毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「新型インフル(H1N1改)」
が出現した本当の意味とは?



 始めに・・・

 このメルマガにも、御協力をして下さっていた方が、ご逝去されました。
             http://www.unlimit517.co.jp/ana21.htm

 人の命の儚きことを、感じます。慎んで、ご冥福を、お祈り致します。

 それから・・・

 私事で、大変に恐縮ですが、ここ1ヶ月程、「原因不明の体調不良」に、

 襲われていました。現在は、何とか、その「原因」を、突き止められ、

 「体調」も、回復傾向にあります。その「原因」が、な、なんと・・・。

 良かれと思って・・・

 摂食していた物が、根本「原因」になるなんて、考えても見ませんでした。

 イメージだけで、食物を捉えてはいけませんねぇ。良い教訓に、なりました。

 この経過・原因等については、又、日を改めて、ご報告させていただきます。

 本日の話題は(インフルエンザは長いので、全てインフルに統一)・・・

 やはり、これしかないでしょうね。「豚インフル」改め「新型インフル」。
 (4/30に、WHOが、「豚インフル」から「インフルA型(H1N1)」に変更)

 最初は、情報が錯綜し、私自身の体調の悪さも重なり、取り上げるのが今に。

 その間にも、情報だけは収集したが、既に、ファイル一杯に、なりつつある。

 貴方も・・・

 情報だけで、腹一杯になっている現状なのでは。これ以上はもういらない?

 否。これからは、貴方自身が、その情報を精査し、今後に備えるべきです。

 季節的な事(高温多湿)もあり、「新型インフル」は、間もなく終息の方向へ。

 恐いのは・・・

 「季節性インフル」も流行出す、秋口から冬の時期にかけて、寒くなる頃。

 あまり報道されないが、日本では、毎年、「季節性インフル」が原因で、

 700余名の方々が、お亡くなりになっている。多くが65歳以上である。
  http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/fluQA/H18inf-death.gif

 その上・・・

 元々、持病(癌や糖尿病等)があった方々の中で、「季節性インフル」が、

 引き金となり、死期を早めてしまったとされる例が、約1万名余りもある。

 今回、初めて知ったが、この概念のことを、「超過死亡」と呼ぶらしい。
   http://idsc.nih.go.jp/iasr/24/285/graph/df28521.gif
───────────────────────────────────
 *「超過死亡」の場合、直接的な死因として「インフル」とは記載されない。
───────────────────────────────────

 それから・・・

 我が街・札幌では、未だに「季節性インフル」が出没し、学級閉鎖が相次ぐ。

 例年ならば、既に終息しているはずなのだが、今年はどうも様子がおかしい。

 北海道では、まだ「新型インフル」感染者は、確認されていないが、今後、

 一番危険な地域は、気候的にも、ウィルス生存に最適な環境が整う蝦夷地。

 まぁ、今後も・・・

 感染者やその他基本的なインフル速報に関しては、マスコミにお任せします。

 このメルマガでは、何故「新型インフル」が、出現してしまったのか?等、

 その辺りの事を、実際の情報を、手掛かりに、推測も含め、読み解きます。

 先ず、「最初の感染確認例」から(ワシントン・ポスト)・・・
───────────────────────────────────
 ●メキシコ南部ベラスケス州ラグロリア村

 ●そこに住む5歳男児(最初の感染者?)

 ●その村は、大規模な養豚場に囲まれ、感染源ではないかと疑惑の対象に。
───────────────────────────────────
 この風評を受け・・・
───────────────────────────────────
 ■その村にある養豚場を共同経営する米国の大手食品会社は、HPで対抗。

 ■飼育している豚や従業員に、インフルの症状はなく、実施中の検査で、
  疑惑に、答えが出るだろうと、潔白を主張している。
───────────────────────────────────
 【拓コメント】
───────────────────────────────────
  日本のマスコミもそうだが、「個人情報」をあまり出し過ぎるのは、問題
  がある。特にインターネットが普及した現在では、こういう情報が元で、
  「大きな個人攻撃(大規模ないじめ)」に走ってしまう傾向が高い。

  日本でも、感染者を出した学校長等が、矢面に立たされるが、そもそも、
  この人達が、わざわざ、マスコミのため(マスコミは国民のためと主張)に、
  「記者会見」を開かなければならないというのは、おかしいだろう。

  厚労省なり、政府なりが、もっと、感染者やその関係者も含め、プライバ
  シーを、マスコミから守ってやる必要がある。今の状況を、野放しにして
  おくと、「犯人捜し」がエスカレートし過ぎ、自殺者まで出る騒ぎになる
  可能性は、充分に、考えられる。
───────────────────────────────────
 アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると・・・
───────────────────────────────────
 ★このウィルスは、「北米の豚」+「北米の鳥」+「人のインフルウィルス」
  +「ユーラシア大陸の豚のウィルス遺伝子」まで、混じっていたとの事。

