毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
どちらも一方的に求めてはいけない


 長年使ったソファ。同じ姿勢が多い事で引込んだ場所。見ていると気になる。

 処が、そこを補正して見ると具合が悪い。その姿勢で観る事に安堵を感じる。

 やっぱりなぁ・・・

 以前、「アスペルガー症候群」ダーと名指ししたM。未だに症状改善せずと。
 http://www.unlimit517.co.jp/ana398.html

 数日前は、数分前に注意した事を繰り返す始末。同じ事だと気付いていない。

 少し強く注意すると、必ず言い訳が「そう予想はしたんですが‥」ならやれ。

 相変わらず・・・

 無表情で、魚の腐った目をし、無感情でロボットその物。非人間に対する様。

 自分で言った事が、相手にどう受け取られているか?考えずそして分からず。

 漸く、挨拶は目を見てやれる様になったが、非常にぎこちない。義務的な感。

 先日・・・

 こんな記事を発見した。家族や職場の同僚の顔色を窺う等、私達が何気なく

 行っている行動は『社会脳』の働きによる。これだ!!と即座に膝を叩いた。

 [アスペルガー」でもあるMが、最大に欠けているのが、『社会脳』である。

 概念は・・・

 「社会の中のルール」「常識」「周囲の人の気持ち」を考え、理解する事を、

 『社会的認知』と呼び、これらの活動を担う脳の領域が『社会脳』とされる。

 米国の精神医学会では、2013年に、認知症の診断基準の一つに含まれた。

 前出のMは・・・

 「他人に対する気遣い」「他人に対する思い遣り」が、この仕事には大切と、

 話した時、其の儘、無表情な「キョトン(?)顔」になった。理解出来ないと。

 人間の基本的な感情(優しさ)が理解出来ないらしい。益々、ロボットである。

 前記の『社会脳』の中に・・・

 大脳の「前部帯状回」という領域があるそうだ。ここは人に関心を持ったり、

 社会性や協調性を発揮する等、『社会脳』の中でも最も中心的な領域との事。

 もし、Mが脳検査を受けたら、確実に、ここの「血流」が落ちているだろう。

 認知症の方の中に・・・

 話の最中にそっぽを向いたり、目の前の人を無視する人がいるとの事。だが、

 Mは、私との会話の最中に、これらをやる。認知症じゃなくてもやっている。

 けれど、本人は無意識にやっている様。それ丈に、こちらは気分が悪くなる。

 その他にも・・・
───────────────────────────────────
 ●前頭葉内側面−前部帯状回−表情認知、共感・同情、記憶など

 ●前頭葉内側面−傍帯状皮質−駆け引き

 ●前頭葉内側面−膝下部−利他性
───────────────────────────────────
 ●前頭葉基底部−腹内側前頭前皮質−長期的計画性、理性的抑制、我慢

 ●前頭葉基底部−眼窩前頭前皮質−注意機能、美しさ・醜さの感性
───────────────────────────────────
 ●前頭葉外側面−背外側前頭前皮質−判断・推理など

 ●前頭葉外側面−下前頭回−ユーモア、比喩の理解

 ●前頭葉外側面−前頭眼野−注意機能
───────────────────────────────────
 ●島部−前部島皮質−不快感、悲しみなどの感性
───────────────────────────────────
 ●側頭葉−上側頭溝周辺皮質−人の視線から心を読み取る
───────────────────────────────────
 ●頭頂葉−頭頂間溝ー注意機能

 ●頭頂葉−けつ前部、後部帯状回−過去を振り返る、未来を考える
───────────────────────────────────
 ●接合領域−側頭頭頂接合領域−表情の認知

 ●接合領域−側頭後頭接合領域−ユーモア、比喩の理解
───────────────────────────────────
 ●神経核−扁桃体−危険を恐怖感として警告、感情理解

 ●神経核−線条体、側坐核−喜び、快感
───────────────────────────────────
 *詳細な位置 http://www.akira3132.info/limbic_system.html
───────────────────────────────────

 正直・・・

 Mは、上記の項目、全部が足りない。何一つとして、充たされているもの無。

 まるで、脳が萎縮してしまっているかのようだ。カップラーメン好きが更に、

 それらを加速している。普通は、長所の一つもあるのだが、彼には存在せず。

 詰まり・・・

 人間としての「魅力」を持たない。だから、私はロボット=非人間だと評す。

 出会いから、半年以上を経過したが、その評価は一向に変わらず。恐らくは、

 今後も、著しく変化する事はないだろう。もう、多くは期待していない状態。

 私は思っている・・・

 Mが一番苦手な事=「他人と会話する事」。彼はこれ程の会話が必要だとは、

 考えておらずに、転職した。しかし、実際に、任務についてみると必須項目。

 今頃、慌てているというのが本音ではなかろうか。だが、逃げても付き纏う。

 そうして・・・

 又、転職したとしても、コミュニケーション能力が、不必要な職業は無いと。

 コンピュータも苦手な事だし。只、努力の跡は見られている。そこは認める。

 こちらも歩み寄る努力が必要。一方的には求めていない。お互いの妥協点探。

 私はこう考える・・・

 患っている側もそれを受け入れる側も、どちらも一方的に求めてはいけない。

 歩み寄りが大切であると。妥協は悪い事じゃない。双方にとって、良い点を、

 探すことなのだから。特に、一緒に仕事をする上では肝要な事。そう思うよ。

 Mも私も・・・

 大きな飛躍を求めず、例え、一歩じゃなくても、半歩でも、前へ進もうよね。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.