毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
諸条件の中、生き方を問われている


 本来、横に入れるべき物を「縦」に入れる。コンビニで普通に見られる光景。

 私は気になるが、若い人は気にならないらしい。兎に角、突っ込めば良いと。

 気になるなぁ・・・

 昨今の「極端な異常気象」を引き起こしていると考えられる『温暖化』の事。

 けれど、ある人によると、『温暖化』で何が起きるかは良く解っていないと。

 一般的には、『温暖化』で海面の水位が上がり、洪水や旱魃等の極端な気象。

 そうなる事は・・・

 予想されるが、絶対的なものでもない。マスコミの報道が偏り過ぎたために、

 『温暖化』と聞いただけで、無闇に恐れ、果ては、人類の生活が破綻などと。

 確かに、悪い側面ばかりが強調されている様な気もする。良い側面もある?

 北海道は・・・

 これから、長い冬に入る。当然、雪も降る。真冬日も当たり前。道産子でも、

 この気象条件は辛いよねぇ〜。でも、住んじゃってる。引越すのも儘ならぬ。

 この時期、殆どの人は「雪と寒さは遅い方が良い」と言う。私もそうだなぁ。

 実は・・・

 雪が降るから、「水不足」にならないという利点もあるのだけれど、矢張り。

 そう考えると、『温暖化』で平均気温が2〜3度上がり、雪も遅くなったら、

 良いんじゃないの?悪くないよね。何処かでそんな事を望んでいるのだもの。

 只・・・

 昔と違うというだけでしょ。もしかして、落ち着いてきたら、極端な気象も

 減少する可能性だってある。専門家ですらどうなるか解らないのに、素人が、

 解る筈もない。下手に恐がらずに、流れに身を任せて、生きるしかないよね。

 北大の発表によると・・・

 21世紀後半に、札幌では、年間の夏日の日数が、1・5〜1・75倍位増。

 北海道でも、ある程度、暑さを満喫出来るかも。もしかすると、今より快適。

 雪が減り、寒さも和らぐかもよ。それなら『温暖化』悪い事ばかりじゃない。

 そういう・・・

 プラスの側面も伝えるべきでは。どうも、『温暖化』=マイナスの側面強調。

 良く言われる「ツバルの危機」も、本当は『温暖化』とは無関係。戦時中に、
 http://www.unlimit517.co.jp/url/file/494-2.html

 米軍が飛行場を作った為に、地下層が破壊され、大潮の時、水没する様に変。

 その上・・・

 東日本大震災時にも言われた様に、人々の生活様式が変わり、人口が急増し、

 災害に遭いやすい土地に住む様になった。それらも『温暖化』の危惧要因に。

 故に、実態に即した対応が必要になってくる。恐れる前に、対応策を講じる。

 日本では・・・

 過去に事実上の海面上昇である地盤沈下が起き、「海抜0メートル」地帯と、

 問題になった事があった。東京都の江戸川区辺が、そう言われていたのだが、

 今では、対応策を講じて、克服している。治水や水不足対策も技術的蓄積有。

 又・・・

 『温暖化』に付随して、良く例として挙げられるのが「CO2」の削減問題。

 国連IPCCの「2度シナリオ」に於いては、2050年迄に、CO2の値を、

 10年比40〜70%削減。2100年には、排出を、ゼロからマイナスへ。

 マイナスの意味とは・・・
───────────────────────────────────
 植林 → CO2の固定 → その木材を燃やして、発電
                    ↓
               発生したCO2を地中に埋める
───────────────────────────────────
                    ↓
───────────────────────────────────
       バイオエネルギーとCO2回収貯留の組み合わせ(BECCS)
       http://www.unlimit517.co.jp/url/file/494-1.html
───────────────────────────────────
                    ↓
───────────────────────────────────
                大々的に行うのが前提
───────────────────────────────────
                    ↓
───────────────────────────────────
          ★但し、何れも、未完成の技術 = 直ぐに頼れず
───────────────────────────────────
                    ↓
───────────────────────────────────
  ★コストを1兆円掛けても、日本のCO2は1%の削減に留まる(現時点)
───────────────────────────────────

 無理強いをすると・・・

 コストパフォーマンスが悪くなり、経済にも悪影響を及ぼす。先ずは生活を。

 悪影響の実例では「再生可能エネルギー全量買取制度(FIT)」。効率悪し。

 莫大な売電収入を業者に保証し、電気料金に上乗せされて、国民が負担する。

 詰まり・・・

 態々、企業の為に、「高い電気」を買わなければならない仕組み。馬鹿野郎。

 只でさえ、電力会社の社員を食わす為に、原発再開のために、値上げの連続。

 今回の争点なき解散は、実は、それらを助長する為の「免罪符」選挙なのか?

 それなら・・・

 自民党のお里も高が知れているよね。消費税を先延ばしにして「免罪符」を。

 そして、国民に大きな負担を背負わせつつ、国の舵を企業側に振るという事。

 何か、そんな風な気がして来たなぁ〜。言い訳は「貴方達が選んだのでは?」

 だから・・・

 今回は「免罪符」選挙だな。自民党以外でも、選挙の為に、政党を変わる輩。

 理念もクソもない。有るのは、自分の保身丈。見苦しいにも程がある全くよ。

 そういう候補には投票をしたくない。でも、そういう輩ばかり。困ったもん。

 けれど・・・

 「選挙を棄権」するのは更に無責任な行動。困難な選択だからこそ選ぶ意味。

 賢い貴方なら、ご承知済みだよね。「温暖化」で気象条件が悪くても、行く。

 それが「国民の義務」。義務を果たさずして、文句は言えぬ。輩と同等は嫌。

 今・・・

 様々で困難な諸条件の中、生き方を問われている。そんな気がする今日此頃。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.