毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
次々と化学兵器に攻撃される国ニッポン


 中国ばかりではなく、最近では、国内でも、トルエン、ジクロルボス等出没。

 中国の問題があったから、出て来たのか、それとも、元々、国内にも存在?

 特に、「トルエン」の方は、問題が深そうだ・・・

 今回、その元凶となったのは「伊藤ハムの東京工場(千葉県柏市)」である。

 「トルエン」と「ある問題」を、分かりやすく、時系列で、追って行きたい。
───────────────────────────────────
 〜主に、伊藤ハム 山田専務と中川工場長(東京工場)の説明によるもの〜
───────────────────────────────────
 9月18日 水質定期検査(3ヶ月に一回)
───────────────────────────────────
 9月24日 上記の検査結果が出る。
───────────────────────────────────
 シアン化物イオンと塩化シアンを、1リットルあたり0.02mg検出
                     (基準値0.01mg以下)
───────────────────────────────────
 ★シアン化物イオンは、シアン化ナトリウム(青酸ソーダ)や、シアン化カリ
  ウム(青酸カリ)が、水に溶けると生成される人体に有害な毒物。自殺や、
  事件などでも、過去、使用されている。

  塩化シアン(シアン化塩素)は、自然界にほとんど存在しない。主に消毒剤
  や金属メッキに使用される。細胞内呼吸を阻害することによって、死に至
  らしめる化学兵器としても、用いられる。
───────────────────────────────────
 *40年間、地下水を使用。しかし、今回、初めての異常値を検出。現場は、
  検査の異常と、勝手に思い込み、情報がここでストップしてしまう。

  さらに・・・

  年一回の原水検査が、10月上旬にあったため、その結果を、待つことに。
        http://www.kfha.or.jp/anotherwindow/gensui40.htm
───────────────────────────────────
 9月25日 再検査 → 検査結果 1リットルあたり0.03mg
───────────────────────────────────
 10月3日 別の井戸の検査 → 結果 1リットルあたり0.014mg
───────────────────────────────────
 *この時点で、上記2ヵ所の井戸からの地下水使用は、見合わせている。

  ちなみに・・・

  地下水は、「ウィンナー」や「ピザ」の製造や機械の洗浄に使っている。
───────────────────────────────────
 10月14日 再度の検査 → 上記2ヵ所から、シアン化物イオンや塩化
                シアンは、検出されていない。
───────────────────────────────────
 *しかし、この時点では、製品への使用は再開せず、残る1ヵ所の井戸の
  地下水で、操業していた。
───────────────────────────────────
 10月22日 伊藤ハム本社(兵庫県西宮市)に、上記の件を、初めて報告。
───────────────────────────────────
 10月24日 柏市役所が、東京工場の立ち入り調査 

        → 地下水の数値は、基準を下回っていた。
───────────────────────────────────
 10月25日 沖縄を除く、46都道府県に、東京工場から出荷した13種
        類の製品、計267万パック(賞味期限切れも含む)を、自主
        回収すると、発表。
───────────────────────────────────
 *回収する約267万パックは、9月18日(初めての異常値を検出)以降の
  生産。賞味期限が切れていない約194万パック以外の商品も、対象。

  伊藤ハムの発表によると、回収には、約3億円かかるらしい。
───────────────────────────────────
 10月26日 生協系の2団体と、スーパー8社から委託を受けて、製造し
        たPB(プライベートブランド)のウィンナー13品目、計
        64万袋が、新たに、自主回収の対象になると、発表。
───────────────────────────────────
 10月27日 柏保健所が、東京工場の地下水を浄化した水から、基準値の
        約2倍の「塩素酸」を検出したと、発表。

        検査結果・・・

        1リットルあたり1.1mg(基準値0.6mg)

        東京工場では、同日から、この井戸の使用を、中止。
───────────────────────────────────
 *「塩素酸」一般的には、漂白剤やトイレ洗剤などに使用されている。だが、
  基準値を超える「塩素酸」が体内に入ると、赤血球が減少するなどの影響
  が考えられるとのことだ。こんな危険な成分が入った物を、我々は、日常
  平気で使っている。非常に恐ろしいことだと、思う。
───────────────────────────────────
 生活協同組合連合会ユーコープ事業連合(横浜市)が、伊藤ハム東京工場に、
 製造委託したウィンナーソーセージの購入者から、「異臭がする」と苦情が
 相次ぎ、事業連合が、商品を回収していたことが、判明。

 事業連合によると・・・

 苦情があったのは、何れも、賞味期限が11月4日の「CO・OPあらびき
 ポークウィンナー」。地下水の件が、発表される前、23、24日に、静岡
 県や神奈川県の購入者計8人から、

 「接着剤のような臭いがする」「薬品臭がする」などの苦情が、あった。

 この時点では、特に、重い健康被害を、訴えた人は、いなかったらしい。
───────────────────────────────────
 10月28日
───────────────────────────────────
 東京工場を、一時停止すると、発表。同時に、学識経験者をトップに据えた
 「調査対策委員会」を、近く発足させ、原因究明や危機管理体制の強化を、
 図ることも、決定。
───────────────────────────────────
 ★この学識経験者が、"調査の鍵"となる。会社寄り(伊藤ハム寄り)の人間を
  据えてしまうと、会社の保身ばかりを考え、まともな調査が出来ない。
  この人選を見ていれば、「企業の本気度」など、一目瞭然である。

  そもそも、日本の会社が、本気になって、「原因究明」や「危機管理体制
  の強化」に、取り組んだことがあるのだろうか?ないからこそ、次々と、
  この様な問題が、噴出してくるのである。学習能力のないのが日本の会社。
───────────────────────────────────
 *29日、東京工場は、ほぼ全ての稼働を停止。西宮工場(兵庫県)や、グル
  ープ会社の東北工場(宮城県)に、生産を移す。620人の従業員の雇用は、
  "基本的"には、継続するとのこと。

