毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
回転ずしと酒を少々、握力強で長生きか


 「ウォーキング 痩せたいのに 近道す」 当初の目的も人の欲望に勝てず

 「ジョギングも そこのけそこのけ 私が通る」 我が目的に他迷惑省みず

 貴方の周りにも・・・

 居ません? 上の様な人達。ダイエット(痩せる為)で歩いているんでしょ?

 其れなら、少しでも歩いた方が良いんじゃない? 近道など以ての外でしょ。

 冬で歩道が狭いのに歩行者の邪魔をする我が儘ジョガー。あんたの辞書には、

 「他人の迷惑」って言葉はないの? 荒天の時位、休むゆとりが欲しいよね。

 最近・・・

 行ってないなぁ〜回転ずし。そもそも外食してないもんなぁ。その欲望無し。

 でも、決して嫌いじゃない。すしも外食も。一昔前は、好んで行っていたよ。

 その頃から、"他人の評判"より「自分の舌」を当てにしていた。それが一番。

 先頃こんな記事が・・・
───────────────────────────────────
 ■マルハニチロホールディングス発表「回転ずし消費調査」
───────────────────────────────────
 ●回転している皿に載ったすしより、自分で注文したすしを食べる方が多い
───────────────────────────────────
 ◆2012年2月に調査・関東地方と関西地方に住む計千人 ネットで回答
───────────────────────────────────
 ◎注文したすしを食べる方が多い・関東62.4%・関西51.8%
                ・全体57.7%

 ◎手で摘んで食べるより、箸で食べる・全体89.9%
───────────────────────────────────
 ※記事は「注文派」「箸派」が多数を占めるのを『衛生面』としている。
  業界関係者のコメントは「鮮度に対する消費者の目は厳しくなっている。
  長い時間、空気に晒されているすしに抵抗感が強いのでは」と。
───────────────────────────────────
 *私は元々「注文派」。『衛生面』というよりは、干からびたネタを食べた
  くないから。それと、ネタを長く保たせる為に「防腐剤」と称して、塗布
  していた店が多かったから(現在未確認)。一番酷かった所では、一皿半で
  私はその店を辞した。ネットで検索すると、その店は未だ健在のようだ。

 *少し前に、飲食店を評価するサイトで「コメントの捏造」が話題になった。
  これで売り上げが変わるのなら、商売だもの、「捏造」位するだろうさ。
  だから、私は参考にすることはあっても、先記の様に、最後は「自分の舌」

 *他人の味覚と自分の味覚は違うでしょう。だから、閑古鳥が鳴いている様
  な店でも「自分が美味い」と感じていたら入るし、逆に、行列が四六時中
  出来ていて、客が引きも切らない店でも「自分が不味い」と思ったら二度
  と行かない。だから、お客の多さと店の評価は、必ずしも一致しないと考
  えている。

 *実際に、10年位前に、贔屓していた回転ずし店。網走直送の新鮮なネタ
  を食べさせてくれた。それこそ「注文」で。回転している皿を取ろうとす
  ると逆に叱られた。「蟹のふんどし」「蟹の内子・外子」など、通好みの
  http://wiki.ffo.jp/html/4830.html
  ネタも、色々な調理法で食べさせてくれた。こちらがアイデアを提供する
  事もあった。そんな店だったが、如何せん、昼飯時に客がいない。試行錯
  誤の末、閉店間際には、ランチタイムサービス「食べ放題」をやってみた
  が、その後の展開を見ると、既に焼け石に水だった様だ。他人の評価はど
  うであれ、私にとっては「非常に美味しい店」だったのは間違いない。

 *「箸派」が多数を占める理由は、『衛生面』以外に、スポンサー(親父等)
  がいなくても、自分達の財布で店に出入りする事が出来る様になったから。
  何故なら、自分達の流儀で食べることが可能。その昔は、自分達だけでは
  鮨屋の敷居が高く、入れないので、スポンサーの流儀に合わせざろう得な
  かった。その頃は「箸派」が少なかったから、自然と「手摘み派」に。
───────────────────────────────────

 恐らく・・・

 最近は調べていないが、私は「握力が余り強くない」はずである。貴方は?

 一時、何の気なしに、「ハンドグリップ」を毎日握っていた時期が存在する。

 その「ハンドグリップ」も今は何処へやら。フト次の記事で思い出した次第。

 それは・・・
───────────────────────────────────
 ■厚生労働省研究班公表「握力が強いほど、長生きする傾向がある」
  (研究代表者 熊谷秋三・九州大教授)
───────────────────────────────────
 ●握力が強いほど、死亡リスクだけじゃなく、心臓病や脳卒中の発症も減少
───────────────────────────────────
 ◆約20年間に渡る追跡調査

  福岡県久山町在住2527人 (内 男1064人 女1463人)
───────────────────────────────────
 ◎男女別に、握力が弱い順から、人数が均等になる様に、各4組に分ける。

 ◎年齢や、飲酒状況などを補正し、死亡原因との因果関係を調べる。

 ◎握力が最も弱い組(男性35kg未満、女性19kg未満)を基準に比較。

 ◎男女とも、「握力が強い」ほど、死亡リスクが下がる傾向。

 ◎握力が最も強い組(男性47kg以上、女性28kg以上)の死亡リスクは、
  最も弱い組と比較すると、「約4割も低かった」という結果を算出。
───────────────────────────────────
 *「約20年間に渡る追跡調査」ってなってるけど、今回初めて研究結果を
  公表したのか?それ共今回が初めてなのか?結果的に「約4割も低かった」
  としたら、有意差はあると思われるが。しかし、サンプル数は2527人
  で充分なのかという疑問は涌き上がってくる。

