毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
他人を他種を認め、人間の未来あり


 空気が暖まってくると同じ気温でも体感が全く違う。だが、未だ20℃前後。

 それでも過ごしやすくなって来た事は確か。極端現象で又突然暑さが来る?

 北海道の北・・・

 幌延って町でこんな事が起こった。北海道らしいと言えば、らしいよなぁ〜。

 27日の午後10時頃、同町在住の男性Aさんが、軽自動車を走らせていた。

 その時、Aさんは前方の道路を彷徨く熊を発見した為、停車して警戒をした。

 ところが・・・

 別の熊が、突然後部に体当たりを喰らわした。車体は大きく凹み、硝子破損。

 北海道だから、勿論、この熊は「ヒグマ」。目撃した熊と、体当たりの熊は、

 体の大きさが異なった。恐らく、親子。親が子を助け様とした行為だと推測。

 こんな時に・・・

 あれば良かったのにねぇ〜。けれど、未だ市販されていない「代物」なんだ。

 旭川医科大と北海道医療大等の研究班が、マウスを使った実験で突き止めた。

 この「代物」は、将来的に、蝦夷鹿や羆による食害や衝突事故を防げるかも。

 「代物」の正体は・・・
───────────────────────────────────
 「代物」= 「オオカミの尿」= 他の動物を寄せ付けないとされている。
───────────────────────────────────
           そこで研究班は
               ↓
───────────────────────────────────
  ●米国で販売されている「オオカミの尿」の3つのサンプルを用意
───────────────────────────────────
               ↓
───────────────────────────────────
    ●この中で、マウスが動けなくなる程の恐怖を示し、
     脳の神経細胞が最も強く興奮した尿を分析した。
───────────────────────────────────
               ↓
───────────────────────────────────
    ●この尿には3種類の『ピラジン』と呼ばれる有機窒素化合物が、
     残る2つのサンプルに比べて、多く含まれていた。
───────────────────────────────────
               ↓
───────────────────────────────────
    ●人工的に作ったこの3種類の『ピラジン』の混合液に対しても、
     マウスの脳や行動は、同様の激しい反応を示した。
───────────────────────────────────
           ↓研究班の柏柳誠・旭川医大教授(感覚生理学)
           ↓研究班の長田和実・北海道医療大准教授(生理学)
───────────────────────────────────
      『ピラジン』はオオカミの尿に比べ
           ↓
───────────────────────────────────
       ○人工的に作れるので、安定的に入手出来る。

       ○不快感も少なく、持続的な忌避効果が期待出来る。
───────────────────────────────────
                ↓
───────────────────────────────────
 ◎『ピラジン』の散布で、鹿や熊、猪等を近寄らなくさせる可能性を探り、
  これらの動物による被害の軽減や、事故の回避に繋げたい。
───────────────────────────────────

 これがあればねぇ・・・

 車を破壊される事はなかったかもよ。日本では、既にオオカミは全種全滅す。

 「一匹狼」という言葉もあるけど、尿からしてもオオカミは「孤高の動物」。

 そんな貴重な生物を、人間達は自分らの欲望のために、全滅させてしまった。

 つくづく・・・

 人間って、罪深い動物だよねぇ。「在来種」を守れ、「外来種」は敵だって、

 元々、「外来種」をそこに放ったのは人間でしょ。その舌の根も乾かぬ内に、

 「外来種」を悪者扱いだものなぁ〜。増えたくて、増えたんじゃないよねぇ。

 増えると言えば・・・

 此奴らの増え方は異常過ぎる。此奴らとは「ゴキブリ」。本州で、最初に、

 あの「黒光りする大物」を夜に見た時は、道産子の悲しさか「クワガタ」と。

 カーテンに留まったその姿をよくよく眺めると、何とあの「ゴキちゃん」…。

 彼らは・・・

 着々と「進化」を遂げているらしい。その研究発表は米国発だが日本人参加。

 米ノースカロライナ州立大の勝又綾子主任研究員(神経行動学)らが発表した。

 内容は、「ゴキブリ」の高い環境適応能力の一端を示す成果。ほんの一端だ。

 勝又さんらが興味を持ったのは・・・
───────────────────────────────────
 ★「ゴキブリ」を引き寄せるために「甘くした駆除剤」は、1980年代に
  普及した。だが、数年後には、この駆除剤を食べない体長1〜1.5cm
  「チャバネゴキブリ」が、米国に出現した。
───────────────────────────────────
       ↓「ゴキブリ」の口の周りに生えている
        長さ約0.02mmの味覚を感じる毛を分析
───────────────────────────────────
 ●駆除剤を食べない「ゴキブリ」では、糖の一種グルコースを与えた時に、
  "甘味を感じる神経回路"が殆ど働かず、本来なら、カフェイン等の"苦味を
  感じる回路"が働いていた事を、突き止めた。
───────────────────────────────────
   ↓
───────────────────────────────────
 ○この「ゴキブリ」はグルコースを味わうと口を閉じて、一目散に逃げ出す。
───────────────────────────────────
                 ↓
───────────────────────────────────
     ◎この為、駆除剤から生き延び、広がったと見られている。
───────────────────────────────────

 日本では・・・

 未だ確認されていないようだが、勝又さんによると「日本にも現れている」。

 1990年前後、既に米国に現れていて、2013年日本に存在せぬ事無し。

 特に、「チャバネ」は、北海道の飲食店などでも、ごく普通に見られる種だ。

 私は前々から考えていた・・・

 人類が滅ぶような時があっても、その後を受け継ぐのは、「ゴキブリ」だと。

 生命力が既に人間を凌いでいるし、上記などを見ても、環境適応力も旺盛だ。

 何時の日か、人類に取って代わるような事があっても、全然不思議じゃない。

 それでも・・・

 見方によっちゃぁ、あの姿「黒鉄兜」は格好良いかも。既に「戦闘態勢」だ。

 気持ちが悪いというのは、人間の主観に過ぎず。彼らには彼らなりの世界が。

 他人を認め、他種を認め、人間の未来がある。私は最近、それを痛切に思う。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.