毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
患者ならば「がん治療」は受けるべきなのか?


 洞爺湖サミットの話題にもなったように、世の中「エコロジー」ブームだ。

 ご多分にもれず、私も、2年くらい前から、「レジ袋」は、極力避け、

 「マイバッグ」の持参を、心掛けている。今では、それが普通の感じである。

 けれど・・・

 ゴミの方は、一向に減らないのである。特に、「資源ゴミ」とされるヤツ。

 スーパーで売られている「肉」「魚」「惣菜」には、未だに発泡スチロール。

 独り暮らしだと、コンビニなどの弁当を利用することも多く、それからも。

 本来の「燃やせるゴミ」より、これら「資源ゴミ」の方が、圧倒的に多い。

 しかも・・・

 それらは、「資源ゴミ」として回収され、通常なら、「リサイクル」される

 はずだが、処理能力が追い付かず、現状では、全てを生かし切れていない。

 こんな状態の中で、既に、「ゴミの有料化」に、踏み切っている町もある。

 我が札幌市も、現在、検討中ではあるが、「有料化」に踏み切る公算が強い。

 だが、待てよ・・・

 メーカーやスーパー、コンビニなどの業者は、「ゴミ減量」に、本当に、

 取り組んでいるの?「レジ袋」に特化して、目先を誤魔化しているだけ??

 最終的には、消費者が、「ゴミ」を出さなければならないが、これらを、

 売って、利益を得ている業者達が、もっと責任を、持つべきであると思う。

 現状では・・・

 「ゴミ」の責任を、余りにも、消費者に、押し付け過ぎではないだろうか。

 「マイバッグ」が、今では、普通の感じになってきたように、

 「肉」「魚」「惣菜」の発泡スチロールだって、無くすことが可能なはず。

 だって、一昔前は、それが当たり前だったんですから。やれるはずですよ。

 世の中も変われば、消費者のニーズも変わる。業者も、消費者に、

 おもねってばかりいないで、きちんとした対策を立て、社会に貢献すべき。

 従って・・・

 「ゴミ問題」は、業者と消費者の共同作業で、"減量化"を図るべきです。

 消費者ばかりに負担を追わせるのは、チョッと、筋が違うんじゃないんかい。

 『治療しない』という選択肢も・・・
───────────────────────────────────
 がんは、「早期発見」し、「早期治療」をする、これが"現代医学の常識"。

 "将来"のためには、現在の生活をなげうち、「闘病生活」に、入るべし。
───────────────────────────────────
 患者に対して、有無を言わせぬ、ほとんど、強制的な「がん治療」が、

 現代医学の名の下に、行われている。そこに、選択肢は、無いに等しい。

 私は、別に・・・

 "将来"を見据えて、がんに打ち勝つべく、「闘病生活」に入ることを、

 否定しているのではない。それはそれで、素晴らしい選択であろうと思う。

 ただ、自分は、『治療しない』という選択肢も、残しておいて欲しい。

 何故なら・・・

 "将来"というのは、非常に、「未確定なもの」なのである。分からない。

 だから、その可能性に懸けるのも、一つの選択肢だし、その逆に、

 分からない"将来"に懸けるよりも、今の生活を守るというのも立派な選択肢。

 昨今、話題に出る「インフォームド・コンセント」は、決して、

 患者を説得することではなく、あくまでも、"納得"してもらうということ。

 ゆえに・・・

 医師が、患者の家族を強引に巻き込み、「治療」の方向に、持っていくのは、

 間違いである。医師の方も、一つの選択肢として「治療プラン」を示すべき。

 患者の意識が確かならば、後は、患者自身に、選択を委ねるのが、ベストだ。

 "やり過ぎ"は患者に負担か(胃がんに関して)・・・

 日本国内では、進行性の胃がんの患部と、転移の恐れがある胃の周辺や、

 胃に繋がる血管周辺のリンパ節を、切除する手術が、標準とのことである。

 場合によっては、大動脈周辺まで、切除範囲を拡げるケースも、あるようだ。

 これに疑問を持った国内のがん臨床医グループは・・・
───────────────────────────────────
 1995〜2001年にかけて、
 全国24病院で、胃がん患者523人の同意を得て、臨床試験を、実施。
───────────────────────────────────
 ●標準的な手術を受けた患者(5年後生存率) 69.2%