 *今後は、「水質検査の強化」「濾過装置の更新」などにより、安全な水を
  確保していく方針。生産停止期間は、今のところ未定だが、装置の更新に、
  1週間〜10日間かかるため、おそらく、その後になるだろうとのこと。
───────────────────────────────────
 ★"基本的"というところが、非常に恐い。実は、私の古くからの友人も、
  ここで、長年働いている。彼の処遇が、今後、どうなるか心配である。
───────────────────────────────────
 柏市が、この日、工場周辺を含む計7ヵ所の地下200メートル級の深井戸
 と、市内全域36ヵ所の井戸水の水質を、検査。

 検査結果は・・・

 シアン化物イオンなどは、1リットルあたり0.001mg未満で、基準値
 の0.01mgには、達していなかったと、発表。
───────────────────────────────────
 10月29日
───────────────────────────────────
 伊藤ハムは、ユーコープ事業連合から委託されて製造していた「CO・OP
 あらびきポークウィンナー」(異臭問題アリ)を、10422袋、自主回収。

 検査したところ・・・

 最大で、29.64ppmの「トルエン」が検出されたと、発表。
───────────────────────────────────
 ★「トルエン」とくると、シンナーが思い浮かぶ。シンナー中毒(トルエン
  中毒)は、一時、社会問題となった。最近では、建材の溶剤として用いら
  れた「トルエン」が室内に放出されることにより生ずる「シックハウス症
  候群」により問題視されている。毒性が強く、劇物に指定されている。
───────────────────────────────────
 *伊藤ハム側では、「地下水の問題」とは、関係がない、としている。
───────────────────────────────────
 10月31日 
───────────────────────────────────
 柏保健所は、伊藤ハム東京工場で製造された「CO・OPあらびきポークウ
 ィンナー」の在庫品から62.7ppmの「トルエン」が検出されたと発表。

 横浜市内で販売された同一製品からも、最大188ppmの「トルエン」が、
 検出されたことは、既に、判明済み。

 = 製造段階で、「トルエン」が、混入した可能性が、高まる。

 「トルエン」が、検出されたのは・・・

 柏保健所が、東京工場内から回収した製品3検体の内の1つで、残り2つか
 らは、検出されなかったとのこと。

 ただ・・・

 横浜市から、譲り受けた同一製品1検体からも、11.8ppm検出した。
───────────────────────────────────

 こういう問題が、出るといつも思うんだけど・・・

 会社側にしても、役所にしても、「健康には、問題はありません」とか、

 今回であれば、「地下水の問題とは、関係ありません」とか、そんな事を、

 簡単に、断定してしまっていいのかね?充分に、調べる余地があるのでは?

 これ以上、不安を煽りたくないから・・・

 その前に、もう、目一杯煽っているよ。約1ヶ月も、放って置いたくせに。

 市民だって、ばかじゃないさ。この人達が、会社>市民の健康だという図式

 には、とっくに、気が付いているよ。そんな奴らが、何を言っても、同じ。

 だからこそ、ハッキリしない今の段階では・・・
───────────────────────────────────
 「健康との関連につきましては、もう一度、調査させていただきます」

 「地下水とトルエンの関連につきましても、再度、調査いたします」
───────────────────────────────────

 こういう真摯な態度が、当事者の会社も、役所も、必要なのではないですか。

 だって、本当に、分からないじゃない。専門家でも、推測しか出来ないよ。

 そんな事を、即断出来る力が、伊藤ハムにも、柏保健所にも、ある訳ない。

 もしかすると・・・

 「地下水の問題」は、伊藤ハムの問題だけじゃないかも知れないよ。

 今のところ、周辺からは、基準を超える値は、検出されていないようだけど、

 井戸水を使っている地域の土壌が汚染され、そのしわ寄せが、東京工場に、

 行っているということだって、十分に、考えられるもんなぁ〜、真面目に。

 近くに・・・

 「毒ガス室」があったからという報道をしているマスコミも、存在する。

 何れにしても、現段階では、調べてみないと、何とも言えないという状況だ。

 もし、土壌が汚染されているのなら、もはや、一企業だけの問題ではない。

 それらを、ハッキリさせるためにも・・・

 伊藤ハムにだけ、責任を押し付けるのではなく、"国民の健康と安全"という

 観点からも、地方自治体、場合によっては、国が、手助けする必要がある。

 日本のマスコミのほとんどは・・・

 事件、事故などの報道を、「切り売り」している。だから、前後の関係が、

 分からないことが多い。それらを、時系列で追って見ることにより、新たに、

 「見えてくるもの」がある。単独では気付かなかった"連続性による判明"だ。

 それにしても、痛感することは・・・

 日本の企業は、危機管理能力がないだけじゃなく、学習能力も最低である。

 いい加減に、気付けよ! 問題を先送りしたら、良いことは、ないぞ!!

 早く出した方が、国民のイメージ回復も早いし、最終的なダメージも少ない。

 それと・・・

 調査をするのであれば、徹底的に。おざなりな結果なら、やらない方が良い。

 また、今回の件で、PB(プライベートブランド)のやり方が、良く分かった。

 PBと言えども、所詮、どっかの会社が作っている。袋の後ろに書いてある。

 《追伸》

 伊藤ハムによると、東京工場で使用する水は、1日3500トン。以前から、
 柏市に、上水道の使用を申し入れてきたが、「出来ない」と、言われていた
 とのこと。柏市に、責任の一端を背負わせ、少しは、荷を軽くするつもりか。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.