 ★インフルウィルスには、計8本の遺伝子分節。
───────────────────────────────────
  (コロンビア大分析)
───────────────────────────────────
   6本=北米の豚ウィルス由来
───────────────────────────────────
   *鳥と人に由来するウィルスも、混じっていた。
───────────────────────────────────
   1本=アジアの豚ウイルス由来

   1本=ヨーロッパの豚ウィルス由来

  ★過去の検出状況から、1998(平成10)年頃までに、北米豚の体内で、
   豚、鳥、人のウィルスが、混合したのではないかと見ている。

  ★新型インフル(H1N1改)は、1918(大正7)年に出現し、世界的大流行
   を起こした"スペイン風邪ウィルス"が、保有していた「病原性に関する
   遺伝子」は、持っていないことが、判明。ゆえに、スペイン風邪よりは、
   病原性が弱い可能性を、示している(あくまでも"可能性")。
───────────────────────────────────
 *CDC = Centers for Disease Control and Prevention
───────────────────────────────────
 【拓コメント】
───────────────────────────────────
  メキシコにおける養豚場の「衛生環境」が、非常に気に掛かる。CDCの
  報告から推測すると、鳥や人から、何らかの接触で、ウィルス(H1N1)を、
  入れてしまったメキシコの豚の体内で、そのウィルスが突然変異を起こし、
  変異型「豚インフル」を発症させ、かつ、感染した豚と接触した人にも、
  その変異型ウィルス(H1N1改)を、感染させてしまったのだろう。

  あるいは・・・

  H1N1改に感染していた北米豚と、交雑することにより、メキシコ豚感染。
───────────────────────────────────
 *今後、今までの(H1N1型)と、異なるという意味も含め(H1N1改)とします。
───────────────────────────────────

 次に、実際の「感染者」から(5/7時点)・・・
───────────────────────────────────
 世界保健機関(WHO)による報告 〜 メキシコの例
───────────────────────────────────
 ●潜伏期間 1日〜1週間程度

 ●最初に確認された死亡者18人の内
───────────────────────────────────
  84% 高熱 74% 咳 63% 呼吸困難 50% 偏頭痛

  その他 鼻水、筋肉痛などの症状も、現れた。
───────────────────────────────────
  *その後、「新型インフル(H1N1改)」の感染者を調べた米国の医師から、
   患者の内、約1/3に発熱がなかったとの報告アリ。
───────────────────────────────────
   ■メキシコシティ 2病院 5月下旬 4日間に渡って検診実施
───────────────────────────────────
    重症者の多くは、高熱を出したが、症状が軽い患者の半数ほどは、
    発熱がなかった。咳や倦怠感は、ほぼ全ての患者が訴えた。

    また、患者の約12%が、激しい下痢を起こした。
───────────────────────────────────
 【拓コメント】
───────────────────────────────────
  「発熱」は、インフル感染を見分ける重要指標とのこと。軽症の場合、
   それで見分けるのが、困難とすれば、「新型インフル(H1N1改)」に関し
   ては、ほぼ全てが訴えた「咳」や「倦怠感」を重要指標にすれば良い。

  要は・・・

  「新型インフル(H1N1改)」にしても、「季節性インフル」にしても、症状
  を呈したら、一番必要なことは、「休養」なのではないかと私は感じる。
───────────────────────────────────
 ●一人の患者から感染する平均人数(感染力を示す指標) 1.4
───────────────────────────────────
  *「季節性インフル」= 1.3(比較し、それ程高くないと見るべきか)
───────────────────────────────────
 ●感染確認者 1204人中 死亡者 44人(約3.6%)
───────────────────────────────────
  *その後、科学誌サイエンス(電子版)では、約0.4%と分析された。
   「季節性インフル」では、0.1%程度とされている。
───────────────────────────────────
 ●感染者の男女比  男性49.1% 女性50.9%
───────────────────────────────────
  *メキシコでは、男性優位社会で、女性が病院に行くのが遅れる傾向アリ
───────────────────────────────────
 ●感染確認者 866人の内訳
───────────────────────────────────
   0〜9歳  224人(25.9%)

  10〜19歳 216人(24.9%)

  20〜29歳 177人(20.4%)
───────────────────────────────────
  *0〜29歳 71.2% それ以外の年齢層 28.8%
───────────────────────────────────
  **その後のCDCの報告では、患者の60%は18歳以下、51歳以上
    はわずか5%となっている。
───────────────────────────────────
 ●死亡者42人の内訳
───────────────────────────────────
  20〜29歳 16人(38.1%)

