毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
ミツバチがカメムシにやられる危機!?


 敵国を作らなければ、維持して行けない国。敵がいると、維持しやすい家族。

 どちらにも共通は「非独立」。相手があっての幸せ。なければ不幸せ。嫌だ。

 こんな話が・・・

 日本のみならず、諸外国でも、養蜂用「ミツバチの大量死」が起こっている。

 事例は10年位前からあるようだが、日本では、昨年だけで、全国の養蜂家

 106戸の巣箱9830個(1個はミツバチ2〜3万匹)で、発生している様。

 ミツバチの数からすると・・・

 約2〜3億匹にも当たる。北海道内は約4万個の巣箱がある国内最大の地域。

 生産物はもちろん「蜂蜜」。最近、食してないけど、ホットケーキに嵌まる。

 被害は年により差があるけど、原因が「異常な暑さ」とか「寄生ダニ」とか。

 最近では・・・

 一番臭いのが、ミツバチの死骸から検出された「ネオニコチノイド系農薬」。

 正に"臭い"がピッタリなのは、これが「水田のカメムシ防除」に使われる事。

 あの"臭い"虫である。人間が嫌がるだけじゃなく、臭いを嗅ぐと自分も死ぬ。

 正に・・・

 「爆弾級の臭い」である。そして、このカメムシ、大発生する事があるのだ。

 地域を問わず。つい数日前、ネットで、大発生している地域があるとの記事。

 防除や駆除のためには、この農薬が一番有効なので使わざろう得ない状況も。

 但し・・・

 欧州では、手を拱いている状態ではないとして、欧州委員会が今年の12月

 から、この系統の農薬3種類の使用を原則禁止すると決定。「蜂蜜」必需品。

 日本よりは需要が多いから死活問題。だが、大量死との因果関係は未だ不明。

 科学的には・・・

 立証された訳ではなく、日本国内で広く流通する農薬である為、今のところ、

 農水省では「現段階で使用禁止までは踏み込めない」と二の足を踏んでいる。

 2009年からは、各農協等を通じ、散布時の事前連絡や風向きなども考慮。

 しかし、養蜂家にも事情が・・・
───────────────────────────────────
 ●大量の巣箱を避難させる場所がない。

 ●ミツバチは体温上昇に弱いため、巣箱を密閉する事が困難。

 ●農家から土地を賃借しているケースも多い。
───────────────────────────────────
 *その背景には、巣箱を設置する最適条件が「住宅地から遠い」「アカシア
  やクローバーなどの蜜源に近い場所」。こういう点から、農家から賃借を。
  故に、その大家の農家が、カメムシで困って、件の農薬を散布したいと言
  って来たら、無碍に断る事が出来ないという切実な問題も内在する。
───────────────────────────────────

 以前に・・・

 札幌では、ビルの屋上で、ミツバチを飼育するという例があるのを思い出す。
 http://sappachi.com/

 条件的には、「住宅地から遠い」は○だが、「蜜源に近い」は×だろうなぁ。

 今でも、商売になっているのかなぁ〜。農薬は散布しなくても良いだろうが。

 米の生産に・・・

 支障がない範囲で、「散布回数減」とか「飛散しにくい方法」とか考えても、

 店子の養蜂家が主導出来ないだろうし、大家の米農家の了解を得る必要アリ。

 やっぱり、「蜂蜜」を守るならば、国である農水省が主導権を握り、強制す。

 科学的根拠だって・・・

 それに近いものが、欧州で出ているんじゃないの?だから踏み切ったのでは。

 日本では、今一、需要が少ないから、養蜂家の立場が欧州に比べ弱いんだね。

 それでも、このまま、成り行き任せって訳にも行かないでしょう。決すべき。

 だって・・・

 こんなに被害を受けているのに、養蜂家には「補償制度」すら存在しないと。

 このままじゃ、廃業を余儀なくされちゃうよ。そんな余裕のない所が多いと。

 どこかに「養蜂家団地」みたいな土地や施設を確保出来ないのかなぁ〜本当。

 へったれ虫(カメムシ)が・・・

 激減すれば良いのになぁ〜。何かの役に立っているのかね彼らは。でもなぁ、

 人間の手で強制的に減らすと、生態系に与える影響が大きいから、無闇には。

 何か良い手はないのかなぁ?代替の農薬は考えられない??カメムシキラー。

 でも・・・

 奴ら、生存力が強そうだしなぁ〜。ゴキブリと良い勝負かもしれないと思う。

 今は、余り食さないけど、「蜂蜜」は気になるなぁ、やっぱり。無くせない。

 けれど、大企業がバックアップしたら、良さがなくなるんだろう。養蜂家に。

 こういう時・・・

 国がバックアップ。弱者にも優しい国造り。消費税もきついぜ!弱者に愛を。

 吉野家と同じように、国会の食堂で積極的に取り上げたら「蜂蜜」。どうよ。

 それとも、カメムシの油揚げ!?げっげっ。想像したら、気持ち悪くなった。

 それにしても・・・

 昨日は、ここ千歳、初雪でした。早いよぉ早いよぉ。雪虫も見ない内にだも。

 でも、冬になると思う。車を運転しなくて良い安心感。冬の運転はきついよ。

 俺の様に運転が下手だと尚更。この待遇に感謝を!便利さより、心地良さだ。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.