毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
医学と科学を飛び越える最後の一歩とは?


 今から23年前の1986年、私は、釧路にいた。社会人、最初の赴任地。

 新入社員だったから、色々な場所へ借り出される。ある夜は、選挙事務所。

 そこには・・・

 3年前に、初当選された「ある衆議院議員」が鎮座。先ずは、彼と握手。

 "死んだふり解散"によって、彼には、まもなく2回目の選挙が迫っていた。

 彼を応援するために、私らは、借り出されたのです。事務所は、熱気で一杯。

 まだ・・・

 33歳という若さだった彼も、やる気満々。その意気込みは、全身から充満。

 宴の序、彼から発せられたのが「私も新人。色々やらされました」との一言。

 その一言で、私も何かをやらされる羽目に。「まぁ〜歌なら何とか」と。

 全体の雰囲気も・・・

 考え、演歌を選択。少し前に流行した「氷雨」を、新人らしく大声で歌う。

 彼は、「う〜ん、新人らしからぬ歌声。将来が楽しみ」とお世辞を交え絶賛。

 でも、今考えると「氷雨」って歌は、選挙応援には、相応しくないよね。

 この彼が・・・

 昨日、急逝された「中川昭一」さんです。今でも、この時の事がまざまざと。

 朦朧会見は、大臣としては失格。でも、昭一さんの人間くささを感じました。

 心からご冥福をお祈り致します。今の心境は、もう一度「氷雨」を歌いたい。

 日常に戻ると・・・

 遂に、私の身近(職場関連)でも、「新型インフルエンザ」が発生しました。

 発病したのは、その人本人ではなく、あくまでも、その御家族の方です。

 それなのに、会社では、その人本人も、「直ぐに休ませる」というのです。

 携帯電話に・・・

 その報告を受けた私は、即、「過剰な反応はしないで下さい」と諭しました。

 契約している会社の対応は、「家族に、新型インフルの罹患者が出た場合、

 本人は、マスクを装着して対応しています」と、冷静に現状を把握し告げる。

 再考を促した後・・・

 契約会社の担当者にも確認を取り、弊社の社長も、決断したのでしょう。

 私らの職場も、「マスクにて対応」という風に、決まりました。件の本人も、

 今まで通り働く。ただし、潜伏期間を見て、症状が確認されたら、即休む。

 聞くところによると・・・

 この業界(北海道だけ?)では「体温37度以上で、即休ませる」そうです。

 平熱でも、その位ある人はいますよね。どこから、こんな極端な対応を、

 思い付いたのでしょう。理解に苦しみます。情報見極め力が、相当に低い。

 でも・・・

 "他山の石"だった新型インフルが、間近に来た時に、人は本性が出ます。

 普段は、「こんなもの、俺が罹る訳ない」と豪語していた御仁が、急に、

 「マスク、これで本当に大丈夫かな?」等と、弱気になる始末。やれやれ。

 マスクの件で言うと・・・

 これから、どんな高性能なマスクが出現しても、花粉やチリ、ゴミなどは、

 100%近く除去出来ても、電子顕微鏡にしか引っ掛からない"ウィルス"を、

 除去出来ることは、あり得ないでしょう。あくまでも"飛沫"を防ぐのが目的。

 本当であれば・・・

 そういう症状を呈している様な患者は、休んでもらうのが、一番適切である。

 どうしても、外出しなければ、ならないという事情以外は、避けた方が良い。

 新型インフルかどうか判定のための受診には、外出が、必要なんだよなぁ。

 過剰な反応は・・・

 避けるべきだが、少なくとも、それらしき症状を呈したら、仕事は休む。

 外出は、「インフル判定の受診」だけにした方が、良いと思うけどなぁ〜。

 それにしても、外出が一番良くないのに、症状が出たら必要って因果だなぁ。

 それと・・・

 日本人に一番多いといわれる「マスクによる予防」。前記したように、

 "飛沫"感染を防ぐことが目的で、"ウィルス"は除去出来ないとなると、

 予防効果は、期待出来ないでしょうね。けれど、直ぐに止める必要もない。

 私は・・・

 様々な病気には、「心の問題」も、実に密接に絡んでいると、考えています。

 もし、マスクを装着することで、心の安定が少しでも多く保たれるとすれば、

 「自己免疫力」がアップするのではないでしょうか。リスクを減らす効果も。

 企業で・・・

 装着させる場合には、多分に、対策をしていますというパフォーマンスです。

 ただ、個人で装着する場合は、自分で選択しているのですから、上記の様な

 効果がもたらされると私は思っています。だから、付ける以上は信じるべき。

 同様に・・・

 「うがい」の効果についても、諸外国では、疑問視している向きもあります。

 私は、新型インフルが流行如何に関わらず、「うがい」を励行して来ました。

 効果が云々言うより、単純に、気持ちが良いからです。心の安定も保たれる。

 しないと・・・

 何か気持ち悪いし、落ち着かない。「自己免疫力」ダウンに繋がりますよね。

 だから、効果なんて、目に見える物ばかりじゃないはずです。精神的な物も。

 ゆえに、世の中の喧伝や評価に、心を奪われないで下さい。自分を信じて!

 こういう時だからこそ・・・

 いつも通りに、粛々と「手洗い」をし、「うがい」をし、「マスク」装着。

 その変わらない姿勢が、貴方に「心の安定」と「自己免疫力」をもたらす。

 大切なのは、その「行動を信じる」ことです。これで更に免疫力アップ!!

 私いつも・・・

 思うんですよ。医学や科学がどんなに発達しても、人間の心までは及ばない。

 途中までは、医学や科学の手を借りたとしても、最後の一歩は、人間の心。

 それが、決定権を握っている様な気がします。そして、それを信じる心も。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.