 ■標準的な手術+大動脈周辺のリンパ節切除(5年後生存率) 70.3%
───────────────────────────────────
 この結果を受けて、研究代表者の笹子三津留兵庫医大教授は・・・
───────────────────────────────────
 「今後は、手術に伴う無益な患者の負担を避けるようになるだろう」
───────────────────────────────────
 *先ず、「5年後生存率」って、言葉が、恐いよねぇ。今までの統計から、
  出ている言葉なんだろうけど、医療の世界では普通に使われている。

  まさに、患者がモルモット感覚であるのが、この一言で分かるよねぇ。
  患者の身体だって、その状態だって、千差万別なのに、数値だけで、
  先を見通してしまっちゃう。医者は、「神様」なんだねぇ、本当。

  数値にこだわれば、●と■で、1.1%違う。これを、変わらない。同じ
  としてしまって、良いのかねぇ。患者によっては、これを大きい差だと取
  るかもしれないよ。

  だから、「無益な患者の負担」と言い切らない方が、良いんじゃないの。
  客観的なデータを示すのが、がん臨床医グループの使命であり、役割。
  後の選択は、患者に任せなきゃダメだよ、無責任な決め付けは御法度。
───────────────────────────────────

 世間的な評判が良い医者ほど、「やり過ぎてしまう」のが、現代医学界。

 そして、患者の選択肢を狭めてしまうのも、自分の腕に自信があるこういう

 「名医」達なのである。「素人は黙ってなさい、私はプロ」だって具合に。

 こんな例もあった・・・

 微熱、倦怠感、急性腎不全などが認められ、「抗がん剤の副作用」の疑いで、

 緊急入院した40代の女性患者。T病院では、直ぐに、"投薬履歴"を確認。
───────────────────────────────────
 一回だけ、投与する予定の「抗がん剤」を、4日連続で、計4回も投与
───────────────────────────────────

 「抗がん剤の副作用」どころか、「抗がん剤の過剰投与」で、強副作用出現。

 当たり前だよなぁ〜、「抗がん剤」って、人間の身体にとっては、異物だし、

 "毒"以外の何物でもない。特に、「抗がん剤」は、"猛毒"に、間違いなし。

 そんな"猛毒"を、4倍も投与されてごらん、当然、身体がおかしくなるよ。

 未だに、「薬」は、神聖なもの・・・

 何て意識、医療関係者の中に、あるんじゃないの。だから、間違えるんだよ。

 「薬」=「毒」という意識でやっていたら、絶対に、間違えるはずないよ。

 患者に対して、「毒を盛る」んだもの、緊張もするし、慎重にもなるはず。

 医療関係者が、良くする言い訳に・・・
───────────────────────────────────
 「医師や看護師などの絶対数が不足しているから、しょうがないんだ」
───────────────────────────────────

 その現状は、私も良く分かっている。けれど、絶対にしてはいけないことが、

 あるはずだ。上記の「抗がん剤」投薬ミスなど、それの最たるものだろう。

 絶対数の問題も、早急に、解決しなければならないが、現場にいる以上、

 ミスの原因を、それに求めてはいけない。それでは、患者が蔑ろになる。

 医療スタッフの貴方にとっては・・・

 多くの患者の一人かも知れないが、患者にとっては、貴方は一人だけ。

 だからこそ、先ず、目の前にいる患者を、大切にしないといけない。

 貴方の心掛け次第で、患者を生かしも、時には、殺しもするのである。

 元MRの私がアドバイスするとしたら・・・

 「薬」=「毒」という認識を、いつも忘れずに、現場に臨んで欲しい。

 前出の女性患者は、現在、重度の合併症で、緊急入院中。意識はあるとの事。

 T病院も、この事態を深く鑑み、「医療事故」として、発表したようだ。

 この患者も、当初は、自分で、「抗がん剤」治療を、選択したのだろうか?

