毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「薬害エイズ事件」再びの予感


 良い天気ですなぁ〜、札幌は。一昨日は、雪が降り、春が遠のいたのに。

 近付いたかと思うと、遠ざかる。自然の力は、人間の力じゃ儘なりません。

 それはそうと・・・

 先週は「芸術デー」を、過ごさせていただきました。少し、駆け足でしたが、

 先ず、蠍座で「第三の男」を鑑賞、次に、近代美術館で「セザンヌ主義」、

 翌日、キタラで「パイプオルガン」堪能、芸術の森で「印象派誕生の軌跡」。

 この2日間は、久々に、「芸術」に、思う存分に、触れることが出来ました。

 考えてみると・・・

 昨年は、食指が動くような「芸術展」が、なかったんですわ、残念ながら。

 今年は、堪能したのですけど、少し、"気になる点"も、ありましたねぇ〜。

 まぁ、それぞれ、自分のスタイルで、鑑賞すれば、良いんですけどねぇ(-_-)。

 それでも・・・

 目の前にある「貴重な作品」よりも、説明パネルや音声ガイドに、囚われる

 過ぎるのも、如何なものでしょう。時間配分から見たら、そちらの方が多い。

 極端な話、「貴重な作品」を見に来ているんじゃなくて、パネルや音声中心。

 これじゃぁ・・・

 わざわざ、美術館にまで、足を運ばなくても、「ネット鑑賞」で、充分です。

 ネットを見ると、その作品の画像はあるわ、パネルより、説明も懇切丁寧。

 実際、今の鑑賞スタイルから言うと、美術館に、行く必要はないでしょうね。

 私が考えるに・・・

 誰かに誘われて、仕方なく来ている人達が、大半。それか、話題作りのため。

 それと、12歳以下の子供を連れてくるのは、止めてよ、鑑賞の邪魔だから。

 何れにしても、他人とのコミュニケーションや子守を、持ち込んでいるだけ。

 だから・・・

 鑑賞の対象が、「貴重な作品」じゃなく、文字や音声に、走ってしまう訳。

 そっちの方が、楽だもんね。「貴重な作品」じゃ、その場を重くしてしまう。

 "軽佻浮薄"な鑑賞が現代のスタイル。まぁ、私は与しないが邪魔しないでね。

 こんな"ご近所"で・・・

 現在の私の職場は、「千歳臨空工業団地」の中にある。この会社もその中に。

 この会社『バイファ』が、"ある問題"を公表したのが、先月(3月)24日。

 『バイファ』は、大阪にある大手製薬会社・田辺三菱製薬の連結子会社。

 "ある問題"とは・・・
───────────────────────────────────
 問題の薬剤:"遺伝子組換え"人血清アルブミン製剤「メドウェイ注5%」
                    http://www.1nego.com/file/med5.html
───────────────────────────────────
 *血清アルブミン → 人の血液に含まれるタンパク質成分。肝臓で合成。
            血液の浸透圧を保ったり、体の組織に、アミノ酸を
            補給するなどの作用アリ。

            わざわざ、上記薬剤が"遺伝子組換え"を謳っている
            ように、かつては"献血"で集めるのが、唯一の方法
            だった。

            しかし、この『バイファ』によって、人の血液を使
            わない"遺伝子組換え"製剤が登場(世界初)。これに
            よって、"献血"に頼らない安定供給態勢が可能に。

            「メドウェイ注」自体は、血液の流れを調節する。     
───────────────────────────────────
 問題の趣旨:この薬剤の承認前に、バイファ社で行った試験のデータを、
       同社員が、改ざんしていたことが、判明した。

 問題の対応:製造販売承認を取り下げ、自主回収する。

 問題の不随 ●製品の品質には問題なく、健康被害も報告されてない。
───────────────────────────────────
       *そんなの直ぐに分かるわけないだろう!新聞は製造メーカー
        の話を、鵜呑みにして、掲載したのかね?泥棒(メーカー)に
        泥棒の被害を聞いても、正直に言うはずないじゃないか。

        これを見ても、新聞などの媒体は、広告収入のことなども、
        考慮に入れるから、こういう会社には、直ぐにフォローする。
        しがらみがあるから、まともに報道出来ない典型例だね。
───────────────────────────────────
       ●同種の製剤「メドウェイ注25%」について、改ざんは確認
        されていないが、「5%」と同時期に試験を行ったことから、
        自主回収を決めた。
───────────────────────────────────
       *普通に考えれば、同時期に同じ方法でやったのなら、同様の
        結果になっただろうと、推測される。恐らく、改ざんはアリ。
        だから、メーカーは、恥の上塗りを避け、自主回収を決断。
───────────────────────────────────

 ところで・・・

 この『バイファ』って会社、前身は"どんな会社"だったか、分かります?

