毒舌!医療と生物をやさしく読み解く入門

トップ プロフィール 医療メルマガ 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法




お探しのものが見つかりませんか?
Googleで検索して見て下さい。

Google



WWW を検索
このサイトを検索



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:



Powered byまぐまぐ
寧ろ、至福の時を有難う。


 俺の「ガラケー」ボロボロ。新機種検討。止めた。まるで「分割詐欺」だよ。

 スマホ?益々、とんでもないよ。貧乏人から、金を掠め取る奴ら。やだやだ。

 もう限界かな・・・

 日本でも駄目になっている「マクドナルド」。本場の米国でも翳りが見える。

 日本では昔と材料が大した変わらないにも拘らず「価格上昇」。サービスも、

 低下の一途を辿っていた。勘違いした「カナダ人」に「日本人」経営者たち。

 消費者の「ニーズ」は・・・

 其処には無かった。「安い」「早い」「気軽」を、消費者は変わらず求めた。

 それ以上でも以下でも無かったのにね。所詮「マクドナルド」何てそんな物。

 経営者も割り切れば良かったのに。自分では食べた事無いんだね。駄目だよ。

 米国では今・・・
───────────────────────────────────
 我々が名前を聞いた事も無い「新興勢力」が、店舗網を拡げ、攻勢を強める。
───────────────────────────────────
 共通する特徴は・・・
───────────────────────────────────
 ●素材を厳選

 ●調理法に拘った味
───────────────────────────────────
 米有力消費者団体誌「コンシューマー・リポート」が公表

 = 消費者によるハンバーガーチェーン店の味に関する調査
───────────────────────────────────
 第一位 ハビット・バーガーグリル
     http://www.habitburger.com/
───────────────────────────────────
 ●豪快に直火焼きしたハンバーグ

 ●香ばしい玉葱

 ●新鮮なトマト等を、バンズで挟む

 ●店舗数約120店 → 2009年末の26店から約4.6倍に
───────────────────────────────────
 第二位 IN−N−OUTバーガー
     http://www.in-n-out.com/
───────────────────────────────────
 ●牛肉100%のハンバーグ

 ●自社の加工場で製造

 ●新鮮な風味に拘る
───────────────────────────────────
 第三位 スマッシュバーガー
     http://smashburger.com/
───────────────────────────────────
 ●100%アンガス牛のハンバーグ

 ●味と品質を最優先
───────────────────────────────────
 第三位 ファイブガイズ
     http://www.fiveguys.com/
───────────────────────────────────
 ●注文時に、野菜等の好きな具材を選んで挟んで貰える
───────────────────────────────────

 その他にも・・・

 順位は不明だが、今年1月に、NY証券取引所に上場したハンバーガー店で、

 2016年に日本1号店を東京に。その後、2020年の五輪迄に計10店。

 そんな計画をしているのが「シェイク・シャック」。日本人の口には合う?
             https://www.shakeshack.com/
───────────────────────────────────
 *それぞれのHPを軽く見たけど、第一印象「胸焼けしそう」。ハンバーガ
  ーって、こんな気軽な食べ物なんだろうけど。ハンバーグやパンズの焼き
  方が雑だよね。黒焦げが目立つ。ハンバーグも不格好。味で勝負というけ
  ど、見た目が悪いと、日本人は気にするよ。まぁ、良くも悪くも米国的と。
───────────────────────────────────

 そんな中で・・・

 「マクドナルド」は調査対象の21ブランドの最下位に沈んだ。危機感から、

 米国で強まる「食の安全」への要望に応えるべく、人間にも使う抗生物質を、

 投与した鶏肉の使用を、今後2年以内に順次中止。健康志向に対応した朝食。
───────────────────────────────────
 *そんな事、米国人だって、求めちゃいないよ。イメージはそう簡単に変わ
  らない。ニーズを読み誤ると、泥沼に嵌るよ。「安くて量が多い」で生き
  残れよ。ブランド・イメージが悪くても、売れれば、御の字じゃないの。
───────────────────────────────────

 起死回生は・・・

 なるのだろうかね。日本では完全に軌道修正に失敗。米国では新たな特徴を、

 見い出す事が出来るのか。今更、高級路線を行っても、二番煎じ、三番煎じ。

 一回付いたイメージは、中々、払拭出来ないのでは。今迄の特徴も生かすと。

 それにしても・・・

 俺が中二の時に、初めて食べた「モスバーガー」は衝撃的だったよ。違う!

 出て来た瞬間に、そう感じた。明らかに「マクドナルド」とは異なる食べ物。

 先ず、「分厚い」。「トマトが旨い」「玉葱別物」。食べ進むとその感強く。

 現在の米国のトレンドなら・・・

 「モスバーガー」行けるんじゃないのって感じるよ。少し高くても納得した。
  http://mos.jp/
───────────────────────────────────
 *でも、HP見たら、考え直した。「上品過ぎる」。見た目で、米国人の食
 欲を喚起出来ないかも。それ程、美的感覚が、米国人と日本人は違い過ぎる。
 和食の盛り付けを見たら、分かるよ。其処には「侘(わび)」と「寂(さび)」。
 差別する訳じゃないけど、米国人=食べ物=食欲を満たす。実に合理的だと。
───────────────────────────────────

 「安かろう、不味かろう」より、「高かろう、旨かろう」の方が食物だもの。

 その当時は3個は食えた。今は半年に一回、精々2個かな。食指はそんな感。

 最近は・・・

 日本もそういう人が増えて来たから、案外流行るかも。今朝も、そうだった。

 旅先のホテルでコンビニ弁当を持込「チン」する姿。何となく侘びしく感ず。

 まぁ、これも「侘」だから良いのか。本人は気にしていないのだろう。了解。

 只・・・

 そこには「食欲を満たす」目的のみ。そんな事、いちいち考えてられるかと。

 御尤も。私が考え過ぎなのだろうね。米化も結構。だが、千差万別でも結構。

 人それぞれと。そんな事を考えながら、旅先を後に。私はバイキングで満腹。

 それも・・・

 食欲を満たすだけだって?確かに。けれど、目でも楽しめるからね。贅沢さ。

 少し、バイキングの規模は小さかったけど、あんな物でしょ。楽しんで食す。

 それが消化に一番良い。其の時間は無駄じゃない。寧ろ、至福の時を有難う。

もっと知りたい方はこちら



無料メールマガジン
「毒舌!医療と生物を
やさしく読み解く入門」


知れば、楽しくなる。
楽しくなれば、知りたくなる。

そんな、あなたへ

メールアドレス:









トップ プロフィール 無料レポート関連 交渉人メルマガ リンク集 お問い合わせ 特商法

Copyright (C) Unlimit Corporation.
All Rights Reserved.