毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「肌」−「黒色」=「白色」か!?


 何十年も自○隊やって来たら、何処か人間に歪みが生じるのかとさえ感じる。

 小隊の隊長待遇でもその気分を抜けられないのか。そうならばこの仕事無理。

 常々思っていた・・・

 「女性に化粧は絶対不可欠か?」最近では"化粧の低年齢化"とも聞いている。

 どんな良い品質の化粧品だって、所詮化学物質。肌を荒らす事には変わらぬ。

 だから、化粧をすればする程、女性の肌は経年劣化して行く事に間違いなし。

 それが・・・

 少し早く出るか、少し遅く出るかの違いでしかない。それでも化粧に拘る?

 昔、水商売の女性に、「お前、夜は蝶だけど、昼間は蛾だな」と言った事が。

 大笑いされたけど、真面目に、化粧を落とした素顔は、誰だか判らなかった。

 ついこの前・・・

 化粧に縋る女性達を、恐怖に落としたのが、「カネボウの美白騒動」である。

 この「美白」って言葉に、女性は弱いらしいね。白は女を引き立たせるのか。

 男から見ると、それ程、「白」には拘っていない気がする。でも、女は好む。

 国内で・・・

 この「美白化粧品市場」は年間2000億弱との事。端的に言うと、しみ、

 そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える機能などを備えた化粧品。

 今回、自主回収になったカネボウの美白化粧品の国内の年間売上は約50億。

 その上・・・

 海外でも、台湾やタイ等のアジアを中心に、約10億の売上があったとの事。

 自主回収された製品は、化粧水や乳液など、8ブランド54製品にも上ると。
 (カネボウのHP参照)

 7/28現在、家庭に約45万個あると推定される製品の内約97%(約43.5万)回収。

 小売店の在庫は・・・

 ほぼ全量の約58万個を引き取ったとしている。但し、2008年からの累計では、

 2013年4月までに、全国の百貨店や量販店等約15000店で累計436万個が出荷。

 この自主回収で約50億円の費用発生見通し。顧客窓口 フリーダイヤル0120-137411
 http://www.kanebo-cosmetics.jp/information/

 問題になったのは・・・

 含有する美白成分「ロドテノール」が原因らしい。鐘紡の威信にて開発販売。

 この医薬部外品は、厚生労働省の定める治験等を経て、正式に認可を取得す。

 発売前も、実際に約330人の試験で異常の有無調査。発売後も利用者に聞く。
───────────────────────────────────
 *この「ロドテノール」の作用機序は、メラニンの生成に関わっている酵素
  モノフェノールモノオキシゲナーゼを阻害する事。つまり、メラニン色素
  を作らせない事で、結果的に「美白」を導き出す。メラニン(黒色)を抜く
  事で「白色」を作り出しているに過ぎない。故に、この作用機序が不完全
  に働けば、「白斑」という結果なるのも、宜なるかなである。
───────────────────────────────────

 それでも・・・

 実態の把握が遅れたのは、「消費者相談窓口の運用に問題」とされている。

 例えば、「消費者からの異常報告」を本人の体質によるものと、相談員判断。

 其の為、製品との因果関係に思い至らなかったと。本当に相談員のせいか?

 顕著な症状は・・・

 肌が斑に白くなる「白斑」。主な部位は、頭、髪の生え際、目の周り、首、

 頬、フェースラインなど。7月28日までに被害を申し出た4313人を訪問確認。
───────────────────────────────────
 *7/25までに症状を申し出た人は8631人に上っている。
───────────────────────────────────
 症状確認された4061人の内1828人は白斑が「3ヵ所↑」「大きさ5cm↑」重症。

 軽症者は・・・

 1457人、回復したか回復傾向の人は776人。実は会社には社外皮膚科医より、

 「化粧品を使用して、肌が斑に白くなる症状が出た人が3人いる」5/13報告。

 研究員が、この医師を訪ね、詳しい説明を受け、調査を開始したのは5/27。

 何と・・・

 タイムラグが2週間も。カネボウは、「医師の都合が合わず、2週間後しか

 約束が取れなかった」と弁明している。大丈夫などと高を括っていたのでは。
───────────────────────────────────
 *だが、この2週間の遅れが、患者を増やした事は間違いないよね。治療が
  終わるまで、面倒を見るとカネボウは言うけれど、その間に他の化粧品を
  使用する事になるのかも。それ程、スッピンに恐れをなしている女性多し。
───────────────────────────────────
 台湾でも、代理店を通じ、120人以上が同様の症状を訴えているとの事の様。

 色白は・・・

 七難を隠すか。何かマスコミが「色白」=「綺麗」イメージを作り上げてる。

 それに惑わされているのが女性軍なの。そんな浅はかじゃないと思うけどな。

 何れにしろ、化学物質を塗ったくったら、早晩、悪い影響が出る事間違い無。

 だから・・・

 何時までも、「素肌の綺麗さ」を保つ為に、「化粧は止めよう運動」って、

 起きないのかなぁ〜。男女平等なんだから、せめて、化粧は最小限度に願う。

 でも、女性の「綺麗になろうとする気持ち」を、無下に否定するのも不粋か。

 所詮・・・

 男に女の気持ちは分からぬか。でも、「素肌美人」って、いいけどなぁ〜〜。

 貴方も、件の水商売の女性同様、「正体見たり枯れ尾花」って感じなのかな。

 只、水商売の人は夜に映える様に厚化粧が必要。これも商売だから仕方なし。

 これに・・・

 瞞される男性群も多いから、どっちもどっちか。お互いに素肌は大切にね!!

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.