  30〜39歳  9人(21.4%)
───────────────────────────────────
  *20〜39歳 59.5% それ以外の年齢層 40.5%
───────────────────────────────────
  **メキシコの若い世代では、初期症状が出た段階で、医者にかからない
    傾向が高く、自己診断で、薬を飲むなどして、対処しようとしている
    内に、手遅れになったのではないかと、推測されている。
───────────────────────────────────
 【拓コメント】
───────────────────────────────────
   この裏には、かかりたくてもかかれない経済的な事情もあるのでは。
───────────────────────────────────
 ●メキシコだけ、他国に比べて、死亡者が多い理由
───────────────────────────────────
  *科学的な理由付けはされていないが、最初に、メキシコで、感染が拡が
   ったため、他国では、その状況を見て、対応することが、出来たから。

  *遺伝子レベルでは、メキシコと他地域のウィルスはそっくり。しかし、
   そこに、メキシコのウィルスには、何らかの要素が加わって「重症型」
   と「軽症型」に分かれた可能性がある。
───────────────────────────────────
 【拓コメント】
───────────────────────────────────
  それ以外に、メキシコの衛生環境や、生活レベル等の経済的事情も、当然
  絡んで来るだろう。それにしても、それだけでは充分に説明仕切れない様
  な「H1N1改によるウィルス特別変異事情」が絡んでいる気がしてならない。
───────────────────────────────────
 CDCからは、こんな報告も・・・
───────────────────────────────────
 (様々な年齢層から採取した血液の分析)
───────────────────────────────────
  1957(昭和32)年より前の世代の血清から「新型インフル(H1N1改)」
  に対する免疫反応を示唆する(免疫アリ)結果が得られた。
───────────────────────────────────
  *米国の入院患者の内、50歳以上は13%。通常、「季節性インフル」
   では、高齢者の方が、重症化する傾向にある。
───────────────────────────────────
 《理由の推測》
───────────────────────────────────
  ●1918〜19(大正7〜8)年に掛け、世界的に、大流行したスペイン
   風邪も、H1N1型であった。そして、その終息後も、ウィルスは変異し続
   けていたようだ。
───────────────────────────────────
   その後・・・
───────────────────────────────────
   1957(昭和32)年に、H2N2型のアジア風邪が大流行。
───────────────────────────────────
   それまでの間に・・・
───────────────────────────────────
   現在の「新型インフル(H1N1改)」と関連するH1N1型に感染した世代が、
   存在する可能性がある。つまり、スペイン風邪のH1N1型ウィルスが、
   変異を続けて行った過程で、H1N1改に関連するウィルスになったと推測。
───────────────────────────────────

 今の段階で・・・

 他国に比べて、日本の対応の仕方が、どうだこうだと、論じない方が良い。

 それは比較すべき問題じゃないから。私自身は、「対策」が甘かったと、

 後悔するよりは、厳し過ぎて、マスコミから突き上げられる位が良いと思う。

 でも、直ぐに・・・

 「タミフル」だ、「リレンザ」だという薬害体質は、早期に脱するべきだ。

 「特効薬」は、本当に"イザ"という時に、効力を発揮するから意味がある。

 このままだと、早晩に、この2種類の薬剤は、「特効薬」から外れてしまう。

 それと・・・

 相手(新型インフル)が、未だ、良く分かっていない段階での「ワクチン」の

 量産態勢には、断固として反対する。それも、毎年、多数の死亡者の実績?

 がある「季節性インフル」のラインを使うという。それ以外にも「ワクチン」

 を取り巻く環境には、様々な問題が含まれているから、改めて取り上げたい。

 今の段階で、私達は・・・
───────────────────────────────────
 ◎出来ることを、出来る範囲で、行う(無理をしないで冷静に粛々と)。

 ◎うがい(普段から行うべき) → ただし、薬剤(商品)にはこだわるな!

 ◎手洗い(普段から行うべき) → ただし、薬剤(商品)にはこだわるな!

 ◎マスク→あくまでも「感染者の拡大を防ぐ」→ 商品にはこだわるな!
───────────────────────────────────
  *無理をして、買う必要はない。あくまでも、予防程度に。どんな対策を
   講じても、感染する時は感染するし、しない時はしない。重症の場合は、
   別だが、今後は、軽症の「新型インフル(H1N1改)」に関しては、病院に
   行って、薬だワクチンだと、モルモットにされるよりも、自宅での休養
   を最優先した方が良いと考える。病院に行くのが、一番のストレス。  
───────────────────────────────────
 ◎洪水のように、様々な情報が乱れ飛んでいる。その中で"情報の精査"を。
───────────────────────────────────
  *やはり、貴方自身の体は、貴方で守るしかないのです。幾ら専門家でも、
   初物(この場合"H1N1改")には、弱いのです。それにあくまでも他人です
   から。それに、感染を一番恐れているのは「現場の医師」でしょうね。
───────────────────────────────────

 何故、突然、「新型インフル(H1N1改)」が現れたか・・・

 私の答えは「皆さん、もう、金儲け疲れたでしょう。少し休みませんか?」

 米国発の世界同時不況共々、そういう声が、私には聞こえるのですがねぇ。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.