毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
遂にアレルギーとエイズのストッパー現る


 貴方は「お墓参り」に行って来ましたか? 私は昨日午後から済ませました。

 「お墓参り」について、私個人の考えでは、あまり、仕来りや習慣などに、

 囚われなくても良い気がします。あくまでも、個人と故人の心の触れあいを、

 最優先に。お盆でも休めない人がいるし、強制されるべきものでもないから。

 少し前に、こんな画期的な発表が・・・
───────────────────────────────────
 「花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎などのアレルギーの

                    発症を抑える分子を突き止めた」
───────────────────────────────────
 これを発表したのは・・・

 池谷彰・筑波大教授(免疫学)らのチーム。米科学誌ネイチャーイムノロジー

 電子版に発表。イムノロジー(immunology)とは、「免疫学」のことである。

 発表が的を射ていれば、世界的に見ても大変な発見だ。私も非常に助かる。

 発表を紐解くと・・・
───────────────────────────────────
 1.花粉やダニなどのアレルギーの原因となる抗原が体内に侵入
───────────────────────────────────
       ↓
───────────────────────────────────
 2.「IgE」という抗体と結び付く
───────────────────────────────────
  *Ig=Immunoglobulinの略(免疫グロブリン)。E=Erithema(紅斑)。つまり、
   これによって、アレルギー症状を起こすと、赤みを帯びやすいという事。
   しかし、量的には、ヒト免疫グロブリンの0.001%以下に過ぎない。
───────────────────────────────────
       ↓
───────────────────────────────────
 3.肥満細胞と結合する
───────────────────────────────────
       ↓
───────────────────────────────────
 4.肥満細胞から炎症を引き起こす"ヒスタミン"などの化学物質を放出
───────────────────────────────────
       ↓
───────────────────────────────────
 5.【アレルギー症状】が出現する
───────────────────────────────────
───────────────────────────────────
 そこで、池谷教授らは予測した・・・
───────────────────────────────────
 ●「特定のアミノ酸配列を持つ分子」
───────────────────────────────────
       ↓
───────────────────────────────────
 ●肥満細胞の活性化を抑える
───────────────────────────────────
 その上で・・・
───────────────────────────────────
 ■人間の肥満細胞の細胞膜上で、「この配列を含む分子」を特定
───────────────────────────────────
       ↓
───────────────────────────────────
 ■「この分子」に刺激を加えると活性化
───────────────────────────────────
       ↓
───────────────────────────────────
 ■肥満細胞から放出される化学物質は"約半分"に抑えられた
───────────────────────────────────
       ↓
───────────────────────────────────
 ■池谷教授らはこの分子を「アラジン1」と名付けた
───────────────────────────────────
       ↓
───────────────────────────────────
 ◆「この分子」の活動を強める薬を開発すれば、
  『アレルギーを抑える根本的な治療』に繋がる
───────────────────────────────────

 裏付け実験として・・・

 遺伝子操作で、「アラジン1」を持たないマウスを作り、抗原とIgE抗体を、

 投与すると、通常のマウスに比べ、激しいアレルギー反応を呈した様である。

 兎にも角にも・・・

 今も書きながら、鼻がぐずる私にとっては朗報だが、一方では、何故に、

 現代病ともいわれるほど、花粉症などの「アレルギー症状」が蔓延したのか、

 その根本原因の解明もしていただきたいと願う次第です。生活習慣が原因?

 現代病と言えば・・・
───────────────────────────────────
 エイズ(後天性免疫不全症候群)。その原因=ヒト免疫不全ウィルス(HIV)。

 その主流である「HIV1型」を劇的に無力化する抗体を発見したという発表。
───────────────────────────────────
 発表したのは、米国立アレルギー感染症研究所を中心とするグループである。

 発表を紐解くと・・・
───────────────────────────────────
 1.エイズ感染者から提供を受けた血清を徹底的に調査
───────────────────────────────────
        ↓
───────────────────────────────────
 2.「3種類の抗体」と「それを生み出す細胞」の特定に成功
───────────────────────────────────
 *HIVは、表面が「エンベロープ」というタンパク質の一種による膜構造で、
  覆われている。このタンパク質は、ウィルスが、人の細胞に取り付いて、
  侵入するのを助ける。
───────────────────────────────────
        ↓
───────────────────────────────────
 3.「新たに発見された抗体」は、上記「エンベロープ」構造に働き掛け
───────────────────────────────────
        ↓
───────────────────────────────────
 4.ウィルスの"感染機能を妨げる"
───────────────────────────────────
        ↓
───────────────────────────────────
 ■HIVは、変異しやすいが、
  今回特定された抗体は「HIV1型」の変異株の9割以上を無力化
───────────────────────────────────
 ◆この抗体を用いて、ワクチンや予防薬、治療薬が完成すれば、
  「HIV対策」に、大きな効果を発揮する
───────────────────────────────────

 現状では・・・

 HIV感染者は、途上国を中心に、増加の一途を辿る。医薬品メーカーや、

 研究機関が予防のためのワクチン開発等に取り組むものの、未だ決定打ナシ。

 タイで、新型ワクチンの大型臨床試験が行われるも、感染予防効果は3割。

 それだけに・・・

 主流の「HIV1型」の変異株を含め、9割以上を無力化したという新抗体に、

 希望を見出したい。それというのも、途上国だけじゃなく、先頃の発表では、

 ここ日本でも、4〜6月に新たなエイズ患者129人が報告され、過去最多。

 4年振りに・・・

 母子感染1件も報告されている。その反面で、「HIV感染の有無を調べる」

 自治体の抗体検査3万1691件。1〜3月より約2千件増えたとの事だが、

 前年同期に新型インフルエンザ流行の影響で、大きく落ち込んで以来、低迷。

 そのため・・・

 検査が行き渡っていないという理由で、(感染に気付かず発症する)患者が、

 増えた可能性もあるとの見方もなされている。蔓延を防ぐためには、検査を

 受けやすい体制を強化し「発症前に感染を発見出来るようにする」必要アリ。
 http://www.hivkensa.com/

 エイズ関連のデータ(厚労省より)・・・
───────────────────────────────────
 ●新規感染者(発症はしていない)=263人
───────────────────────────────────
 ●今回の母子感染のケース
  =妊婦検診を受けず、出産直前に病院に駆け込んだ可能性アリ
───────────────────────────────────
 *厚労省のエイズ動向委員会・委員長の岩本愛吉東大教授によると、
  「感染が分かっていれば、治療で母子感染を防ぐことが出来る」そうだ。
───────────────────────────────────
 ●新規感染者(発症した)=129人
───────────────────────────────────
  《内訳》
───────────────────────────────────
   男性 125人(約96.9%)

   同性間の性的接触による感染=68人(約52.7%)

   30代=43人(約33.3%)

   40代=38人(約29.5%)

   50代=30人(約23.2%)

   それ以外の年代=18人(約14.0%)
───────────────────────────────────

 ただ・・・

 色々なケースがあると思うので、データだけを鵜呑みには、しない方が良い。

 何れにしろ、マスコミが大々的に報道しなくなっただけで、エイズ=HIVは、

 着々と勢力を拡大しているという事である。他人事だと思うのは今だけかも。

 これまでも・・・

 たくさんの画期的な発見があった。その後、発展するものもあれば、後には、

 泡沫となり、消えてしまう物も多数。病気と科学は常にいたちごっこである。

 それでも、人類は飽くなき挑戦を続ける。泡沫も立派な人類の一歩と言える。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.