくは「2つのアンチテーゼ」。

 「1つのアンチテーゼ(反対命題)」= 世の中、特に、政治に対するもの。

 「もう1つのアンチテーゼ」   = ある意味、自分達に対する"刃"。

 もし、ご興味があれば、是非、ご覧下さい。貴方に、迫ってきますよ!

 刑事ドラマに付きものなのが「司法解剖」・・・

 貴方は、「監察医制度」というのを、聞いたことが、ありますか?

 「監察医」というのは、"法律"に基づき、「行政解剖」を行う医師。

 "法律"というのは・・・
───────────────────────────────────
 死体解剖保存法 第8条
───────────────────────────────────
 "特定の地域"の都道府県知事は、域内における伝染病・中毒・災害により、
 死亡した疑いのある死体、死因が判明しない死体について、死因を明らかに
 するため監察医を置き、検案・解剖させることができる。

 但し、変死体・変死の疑がある死体については、刑事訴訟法第229条の規定
 によって、検視の前に検案・解剖することはできない。
───────────────────────────────────
 *"特定の地域"=東京23区内、大阪市、名古屋市、横浜市、神戸市
───────────────────────────────────
 *変死体・変死の疑がある死体(犯罪性も考えられる)については、
  前記「司法解剖」案件として、刑事訴訟法第229条により規定される。
───────────────────────────────────

 実は、「監察医制度」は、上記の"5ヵ所"にしか、存在しないのである。

 「監察医(法医学の専門家)」だって、この地域に、150名くらいだけ。

 それじゃ、他の地域じゃ、どうなっているんだろうって、考えますよね。
───────────────────────────────────
 警察庁が、2004年度に発表している変死体 = 136、092体

       この内、「司法解剖」された死体 = 4,969体(3.7%)

明らかに、「犯罪」によると見られる死体 = 1,528体(1.1%)

 「犯罪」によるものではないかと疑われる死体 = 12,448体(9.1%)
───────────────────────────────────
 *約6割もの死体が「犯罪」を疑われても、「司法解剖」されていません。
───────────────────────────────────

 全国で、「司法解剖」に回される死体は、わずか4%程度でしかありません。

 これとて、分母(136、092体)が、現場の警察官の判断により、

 あやふやなものに、されているとすれば、もっと確率は、少なくなります。

 「監察医制度」のない地域であれば、尚更、現場の判断が、比重を占めます。

 例え、「監察医制度」がある地域でも、現在のような状況であれば、

 なかなか「行政解剖」までも、手が回らないのが、実状じゃないでしょうか。

 あるテレビ番組で、何百万部のヒットになった・・・

 「チーム・バチスタの栄光」を書いたあの海堂尊氏が、嘆いていました。
 http://www.1nego.com/file/ib356.html

 彼は、現役の医師でもあり、ご自身の専門は、「病理学」だそうですね。

 そのご専門も踏まえて、海堂氏は・・・

 「死亡時画像診断(Ai:Autopsy Imaging)」の早期拡大を、望んでいました。

 「死亡時画像診断」とは・・・
───────────────────────────────────
 CTやMRIなどによって、撮影された「死後画像」により、死体に、
 どのような"器質的変化"を生じているのかを、診断することによって、
 「死亡時の病態把握」「死因の究明」などを行うシステムである。
───────────────────────────────────
 *"器質的変化"=組織や細胞が、元の形態に、戻らないような変化
───────────────────────────────────

 海堂氏曰く・・・

 「監察医」や「解剖医」を、今すぐ、増やすよりも、経費がかからずに、

 「死因の究明」や「死因の特定」に、役立てることが、出来るとしている。

 また、CTやMRIなどの装置も、普及しつつある事も後押しするだろう。

 もう一つの導入理由としては・・・

 日本独自の「火葬」という死体の"埋葬方法"にも、起因するものがある。

 それこそ、「火葬」してしまったら、幾ら、疑わしいことが、出て来ても、

 "死体に口なし(体なし)"で、既に、証拠は、残っていないのである。

 出来るとすれば、「DNA鑑定」くらいしか、手がなくなっている。

 その「DNA鑑定」にしても、限界があり、それ以上の究明は、無理だ。

 だからこそ、「死亡時画像診断(Ai)」の導入が、不可欠なのである。

 上記のような変死や犯罪に関わる死じゃなくても・・・

 病院で死亡する、いわゆる「病死」にしたって、疑わしいものが、ある。

 だからこそ、全国各地で、数多くの「医療訴訟」も、起きているのである。

 その際に、もし、「死亡時画像診断(Ai)」の資料が、存在すれば?

 より、真実が明らかにされるケースが、増えるのではないかと、思います。

 けれど・・・

 その真実を隠したいと思う病院や医師が、「死亡時画像診断(Ai)」に、

 本当に、応じる用意があるのかは、現状では、いささか、疑問である。

 また、遺族側にも・・・

 もう少し、「死亡時画像診断(Ai)」の存在を、知らしめる必要もあるだろう。

 知らないからこそ、死亡時画像[病理]診断に、承諾出来ない事もあるのだ。

 何れにしても、これ以上・・・

 訳の分からないままで、あの世へ、旅立つ人達を、増やしてはならない。

 又、犯罪者(特に殺人)にとって、この世が、「天国」であってはならない。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.