 『バイファ』は、1996年設立。何と!あのミドリ十字の100%子会社。

 ミドリ十字と言えば、非加熱製剤による「薬害エイズ」で国民を奈落の底に。

 その・・・

 無責任な体質が、現『バイファ』の経営陣や社員に、残っていなかったとは、

 完全に否定出来ないと思います。データの改ざんは、非常に、悪質な事です。

 これが信用出来ないとなると、薬自体、全てが、信用を失ってしまいます。

 事は、一企業だけの問題ではありません。他の製薬会社にも影響を与えます。

 どういう経緯で・・・

 そうなってしまったのか、順を追って、問題に迫ってみましょう。
───────────────────────────────────
 2006年(承認前)  この年に、行った試験で、「測定法のミス」と、
             見られる"異常値"が出たにも関わらず、測定を、
             やり直さず、『正常値に差し替えていた』。
───────────────────────────────────
 *この事実は、『バイファ』の担当者が、上司に相談することで、表面化。
───────────────────────────────────
 2007年10月19日 製造承認 「メドウェイ注5%、25%」
───────────────────────────────────
 2008年12月 田辺三菱製薬が、"データの改ざん"を把握
───────────────────────────────────
 *この問題を把握後、田辺三菱製薬と『バイファ』の両社で調査。データを
  改ざんした試験以外の「アレルギーを生じる成分混入の有無」を確かめる
  ラットを使った試験も、再調査。この試験でも、陽性反応を全て"陰性"と
  改ざんしていたことも、判明した。

  この結果から・・・

  田辺三菱製薬も「陽性のままなら、承認されなかった」と見ているようだ。

 *この2つの実験の担当者は、それぞれ別々だった。何れも、上司から、
  改ざんを指示されている。この上司は、2人共、現在は退社している。
───────────────────────────────────
 **退社しているとはいえ、少しの良心があるなら、全容解明のため、裁判
   の席に、この元上司2人も着いて欲しい。製造承認を焦るあまりに卑怯
   な方法に、手を染めたのか?その時、「薬害エイズ」の事は、頭を掠め
   なかったのか?何れにしても、薬剤が、直接、人の命に関わるものだと
   いう認識が、足りなさ過ぎます。
───────────────────────────────────
 2009年3月24日 製造販売承認を取り下げ、自主回収を公表
───────────────────────────────────
 2009年4月8日 厚労省が、薬事法に基づき、田辺三菱製薬本社への
           立ち入り検査を、行う。
───────────────────────────────────
           ■同社の内部調査の結果を、担当者から聴取

           ■他の製品での改ざんの有無

           ■組織的改ざんかどうかの調査
───────────────────────────────────
 *いつも思うんだけど、こんな事、聞かれて、ホイホイと喋る奴っているの
  かね?当たり障りのないことだったら、良いけど、核心に触れるようなこ
  とだったら、もしかして言ってしまったら、会社は倒産になるかも。

  本当に、この会社が悪質で潰しても良いようだったら、正直に言った社員
  には、今のご時世、「代替会社」位用意してやらないとダメだよ厚労省も。
  正直に言ったけど、自分が食えなくなったわじゃ、可哀想だよ本当。
───────────────────────────────────
 2009年4月15〜17日 厚労省が、薬事法に基づき、『バイファ』社
               への立ち入り調査を、行う。
───────────────────────────────────
           ■厚労省や道庁の職員ら10数人が、同社内で、
           「改ざんに至った経緯」「差し替えられた試験データ
            の確認」「社内の管理体制」などを、調査。
───────────────────────────────────
 *丁度、今日(4/17)も、立ち入り調査が行われているようである。
───────────────────────────────────

 厚労省は・・・

 この2社への立ち入り調査の結果を踏まえて、処分を検討するようである。

 重い処分にしなければ、他の製薬会社にも、示しがつかないであろう。

 それ以上に、命に関わる薬剤のデータを改ざんするのは"国民反逆罪"と同等。

 この『バイファ』が・・・

 北海道の千歳の会社だったから、北海道新聞が、報道してくれているが、

 他の地域では、最初だけで、ほとんど報道されていないのが、実情だろう。

 特に、田辺三菱製薬としがらみのある媒体では、報道規制しているでしょう。

 この様な輩に・・・

 挟まれて、いつも「正確な情報」を、受け取れない日本の国民は不幸です。

 こんな世の中だからこそ、「金で何でも買える」とする輩も出て来てしまう。

 私は、大マスコミ様では、"取り上げられないような情報"を、これからも、

 金や圧力などには屈せず、「自分の目線」で、捉えて行きたいと、思います。

 一部の宗教会社や大スポンサーに・・・

 牛耳られるような日本のマスコミであっては、絶対にならないと、考えます。

 でも、牛耳られているのが現状です。最近の「北野誠」が、生け贄例です。

 これからは、無名人同士「市井のネットワーク」が必要なのかも知れません。

 それにしても、私の"ご近所"で、こんな「重大事件」が起きていたとは…。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.