毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
情報の「真偽」は市民の側がすべし


 アンプ、チューナー、デッキ、重量スピーカー。一時凝ったなぁ〜AV機器。

 パイオニア、お前もって感じ。時代の流れ、軽い音に慣れた耳。でも愛しい。

 身体に要らぬものは無い・・・

 私はずっとそう思っている。それぞれに役割を持ち、それらを担っていると。

 その一方で、昔から良く言われているのが「虫垂(盲腸)」は要らないのでは。

 そんな事は無い筈である。実しやかに吹聴されている事が必ずしも真実とは。

 こんな記事を発見・・・
───────────────────────────────────
 1.「虫垂」は腸内細菌のバランスを保っている。
───────────────────────────────────
    ● 報告 → 大阪大などのチーム
───────────────────────────────────
    ●報告誌 → 英科学誌ネイチャーコミュニケーションズ電子版
───────────────────────────────────
    ●チームの竹田潔大阪大教授(免疫学)
───────────────────────────────────
            ↓
───────────────────────────────────
     ■バランスが悪くなると食中毒を起こしやすい。
───────────────────────────────────
            ↓
───────────────────────────────────
     ■「虫垂」を無闇に取らない方が良い
───────────────────────────────────
        ↓
───────────────────────────────────
     ■盲腸の端から伸びる細長い組織。
───────────────────────────────────
            ↓
───────────────────────────────────
     ■体内に侵入した病原体などを攻撃する免疫細胞を作る働きを持つ。
───────────────────────────────────
            ↓
───────────────────────────────────
     ×虫垂炎を起こす事があり、他の病気の開腹手術の際
      大きな影響は出ないとして、切除されることがある。
───────────────────────────────────
    ●マウスによる実験
───────────────────────────────────
     ◆「虫垂」を切除したマウスと、していないマウスを比較
───────────────────────────────────
                   ↓
───────────────────────────────────
     ◆切除したマウス
───────────────────────────────────
      ・大腸内では、腸内細菌のバランス維持を担う抗体を作る
       免疫細胞が半分になっており、バランスも崩れていた。
───────────────────────────────────
     ◆切除していないマウス
───────────────────────────────────
      ★「虫垂」で出来た免疫細胞が、大腸と小腸に移動した事で、
       「虫垂」が腸内細菌のバランスを保つのに役立っていると判明。
───────────────────────────────────
                   ↓
───────────────────────────────────
      ◎腸内細菌のバランスが崩れて発症する『潰瘍性大腸炎』
       『クローン病』の新しい治療法の開発も、期待される。
───────────────────────────────────

 バランスを崩すんだな・・・

 少なくとも「余計なパーツ」等ではない。人間が未だに如何に無知であるか。

 それを証明するのも「科学」なら、突き止めて行くのも「科学」。驕るなと。

 その態度もバランスが必要。今回の「虫垂」の件は、そんな事を感じさせた。

 俺も鈍いから・・・
───────────────────────────────────
 2.インフルエンザに感染しても症状が出るとは限らない。
───────────────────────────────────
    ● 報告 → ロンドン大などのチーム(英国内での調査結果)
───────────────────────────────────
    ●報告誌 → 英医学誌ランセット呼吸学
───────────────────────────────────
    ●2006〜2011年 計5500人
───────────────────────────────────
            ↓
───────────────────────────────────
     ■血液中の抗体を調べるなどして、感染の状況を調査
───────────────────────────────────
                 ↓
───────────────────────────────────
            ■感染者は、全体の約2割
───────────────────────────────────
                 ↓
───────────────────────────────────
       ■内3/4では「咳」「寒気」「高熱」等の症状無し
───────────────────────────────────
            ↓
───────────────────────────────────
     ■2009年に起きた新型インフルエンザ
      「H1N1」の世界的流行(パンデミック)の際も同じ傾向
───────────────────────────────────

 そうなんだよなぁ・・・

 何となく、其れっぽい感じなんだけど、「具体的症状」が出ないまま、沈静。

 そんな事が、何度もあった様な気がする。身体の反応は敏感より少し鈍感良。

 でもなぁ、「花粉症(ハウスダスト主)」に関しては、副交感神経有利だと悪。
 http://www.unlimit517.co.jp/ana383.html

 仕組みは難解・・・
───────────────────────────────────
 3.「抗インフルエンザ薬」で、死亡リスク低下???
───────────────────────────────────
    ● 報告 → タミフルを製造する
           ロシュの研究費を受けた国際共同チーム
───────────────────────────────────
    ●報告誌 → 英医学誌
───────────────────────────────────
    ●入院患者約2万9千人のデータを解析
───────────────────────────────────
            ↓
───────────────────────────────────
     ■「抗インフルエンザ薬」が"偽薬"に比べ
     
       大人の死亡リスクを19%低下させた。
───────────────────────────────────
                 ↓
───────────────────────────────────
    ◆オーストラリア・クイーンズランド大の研究者が反論             ↓
───────────────────────────────────
             ↓(同論文で公表されたデータを見る限り)
───────────────────────────────────
     ◆「抗インフルエンザ薬」を投与された方が

          死亡者の割合が多い
───────────────────────────────────
             ↓
───────────────────────────────────
        ◆英医学誌BMJにて指摘
───────────────────────────────────
             ↓
───────────────────────────────────
     ◆解析に使った基データの開示を
  
      上記『ロシュの研究費を受けた国際共同チーム』に求めた。
───────────────────────────────────

 次の時点で・・・

 『ロシュの研究費を受けた国際共同チーム』アウトだろう。紐付の金である。

 どう考えても、「タミフル」に有利な結果をもたらすための研究でしかない。

 公平な判断など下せる筈も無い。先ず『結果ありきの研究』としか言い様無。

 そんな事は・・・

 日本でも枚挙に暇がない。つい先頃のノバルティスファーマ社に絡んだ不正、

 「白血病治療薬の臨床研究」によるもの、つい先日も札幌のある病院絡みで、

 協和醗酵キリン社の「貧血改善薬の臨床研究」の不正。金に絡む製薬と医師。

 競争激化の折・・・

 少しでも早く他社を出し抜こうとする会社姿勢。医師も良心等かなぐり捨て。

 目指す先には、患者の「幸せ」ではなく、患者を通した「金」しか存在せぬ。

 多くはそうでないと信ずるが、かなりの数が「そういう研究」に日参すると。

 故に・・・

 紐付の金に「信頼性」は薄いのである。それらをスポンサーとしている業界、

 例えば、マスコミでは追及が甘くなるのである。大金は手放したくないもの。

 そんなズブズブの関係が横行する中で、市民は、日夜、生活を営んでいると。

 だから・・・

 その情報の「真偽」は市民の側がしなければならない。こちらにも作戦必要。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.