毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
「ブランド」を逆手に取った業界の反逆行為


 ゲリラ豪雨、ゲリラ雷雨。もう、ゲリラじゃないですなぁ〜。お得意様だね。

 それにしても急激過ぎる。そして、何事も無かったように去って行く。もう。

 これは・・・

 何事も無く、ではない。けれど「誤表示」でもない。やはり「偽装表示」だ。

 それにしても、こういう問題が起きると、随分、次から次に告白に及ぶもの。

 「偽装表示」みんなでやれば怖くないか。多ければ多い程1社当りは薄まる。

 何か・・・

 それを狙っているんじゃないの。潔い振りをして。やってる事はあざといよ。

 言い訳が又子供染みている。否、子供以下。「業界の慣習だった」へぇ〜〜。

 「小さな蝦をシパエビ」「大きな蝦を大正エビ」「スタッフの知識が欠落」。

 はぁ〜〜〜〜〜・・・

 こんなのが常識なの?終わってるよ。ホテルもデパートも。プロ意識0だろ。

 俺は違うけど、一般の人にとってはホテルもデパートも質が高いと見ている。

 完全に裏切り行為というより「詐欺行為」だろ。少々拙いけど「まぁいいや」

 こんな「偽装表示」があった・・・
───────────────────────────────────
 1.食材の名前を「偽装」
───────────────────────────────────
   ●バナメイエビ小    → ×芝エビ

   ●バナメイエビ大    → ×大正エビ

   ●ホワイトエビ     → ×大正エビ
───────────────────────────────────
   *大正エビと芝エビは天然物。バナメイエビは養殖物。大正エビは日本
    国内で殆ど流通していない。芝エビも流通量が少なく、しかも漁獲量
    にバラツキがある模様。通常であれば、バナメイエビが芝エビよりも
    100g当たり約40円安い。しかし、昨年から東南アジアの養殖場
    で病気が拡大し、世界的に供給不足に陥っている。

    その為、ここ一ヶ月位で卸価格が3〜4割程度上がっているらしい。

    ホワイトエビは天然物らしい。実際はホワイトの前に原産地の名前が
    付く様。どちらにしても大正エビではない。名称の由来は剥き身が白。

    4種類とも「クルマエビ科」に属する。
───────────────────────────────────
   ●アフリカ南イセエビ  → ×伊勢エビ

   ●ブラックタイガー   → ×車えび

   ●牛脂注入加工肉    → ×ビーフステーキ

   ●牛脂注入加工肉    → ×牛肉ロースステーキ

   ●成型肉        → ×サイコロステーキ

   ●低脂肪牛乳      → ×乳飲料

   ●冷凍ジュース     → ×フレッシュオレンジ

   ●パック入り牛乳    → ×フレッシュミルク

   ●津軽鶏        → ×津軽地鶏

   ●知床鶏        → ×地鶏
───────────────────────────────────
   *「地鶏の偽装」http://www.unlimit517.co.jp/ana185.htm
───────────────────────────────────
   ●自家菜園以外の野菜  → ×自家菜園の野菜

   ●普通の卵       → ×自然卵

   ●別の産地の豚肉    → ×霧島ポーク

   ●普通のチョコソース  → ×手作りチョコソース

   ●普通の煮込みハンバーグ→ ×手捏ね煮込みハンバーグ

   ●普通の野菜      → ×○○農園の野菜 ×有機野菜

   ●普通の漬物      → ×自家製漬物

   ●普通のネギ      → ×九条ネギ

   ●冷凍の魚       → ×鮮魚

   ●トビウオの卵     → ×レッドキャビア(マスの卵)

   ●成型肉(アレルギー物質)→ ×和牛ステーキ
───────────────────────────────────
   *これは「お子様ランチ」として提供されていた。「偽装」はもちろん
    悪いが、それ以上に、アレルギー物質(乳、小麦、大豆含む)が入って
    いたら、アナフィラキシーを起こして倒れた子供が出たかも知れない。
    今まで問題にならなかったという事は、そういう子供がいなかったと。
    不幸中の幸いだったと、言わざろう得ない。