 医師は、その時、「抗がん剤」の恐ろしさを、充分に、伝えたのだろうか?

 どうも・・・

 現代医療は、「がんの治療」ばかりに、目が向き過ぎている気がします。

 「がん細胞をスルーする」=「治療しない」という選択肢にも、もっと目を、

 向けるべきです。元々、がん細胞は、異物ではなく、自分の物なのですから。

 それらを寄って集って・・・

 異物である「抗がん剤」による治療、放射線治療、あるいは、摘除術などに、

 よって、叩こうとします。それらが、がん細胞にだけ、影響を及ぼせば、

 良いのですが、実際には、それ以外の多くである正常な細胞を、破壊し、

 身体に、多大な影響を与えます。一部を叩くために、全部がダメになる事も。

 極端な例になると・・・
───────────────────────────────────
 患者が亡くなっても、「俺は、がん細胞は全て取った。治療は成功」
             などと、ウソぶいている医師も、いるそうです。
───────────────────────────────────

 しかし・・・

 がんに罹ったら、やはり、治療をしようとする人が、世の中の大半でしょう。

 だから、がんと闘うことが美談とされ、マスコミで、取り上げられています。

 北京五輪を前に、「横紋筋肉腫」という・・・

 小児がんの一種で亡くなったバレーの横山友美佳さんもその一人でしょう。

 彼女は、高校2年の時、既に、全日本入りしています。身長も189センチ。

 私の大好きなサオリン(木村沙織選手)は、彼女の一学年先輩だそうです。

 両選手とも、非常に若くして、全日本に選ばれ、将来を嘱望されていた。

 けれど、2005年3月・・・

 一人は、「がん治療」を、もう1人は、「北京五輪」を、目指すことになる。

 友美佳さんは、「全日本」や「北京五輪」ではなく、「がん治療」を、

 選択した。自ら選んだのかは、彼女の自著を、読んでいないので分からない。
               http://www.1nego.com/file/ib367.html

 ただ、一つ分かることは・・・

 「治療する」を選んでも、『治療しない』を選んでも、"将来"のことは、

 医者にも、誰にも、分からないということ。確率だけで、物事は量れない。

 だからこそ、少数派の選択肢である・・・

 『治療しない』を、選ぶことは、愚かなことなのだとは、言えないだろう。

 私の尊敬して止まない「松田優作」さんは、膀胱がんだったのにも関わらず、

 「映画(ブラック・レイン)」を、選択した。そして、40歳で、没した。
 http://www.1nego.com/file/id367.html

 今でも・・・

 「映画」などに出演しないで、早めに、治療をすれば、治ったかも知れない

 のに…などということを、したり顔で言っている連中も、後を絶たない。

 "ハリウッド"への名刺代わりとはいえ、主役を二人とも食ってしまった

 鬼気迫る演技を目の当たりにすれば、したり顔発言も、分からなくもない。

 けれど、私は・・・

 優作さんが、「がん治療」よりも、「映画」を優先したことが、一番、

 彼らしかったと、考えている。それでこそ、「松田優作」なのである。

 これを許した医師が、その後で、マスコミに叩かれたが、これこそが、

 私が主張する「患者の意思を尊重する医療」なのだと、今もってそう思う。

 この医師は・・・

 病気を抱えた「映画人・松田優作」のことを、最大限に、理解していたのだ。

 だからこそ、優作さんに、「映画」という選択肢を、最後の最後で与えた。

 がんに対して、「治療する」『治療しない』・・・

 どちらが、良い悪いではない。患者が、どちらでも、選択出来るように、

 すべきであると、私は思う。その意思決定を、医師が、邪魔すべきではない。

 仮に・・・

 『治療しない』を選択し、それで死に至った。それも立派な「尊厳死」だ。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.