毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
積極的に向き合うからこそ弊害が生まれる病


 今日は、朝から、いや〜な気分に、させられてしまいました。ある番組に。

 この番組では、過去にも数回に渡り、ジャーナリストT氏のがんレポートを。

 ジャーナリストが、自分を切り売りするのは、構わないが、「闘病」を、

 押し売りするのだけは、止めて欲しい。「がんと、積極的に向き合え!」

 それで・・・

 どれだけの人が、苦しんでいるのか、報道の最先端であるジャーナリストが、

 分からないのか? 重箱の隅を突いて、"良性のがん"をも穿り出す検査で、

 病気を意図的に作り出し、生きるのに、非常に貴重な臓器達を、切除する。

 自分が・・・

 現在、生きているから、その方法は正しいのか?本当のジャーナリストなら、

 客観的な視野も加えて、検証すべきじゃないの?鵜呑みにするとは無知蒙昧。

 他の出演者達も、「がんと、積極的に向き合え!」というT氏の姿勢を、

 後押ししている。スタジオ内は、"出来レース"で、苦言を呈すこともダメ?

 こういう事だから・・・

 製薬会社がスポンサーになったり、医師会が圧力を掛けるような民放には、

 「正確な医療情報」を提供出来る訳がないと、このメルマガでも書いている。

 まさに、今回のT氏のがんレポートは、それを自ら、証明したようである。
───────────────────────────────────
 ●日本の医療技術は、非常に高いから、バンバン手術を受けても大丈夫。
  「僕なんか、もう4回目で、手術にも、慣れちゃいましたね」
───────────────────────────────────
  *日本の医療技術は決して高くない。何故なら、がんという病気に対して、
   これほど手術を行い、臓器を摘出する国は、他にはないから。臓器摘出
   は、即、身体を弱らせることに繋がる。がんを叩く前に、身体がダメに。
───────────────────────────────────
 ●早期発見、早期治療を行うことにより、かなりの確率で、がんは治る。
───────────────────────────────────
  *先記した通り、実際には、手術必要ナシの"良性のがん"をも切り取って
   しまっている。転移の可能性など、全くないにも関わらず。これらは、
   早期発見の弊害以外の何物でもない。そして、無意味な早期治療により、
   身体がボロボロにされてしまう可能性も高くなる。
───────────────────────────────────
 ●がんと、積極的に向き合って欲しい。
───────────────────────────────────
  *早期発見により、積極的に向き合った事で、助かった人の数より、不運
   にも命を落とした数の方が、ずっと多いのではないか。がん細胞は元々
   自分の細胞。しかも、通常の細胞より、ずっと分裂の速度が遅い。それ
   なのに、早期から、余計な治療をし、精神的な負担も大きくなることで、
   身体に莫大な負荷を、掛けてしまうのである。これでも、積極的に向き
   あった方が、良いのだろうか?
───────────────────────────────────

 発言の幼稚さ、客観的な検証も加えられないT氏は、ジャーナリストの風上

 にも置けない人です。これじゃ、素人のレポートよりも、ずっと質が悪い。

 こんな方が、今度、NPO法人「がん患者団体支援機構」の理事長に就任。
───────────────────────────────────
 「がん治療の情報は患者に十分行き届いておらず、治療の質も地域によって
  ばらばらだ。患者側から医療側や行政などに要望を伝え、日本のがん治療
  を変えていきたい」
───────────────────────────────────
  *どうか黙っていて下さい。人を惑わせるような情報なら、毒になりこそ
   すれ、益になることはないでしょう。それに現在の貴方は、マスコミと
   いう巨大権力媒体を使い、「医療側や行政などの要望を、患者に押し付
   けている」に過ぎないのです。日本のがん治療を、改悪しないで下さい。

  *同機構は2005年9月、がんの情報不足や治療の地域格差などの問題
   に対応するため設立。全国58の患者団体が会員になっているそうだ。
───────────────────────────────────

 誤解を恐れずに・・・

 がん患者さんは、一度、その治療を受けたら、それを信じたいのが本音です。

 それに関わる医師や、医療スタッフ、施設等も、同時に、信じたいでしょう。

 それだからこそ、T氏も、自分の治療法に対し、深く信じ、口外したのです。

 確かに・・・

 途中で引き返すことは、勇気がいる事であり、自分をも否定するような感覚。

 それに、代替する治療方法も、素人では、なかなか思い浮かばないし、もし、

 違う医師に聞いたとしても、この日本ならば、大して変わりはないでしょう。

 同病の患者さんに聞けば・・・

 一見良さそうに思えます。けれど、T氏のところでも、申しましたように、

 どうしたって、自分が受けている治療法に関しては、盲目的、主観的になり、

 信じ込みやすく、アドバイスも片寄りがちになります。だから、貴方も、

 全ての情報を鵜呑みにせず、客観的に、判断される方が、良いと思います。

 決して・・・
───────────────────────────────────
 ●あのマスコミで有名なジャーナリストのT氏が、言っていたから…

 ●あの腕が良くて、業界では有名な先生(医者)が、言っていたから…

 ●ネットで話題に、本も出し、有名な患者さんが、言っていたから…
───────────────────────────────────

 こんな下らない理由に、自分の人生を託さないで下さいね。取り返しが、

 つかなくなってしまいますよ。その時に、他人を恨んでも、始まりません。

 どんな人が、言っていても、常に、「情報は客観的に判断」して下さいね。

 そして・・・

 最終的な判断は、医者や家族に任せず、必ず自分自身で、決断して下さい。

 そして、自分の決断を、信じて下さい。その精神的な安定で、治療効果は、

 違ってきます。先記とは矛盾するかも知れませんが、決断後は腹を決めます。

 ただし・・・

 どうしても、受けている治療法が、信じられなくなった時は、その治療を、

 「一時中断して、様子を見る」という選択肢があることも、忘れないで。

 何でもかんでも、弄くり捏ねくり回せば、良いというものでは、ありません。

 今の日本では・・・

 「がんは、必ず治療するもの」と決め付けているような風潮が感じられます。

 確かに、直ぐに治療すべきがんもありますが、ほとんどのがんは、直ぐに、

 治療しなくても、問題のないものです。呉々も、風潮に乗らされないように。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.