    海老ペンの用意必要?
    http://www.unlimit517.co.jp/ana358.htm
───────────────────────────────────
 2.産地を「偽装」
───────────────────────────────────
   ■国産イカ       → ×函館産イカ

   ■カナダ産三元豚    → ×上富良野産ポーク

   ■米国産小麦麺     → ×北海道産小麦麺

   ■米国産大豆      → ×北海道産大豆

   ■米国産小麦      → ×北海道産小麦

   ■中国産山菜      → ×北海道産山菜

   ■中国産の冷凍物    → ×北海道産浅蜊と北寄貝

   ■礼文産ホッケ     → ×羅臼産ホッケ

   ■ロシア産ホッケ    → ×羅臼産特大シマホッケ

   ■外国産メバチマグロ  → ×道南産本マグロ
───────────────────────────────────
   *「マグロ解体ショー&マグロ食べ放題バイキング」に使っていた。
    宿泊プランの目玉として、大げさに「本マグロを新鮮な刺身で提供」
    とか「道南沖でとれたマグロ」と偽装表示。

    ホテル側の言い訳だと、道南産の本マグロの仕入れが難しくなった
    2012年9月から2013年4月まで、週末を中心に、30日間の
    夕食時で、南太平洋のパラオ産やフィリピン産などのメバチマグロを
    使ったとしている(本当にこの期間だけ?)。

    本マグロ(クロマグロ)1キロ約3500円、メバチマグロ約800円。
───────────────────────────────────
    その時・・・
───────────────────────────────────
    ご丁寧にもマイクを使用し、「道南沖で捕れたマグロです」と紹介。
    スタッフが知っていて、敢えて言ったのなら、『未必の故意』では?
    これはJAS法や景品表示法などではなく、完全に『詐欺罪』でしょ。
───────────────────────────────────
    日本の食材基地・・・
───────────────────────────────────
    北海道としては「北海道産」それ自体が「ブランド」。これを悪用し
    てしまったら、"サービスは三流"の道内企業は生きて行けない。
    その場の利益を得られれば良いの?意識が低いよ、全く。お客に嘘を
    吐く事に、良心は痛まないのかね。業界全体が「神経麻痺」状態か。

    その言い訳の為に「スタッフの知識が欠落」。今時、子供でもこんな
    不様な言い訳はしないよ。自分達を守る為だけの言い訳=嘘。告白も
    『みんなですれば恐くない』か。1社1社の印象が薄くなるからねぇ。
───────────────────────────────────
   ■普通の卵       → ×中札内産卵

   ■国産の栗       → ×フランス産の栗

   ■鹿児島産の牛肉    → ×阿波牛

   ■普通の素麺      → ×三輪素麺

   ■普通のブロイラー   → ×大和肉鶏

   ■中国産の蕎麦     → ×信州蕎麦

   ■普通のカレー     → ×静岡県産の食材入りカレー

   ■新西蘭産キングサーモン→ ×日高産大助
───────────────────────────────────
   *新西蘭=ニュージーランド。日本で、キングサーモンの和名は確か、
    マスノスケ。大助というのは、キング=大+スケ=助から来たものと
    記憶している。新西蘭産=1キロ1900円、日高産=4000円。
───────────────────────────────────
   ■普通の食塩      → ×宗谷の塩
───────────────────────────────────
   *普通の食塩の方が、おにぎりを握りやすいとの事で、調理現場の判断
    にて変更したようである。あほか。折角来て頂いたお客様に味よりも
    利便性を重視するとは言語道断である。
───────────────────────────────────
 3.食材その物の「偽装」
───────────────────────────────────
   ◆アカニシ貝      → ×あわび
───────────────────────────────────
   *あわびではなく、セネガル産の巻貝の一種であるアカニシ貝。食べた
    事は無いが、切るとあわびに似ているのか、それとも味が似ている?
───────────────────────────────────
   ◆ホタテの剥き身    → ×活帆立貝