 *これは裏事情だが、日本は大学教授を始めとする研究者に冷たい事は周知
  の事実である。その為に「研究費用を捻出」する必要アリ。だから、サン
  プル数や、因果関係が不充分でも、「大きなアドバルーン」を上げるざろ
  う得ない必然性も。だから、大きければ大きいほど、スポンサーが付きや
  すくなるが、それが虚偽に近ければ近いほどと、その後は、スポンサーの
  満足の行く結果を出せずに、空中分解。そんな研究が如何に多いか。

 *これは、私的じゃなく、公的研究(厚生労働省研究班)。スポンサー、特に
  民間の会社を意識する必要はないが、定期的に公表しなければならない。
  その結果は「厚労相が意図するもの」に沿う必要アリ。その為にはデータ
  の捏造もアリかな。『約20年間に渡る追跡調査』という処が今回のミソ。

 *それだけ長期間に渡って研究しているのだから「大丈夫」と、国民に思わ
  せる。けれど、少し視線を外すと「サンプル数2527」。それ程、多く
  ない事実が横たわる。それを「約4割も低かった」で払拭しようとする。
  データや、統計、アンケートは、非常に都合良く加工されやすい代表例。

 *人は、歳を取れば取るほど、「身体のバランス」が重要だと私は考える。
  故に、例えば、「握力だけが飛び抜けて強い身体」は、本当に死亡リスク
  が低くなるんでしょうか?『過ぎたるは及ばざるがごとし』バランス重視。
───────────────────────────────────

 面白いがなぁ・・・

 近頃は「やけ酒」の機会もなし。女性も会社や買い物先でしか会わないなぁ。

 でも、不満足ではない。寧ろ、良い気持ち。いいよね、こんな時があっても。

 本来、お酒は良い気分で飲みたい。そうでないと「酒の神様」に申し訳ない。

 でもねぇ・・・
───────────────────────────────────
 ■米カリフォルニア大研究チーム発表「振られたショウジョウ蠅♂のやけ酒」
───────────────────────────────────
 ●振られたショウジョウ蠅♂は、
  ♀と交尾出来た♂より「アルコール入りの餌」を好んで酔っぱらう。
───────────────────────────────────
 ◆A♂グループを、「交尾済みで新たに交尾する気がない♀グループ」と、
  1時間ずつ、1日3回、4日間に渡って、一緒にし、振られる経験を。

 ◆B♂グループは、「♀グループと交尾をさせる」

 ◆A、Bグループとも、「濃度15%のアルコールが入った餌」と
 「アルコールが入ってない餌」を、選べるように、セッティングする。
───────────────────────────────────
 ※振られたA♂グループ「濃度15%のアルコールが入った餌」選び続けた。

 ※両グループで、「ニューロンペプチドF」の量を調べた処、振られたA♂
  グループは量が少なく、交尾出来たB♂グループは量が多かった。

 ※交尾出来たB♂の「ニューロンペプチドF」を、人為的に減らすと、
  「濃度15%のアルコールが入った餌」を好むようになった。
───────────────────────────────────
 *結果より、上記の行動には、脳の神経伝達物質「ニューロンペプチドF」
  が関与。人間にも同様の「ニューロンペプチドY」が存在することから、
  アルコール・薬物のメカニズム解明に役立つのではないかと。

 *うつ病や、心的外傷後ストレス傷害(PTSD)の患者では、
  「ニューロンペプチドY」の量が減っていることが、知られている。
  だから、それを補う為に、アルコールや薬物に手を染める人もいるのか。
───────────────────────────────────
 *以前から、そう思っていたのだが、その後、結果が出るにしても、出ない
  にしても、お国柄からなのか、米国の研究の方が「ユーモア」がある気が
  している。余裕が感じられる。

 *逆の研究はやれないのか?♀側が交尾をしたくても出来ない様。私は常々
  思っている。人間にしても、恐らく、蠅などの他の生物にしても、精神的
  には♀の方がずっと強い。故に、推測すると、例え、同じ状況に置かれて
  も、♂程は「ニューロンペプチドF(Y)」の量が減らないのじゃないかと。
  よって、「やけ酒」に走る確率は♂の方が高いと考えている。

 *「ストレスに対する抵抗力」「現実への適応能力」等に於いて、♀の方が
  『順応性』が高いから、「自殺率」も男性に比べて、際だって低い。
  平成22年度(警察庁発表)のデータで、男性35.9%、女性14.4%(10万人当)

 *「うつ病」に対しての発症率は、女性の方が高い。これは、男性よりも、
  「会話によってストレスを解消させる」という傾向が高い為と推察される。
  男性は「問題の解決策を模索する」が、女性は「問題そのものを聞いて欲
  しい」。男性と女性の間に内面的齟齬が生じやすいのはそういう時である。

 *穿った見方をすると、ストレスを生じた時は、「アルコールの匂いに反応
  しやすい」「アルコールを含んだ食べ物が美味しく感じられやすい」何て
  事は考えられないだろうか。まぁ、アルコールが元から嫌いな人はそんな
  事は、あり得ないだろうがね。
───────────────────────────────────

 そう書きながら・・・

 少々アルコールが入っている不謹慎な私です。「煙草」は止め、「女性」も

 ほぼ諦め、残されたのは「アルコール」だけ。どうかこれ丈はご勘弁の程を。

 麺と天気を肴にしながら、昼間から、酒を喰らう。う〜ん、これでいいのだ。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.