毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
凋落する民放に医療の真実は語れない


 明けまして、おめでとうございます。今年も、宜しくお願い申し上げます。

 年末年始、貴方は、どうお過ごしでしたか? 今日から、会社ですか??

 私は例年通り・・・

 仕事に勤しみ、今日が、平成21年、「初めての休日」となっております。

 それにしても、TV番組、手を抜いてますなぁ〜。普段も、ひどいけど、

 今回の年末年始は、尚更、目立っておりました。特に、民放の凋落ぶり。

 これで・・・

 2011年7月25日から、「地デジ」になるの?納得出来ないよなぁ〜。

 キレイに見える? データが双方向で共有出来る? プログラムが多い?

 その価値のない番組だったら、意味がないよ。プログラムの多さだって、

 殆どが「再放送番組」で、補っているんだから。努力なしで、国民に負担?

 私は最近・・・

 TVの音声を、ラジオで聞くことが多い。それで充分だし、画面は必要ない。

 年末の紅白も、ラジオで聞いていた。何か新鮮だったし、歌の良さも感じた。

 逆に、音声だけだから、歌の下手さも、即座に分かった。多いよぉ〜(^^;)。

 何れにしても・・・

 段々と、私には、今のTV番組に、画面が必要のないことが、分かってきた。

 そうすると、私の場合は、「地デジ」に移行する必要がないということだ。

 2011年7月25日以降、私は、手持ちのビデオ、DVD、LDを見たり、

 その後、購入した上記3メディアを楽しんだりして、今のTVモニター活用。

 世間の流れに、迎合することなく・・・

 貴方自身も、自分のライフスタイルを眺めてみて、決定すべきだと思うよ。

 だって、入らないモノは入らないでしょ、やっぱり。それらを、自分の目で、

 明きらめる(諦めるじゃなく、明らかにする)ことが、肝要じゃないだろうか。

 これも、"年末の特集番組"だった・・・

 ビートたけしが司会(単なるおちゃらけだが)で、火曜日の夜にやっている

 「病気に関する番組」。私も以前は、見ていたが、最近は、見ていなかった。

 だってさ、何でもかんでも、「病気の兆候」にするんだもの、おかしいよ。

 自分が推測するに・・・

 最初は、一般的な病気でも、視聴者が納得していたのが、段々と、それでは、

 納得出来ずに、殆どの人が、知らない罹らない病気に、激化してしまった。

 それらを、旨く理由付けするために、「問診票」等を、取り入れたのだろう。

 それから・・・

 番組に出演していた芸能人の「乳がん」が、早期発見されましたという勲章。

 この芸能人は、とても喜んでいたが、病院側にとっては、"良い広告塔"。

 手術しました、抗がん剤投与です、放射線治療を施しました、何でも話題。

 仮に・・・

 亡くなったとしても、「彼女は、立派に、がんと闘いました」とコメント。

 「現代医学の粋を尽くして、治療に当たりましたが、本当に残念です」と、

 しておけば、病院に、傷は付かないもんなぁ〜。良いタイアップだよ、本当。

 "闘病"って、よく言うけど・・・

 日本の場合、実際に、病気の元である「がん細胞」と、闘っていますか?

 日本で言う"闘病"は、その病院の「治療法」と、闘っているに他ならない。

 特に、「抗がん剤」なんて、言うなれば"猛毒"。だから、副作用が酷い。

 そうでなければ・・・

 髪が一気に抜けたり、各臓器に、異常なダメージを、与えないでしょうよ。

 そのために、早期発見されなければ、送れたはずの一般生活を、フイにする。

 治ればいいさ、でも、治る保証はどこにもない。医者だって、手探りさ。

 "5年生存率"・・・

 何て、よく言うけど、これは、あくまでも、日本では、当てにならない

 「病院の治療」を受けた場合の数字が殆ど。何故なら、日本では、がんに、

 罹ると、殆どの人達が、「手術」「抗がん剤」「放射線治療」に走るから。

 だから・・・

 そのまま、「がん細胞」を、放置した場合のデータが、少な過ぎるのです。

 欧米各国のデータでも、治療群(特に抗がん剤)が、放置群に対して、

 優位性を示すデータは、ありません。乳がんの場合を、例に取ると、

 治療をしてもしなくても、"5年生存率"は、ほとんど変わりません。

 日本の常識では・・・

 がん=即治療ですが、もしかして、周りに、脅かされ踊らされていませんか。

 "早期発見"という医療側やマスコミの喧伝に、貴方は、洗脳されてません?

 "早期発見"いうのは、言わば、良性も悪性も、一緒くたにして「がん」とし、

 直ぐに、医学的な治療を奨める道具です。腫瘍マーカーにしても、まだまだ

 不完全ですし、この段階で、将来、転移を起こすような"悪性細胞"だと、

 見極めることは、現存するどんな優秀な医者であっても、無理でしょう。

 そんな程度の・・・

 現代における「がん治療」に、貴方は、一生を、捧げてしまうのでしょうか。

 上記、番組の病気に罹った芸能人広告塔には、何の恨みもありませんが、

 病院関係者や、TVスタッフらのあざとさに、少し、虫酸が走りました。

 もし、それで・・・

 良いと思っているならば、あまりにも、日本人を、バカにし過ぎています。

 だから、病気や健康を、テーマにした民放の番組は、信用ならないのです。

 だって、土台、スポンサーやタイアップしたところ(この場合、病院)には、

 楯突くわけに、行かないのですから。そんな事したら、番組が成立しない。

 だから・・・

 貴方を惑わせる様なこの手の番組は、見ない方がよい。もし、見たとしても、

 自分の中に、"自分なりの物差し"を持って、疑いの目を向けながら、見る。

 民放は、スポンサーとタイアップしたところの「たいこ持ち」会社ですから。

 もう一つ、蛇足ながら・・・

 この番組内で、やっていた「五十肩」の判断方法として、基準が出ていた。

 ある医者が、偉そうに、それを説明していた。でも、あんた、やれるの?

 両肩に手がつくとか、左肩に、どの位右手が届くとか、又は、その逆とか。

 エアロビなんかでも・・・

 そうだけれど、実際、本人がやってみせるんじゃないの?やって見せてよ。

 おそらく、本人は、まともに出来ないだろうね。出来ないから、やらない。

 「医者の不養生」という言葉が、頭に浮かんだ。どういう訳か、医者は、

 自分が専門にしている病気になりやすいと聞く。それは、言うだけだから。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.