   ◆人工フカヒレ     → ×天然ふかひれのみ
───────────────────────────────────
   *全体的に、ふかひれの量を増やすため、人工フカヒレを加えていた。
───────────────────────────────────
 
 恐らく・・・

 これらの「偽装表示」は、指摘されなかったんだろうなぁ〜。名前に釣られ、

 殆どに人々が「美味しい、美味しい」と食していたのかなぁ〜。騙していた

 感覚が、ホテルやデパート側にないのか。とすると、常識とは離れているよ。

 それじゃ・・・

 どんな罪に問えるのか?食品表示を規制する法律としては、主に容器や包装

 の状態で販売されている食品や加工品に対する日本農林規格(JAS)法アリ。

 処が「外食メニューは対象外」となっている。これでは、罪に問えないのだ。

 もう一つ・・・

 実際より著しく優れていると誤解させる表示を禁じた景品表示法による規制

 が想定される。だが、この法律も「外食メニューへの適用は稀」とのことだ。

 適用されて、命令に従わない場合は「懲役2年以下又は罰金300万円以下」

 ホテルやデパートは・・・

 食材等を「偽装」した上で、それなりに高い価格を設定して、客から分捕る。

 高い上に「偽装」迄施されているから、尚更、頭に来るよね。まぁ安くても、

 頭には来るけど、「安いからしょうがないか」という諦めの境地に入られる。

 だからこそ・・・

 敷居が高いとは言っても、ホテルやデパートなどは、信用しない方が良いと。

 高いだけに、裏切られた時の気分は、腸が煮えくり返っても足りない感じだ。

 「どうせ、客に味など分かりっこない」と高を括っている。嫌らしいよねぇ。

 実際・・・

 見抜けなかったんだろうね。だから、続いていた。今頃、少し還元するだと。

 良心、常識、御持て成し。どれも欠けている。客商売としては致命傷である。

 只でさえ、利用客が減っている業界。自分達で自分たちの首を絞めかねない。

 私は・・・

 どんなに行列が出来ようが、どんなに他人にブログやHPで賞賛されようが、

 自分が食べて、「旨い物」は旨いし、「不味い物」は不味い。左右されない。

 況や「表示」をや。日本人は「海老」「蟹」「鮪」に特に弱いよねぇ〜本当。

 私は・・・

 「海老」「蟹」「鮪」はそれ程、好きでない、拘りも少ない。でも、一度丈、

 父と行った神奈川の鮨屋で、「海老」の握りを頼んだ時、「ボイル海老」が

 出て来たのはビックリしたよな。北海道では、Kz寿司以外は「生」だから。

 私は・・・

 こう思う。日本では金持ちに成れば成る程「ブランド」で食べてしまいがち。
───────────────────────────────────
 *最近では、ネットなどの影響からか、一般庶民もそうかもね。ブランドで。
───────────────────────────────────
 今回の件は、それを逆手に取った『業界の裏切り行為』だった。何時までも、

 俺達は貴様らに奉仕はしないぞ。馬鹿にすんなよって。根底にあったのでは。

 だから・・・

 建前は「認識が甘かった。二度とこんな事しません」と猛省している一方で、

 本音は「いやぁ〜見つかってしまったか。今度はもう少し巧くやろうぜ」と、

 開き直っている。恐らく、ほとぼりが冷めたら、「微妙な表示」で立ち回り。

 だって・・・

 今の世の中「正直者が馬鹿を見る」って風潮だもんな。潔い=馬鹿正直だも。

 さぁ〜業界の皆様、この際だから、出してしまいなさい。そして、少し待つ。

 さぁ〜オーバーな演技で反省した振りを。そして、フォローの風で元に戻る。

 私は・・・

 こんな風に想像している。だから、貴方丈は「レッテル」を貼らないでいて。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.